AuthorJeffrey Cammack
更新日: 2020 07 30

取引計画を持ことで、トレーダーと見なされます取引計画は取引を設定し、監視するときに役に立ちます。また、取引のエントリーと決済の際にも役に立ち、取引スタイルに一貫性を持たせ、取引機会を捉える能力を高めます。取引計画を立てることで、自分がどのようなトレーダーで、どのような取引をするべきで、一日のどの時間帯に取引をするかについて考える機会が生まれます。そしてこうした点を総合することで、取引の最初に立てた目標を達成することにつながります。

もしプロトレーダーになろうと考えているのならば、取引計画を立てることは市場に足を踏み入れる前に最初に行うべきことです。

どんなトレーダー?

取引計画の2つ目の要素は、どんなタイプのトレーダーになろうとしているかということです。

  • スキャルパー– スキャルパーは非常に短期間しかポジションを持ちません。
  • デイトレーダー– デイトレーダーは、全てのポジションをその日の終わりに決済します。翌日に持ち越すポジションはなく、それぞれの日を異なる取引日と考えます。
  • スイングトレーダー– スイングトレーダーは、ポジションを一度に何日間にもわたって持ちます。中期的にポジションを持ち、市場の一般的な変動から利益を得ます。
  • ポジショントレーダー– このトレーダーは全てのトレーダーの中で最も長い期間ポジションを持ちます。一度投資したら、そのポジションを数か月、または数年間保有し続けます。

それぞれのトレーダーのタイプにより、目標、リスク回避、市場参加の時間が異なります。これらトレーダーのそれぞれが市場で取引をしますが、その一番の違いは、オープンポジションを保有している期間にあります。

それぞれのトレーダー取引方法とは

スキャルパー:  スキャルピングはリスクも高いですが、収益性も高い取引方法で、経験を積んだトレーディングエキスパート向けの手法です。一日中積極的に取引を行い、トレーダーは常にチャートを監視して、取引決済のタイミングを探します。非常にペースの速い取引で、常に多くの小さな取引をオープンしては決済します。もし市場の開始時に取引を行うならば、これはとてもいい方法でしょう。

このタイプの取引はストレスに弱いトレーダーや、日中に注力すべき仕事があってチャートを見る時間がないトレーダーには、おそらく向いていない方法です。

デイトレーダー:  デイトレードはスキャルピングよりは少しだけリスクが少なく、一日の終わりに勝敗を確認したい人向けの取引方法です。これもFX取引の初心者向けの方法ではありませんし、仕事中にデスクを離れないトレーダー向けの方法ではありません。この方法は1週間のうち毎日は取引できないものの、一日はフルに取引に使えるというトレーダー向きでもあります。

スイングトレーダー:  スイングトレードは、初心者トレーダーにとってより適した方法です。取引状況は、口座で数日間見ることができます。これはトレーダーにとって少ない数でよりよいトレードを設定する機会であり、まだ勉強中のトレーダーにとってはとてもいい方法です。もし長期的な取引を行い、市場の変動から利益を得ようと考えるならば、口座に十分な資金を準備しておいて、決済時に損失を被ることを知らせるブローカーからのマージンコールを受けることがないようにしてください。

ポジショントレーダー:  ポジショントレードは、理想としては通勤中にリサーチをする時間はあるものの、取引を観察しつづける時間がないトレーダーに向いています。マイナス面としては、多くの場合資金が口座に入っており、急激なトレンドに乗ってすばやく利益をあげられないことが挙げられます。

この取引方法では、ファンダメンタルが重要で、テクニカルの側面はありません。なぜならば、この取引方法は大きなトレンドに従うことであって、為替の小さな変動に従うことではないからです。しばらくの間市場が自分のポジションと逆であっても我慢しなくてはなりません。また、この一時的な損失に耐えられるだけのまとまった資金を持っていなくてはなりません。スウィングトレーダーと同じように、マージンコールにより損失の出るポジションで決済されないように、口座に十分な資金を用意しておいてください。

いつ取引するかを決める

どのトレーダーも自分の好む通貨ペアがあり、トレーダーにより取引する市場の好みは異なります。市場は平日の週5日間、決まった時間に開いています。その為、市場に取引タイプと戦略を合わせる必要があります。日本の人にとって最適な時間は午後4時から午後10時です。そうすれば東京取引時間の終わり、ロンドン取引時間の始め、ニューヨーク取引時間の始めに取引出来るからです。市場の変動が最も大きい時にトレーダーは成功します。そしてこの時間が取引日の中で最も変動が大きい時間です。

なぜFX取引を行うのか?取引の目標は何か?

何かをする上で理由を考えることで、モチベーションを向上し、また困難に直面した際にパニックに陥らないことに繋がります。どうしてそれを成し遂げたいのかという理由が多ければ多いほど、成功する可能性はより高くなるでしょう。

取引計画を実行する

前向きな習慣を育む

取引日に拠り所にするための前向きな習慣を育むことが大切です。これらは、心理状態を正しい状態に維持し、出来る限りの最良の取引を行うために必要なことです。成功する取引とは、昨日利益を上げるのに役に立った方法を、感情に邪魔されることなく繰り返す取引に他なりません。

あなたにとってうまくいく取引戦略を知る

取引戦略を持っていなくてはなりません。取引戦略とは、取引のエントリーと決済に関する計画のことです。このような取引計画が、どのように取引にエントリーし、どのようなパターンで取引を行い、どのような時間・どのような日に取引を実行するかを決めます。学習セクション、戦略に関する記事がたくさんあります。そのためここでは概要を述べるにとどめています。

資金とリスクの管理

資金とリスクの管理は、成功する全ての取引計画の基礎となるものです。リスク管理は取引エントリールール・決済ルール・ポジションサイズ・リスクリワードレシオと関係があります。資金管理は3つの部分に分かれます。

  • 第一に、許容できるリスクの計画を立てます。これはある一つのポジションについてどれだけのリスクを許容できるかということです。これはどれくらいリスクに耐えられるかという個人の嗜好によりますが、一般的に特定の取引で取引資本の1~2%以上を超えるリスクを負わないようにすることが推奨されます。
  • 次にストップロスを管理します。これは市場が自分の読みと逆行した時に取引を終える為の方法です。
  • 最後に、分散が必要です。分散により、相関する通貨ペアを取引した結果、一つの取引のが意図せずして過度に影響しないようにし、リスクを分散させます。

取引計画の調整

取引計画の微調整は重要です。これにはバックテストとフォワードテストが含まれます。これにより、自分の戦略に対する期待値を把握し、取引パフォーマンスを記録できるようにし、戦略を必要に応じて調整しやすくなります。取引計画の中でも調整は、トレード業を長く続けるために不可欠なことです。なぜならば、市場について唯一変わらないことは、市場が常に変わるということだけだからです。そのため、戦略を調整し、たまには更新する必要があります。

取引の為に使える時間によりますが、取引計画を3-6か月毎に見直すことをお勧めします。自分はより経験豊かだと認識していれば、より短い時間軸での取引から始め、取引する通貨ペアを増やしたいと思うでしょう。取引計画を更新するか否かに関わらず、常に計画通りに進んでいるかどうか継続的に見直す必要があります。

シェアする

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>