FxScoutsは、レビュープロセスにおける厳格な編集基準に従います。レビューした製品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取る場合があります。当サイトの広告開示をご覧ください。

2011年に最初に導入されたcTraderプラットフォームは、現代的なレイアウト、高度な注文保護、市場の厚みの指標、高度なチャート、時間枠オプションにより、MT4やMT5などの他のプラットフォームに匹敵するほど人気が​​あります。 MT4とMT5はマーケットメーカーブローカーによって十分にサポートされていますが、cTraderはECNブローカーによってのみサポートされており、ECNの執行がトレーディングコミュニティで人気になるにつれて、cTraderの需要が高まっています。

これらのブローカーの質を確かめるために、ライブ取引口座を申し込み、cTraderとcTrader mobileをダウンロードしてインストールし、独自の機能と取引の流れを試しました。備えつけのコピートレード機能のようなcTraderに固有の特長を試すことに加えて、取引の執行速度、取引できる金融商品の範囲、クライアントが想定すべき取引費用を確認しました。当サイトのテストと調査によると、これらは2021年の最高のcTraderブローカーです。

日本語

海外FX cTrader 2021

最終更新日:22 Sep 2021
Updated 22 Sep 2021
編集部長・著 Jeffrey Cammackby Jeffrey Cammack
Jeffrey Cammack
信頼できる当局により
信頼できる当局により
規制されている全ブローカー規制されている全ブローカー
Trusted
1
FxPro
最低デポジット額
USD 100
4.244.24
最小スプレッド
0.60 pips
取引プラットフォーム
FXペア
70
全体の評価
11110.54.24/ 5
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは1.9ピップス。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTrader、FxPro独自の取引プラットフォームサポートあり。FxPro Groupは、FCA、CySEC、FSCA、SCBの規制を受けています。

cTraderブローカーを比較する方法

cTraderをサポートするブローカーを重点的に探しているトレーダーは、MetaTraderの製品ラインを超えた最新のプラットフォームを求めています。 cTraderには、他の取引プラットフォームに比べて多くのメリットがあり、サポートしているブローカーはごくわずかですが、信頼できるブローカーの選択肢はあります。 cTraderのブローカーを比較するときは、次のことを考慮してください。

取引コスト:cTraderはダイレクトマーケットアクセスブローカー(ECN)でのみ動作するため、取引コストはほとんどの場合、スプレッドコストとロットあたりの手数料の組み合わせになります。スプレッドとコミッションの両方を含め、取引できる最低入金額が最も低い口座で1ロットのEUR / USDを取引するコストを計算することにより、取引コストを見積もります。この数字により、かかるコストを大まかに見積もることができます。 

取引執行速度:cTraderではポジションのオープン・クローズが非常にすばやくできますが、ブローカーのテクノロジーのインフラも大きな役割を果たします。トレーダーがスキャルピングを希望する場合、非常に変動の激しい市場では取引が非常に速くオープンし、クローズされるため、取引執行速度はできるだけ高速である必要があります。

規制:規制は資金の安全を保証します。cTraderブローカーの中には、業界で有名なFxProIC MarketsPepperstoneなどのブランドがある一方で、規制されていなかったり、規制が非常に弱かったりして、適切なトレーダー保護を提供していないものもあります。比較プロセスの一環として、ブローカーが十分に規制されていることを常に確認してください。


CySEC規制された最高のFXブローカー

  • FxPro - ベストな取引条件

cTraderとは何ですか?

cTraderは、厳選された主要なFXブローカーが使用する、機関投資家グレードの取引プラットフォームです。 2011年にFxProによって独占的に発売されたこの初心者フレンドリーなソフトウェアにより、競合するMetatraderソフトウェアよりもクリーンなユーザーインターフェイスで高速約定ができます。

あまり知られていない事実として、業界平均と比較して、cTraderユーザーは35%多く利益を上げているということが挙げられます。この驚くべき統計は、Spotwareの内部の算定から得られ、cTraderがMetaTraderの主な競争相手となった理由を強調しています。しかし、cTraderの何がトレーダーにより多くの収益をもたらすのでしょうか?

  • ECNのみ:MetaTraderや他のほとんどのブローカー所有プラットフォームとは異なり、cTraderはECN(電子通信ネットワーク)プラットフォームとしてのみ機能します。これは、トレーダーをグローバルなFX市場に直接接続するだけであり、自動化されているかどうかにかかわらず、ディーリングデスクの介入ができないことを意味します。
  • ブローカーの介入なし:cTraderはECN専用です。これは、Spotware自体がcTraderを支えるすべてのインフラを管理し、接点はブローカーからダウンロードするインターフェースのみだからです。ブローカーは手数料とスプレッドを変更できますが、価格フィードと市場データは変更できません。
  • 単一ログイン:SpotwareはcTraderのインフラを管理するため、アプリケーションに初めてログインしたときに受け取るcTrader IDは決して変更されません。ブローカーを切り替えたとしても、新しいパスワードやアカウント番号を覚えておく必要がないため、これは特に便利です。
  • Spotwareはトレーダーの成功に注力:cTraderはブローカーにサービスとしてのプラットフォームとしても提供され、ブローカーは取引量に基づいてSpotwareに手数料を支払います。つまり、cTraderで成功するトレーダーが増えるほど、Spotwareの利益が増えます。その結果、Spotwareにはトレーダーに収益性の高い取引を行うための最良の機会を提供する偽りのない動機があります。

これらの違いはすべて、Spotwareの創業のモットーTrader’s Firstに捧げられています。この指針となる考え方により、SpotwareはcTraderが介入不要のプラットフォームであることを保証するだけでなく、透明性を高め、コミュニティがcTraderのビジネスモデルの不可欠な部分に集中せざるを得なくなりました。

cTraderはECNのみのプラットフォームであるため、ユーザーは取引に対して手数料を支払う必要があるということに注意してください。 cTraderは取引を市場に送信するため、ブローカーはスプレッドで手数料を請求する機会がなく、代わりに常にサービスの手数料を請求します。

海外FXのcTraderブローカーを選ぶ方法

すべての海外cTraderブローカーは、ブローカーの介入を防ぐプラットフォームインフラのおかげで安全であり、そのほとんどが多機能です。ただし、海外の各cTraderブローカーの詳細を見て、それぞれの違いが何かを見つけることは欠かせません。海外のcTraderブローカーを探す場合、以下の分野でそれらを判断することが重要です。

  • 取引条件:これには、利用可能なスプレッドの種類、提供されるレバレッジの金額、利用可能な通貨ペアの数が含まれます。これらの要素はあなたの利益や損失に直接影響を与えるので、あらかじめ知っておきたい情報です。
  • 手数料:どの程度の手数料が請求されるかは、すべての海外cTraderブローカーに関して重要な部分です。手数料が請求される通貨を確認することも大切です。口座の通貨が手数料の通貨と異なる場合は、為替レートに注意する必要があります。
  • 最低必要証拠金:これは多くのブローカーの口座タイプによって変わります。最低必要証拠金額が高いほど、取引条件が良くなることが多いです。FXSCOUTSでは、口座の種類に関係なく、利用できる最低必要証拠金額を常に強調して表示します。
  • 入金と出金の方法:すべてのブローカーが、デビットカード・クレジットカードや銀行振込などの従来型の決済に対応しています。多くのブローカーは、SkrillとNetellerを介したオンライン決済に対応しており、ビットコインに対応しているところもあります。入金と出金の手数料を必ず確認してください。ブローカーの中には一部の出金方法でパーセントで手数料を請求し、高額の出金の際に大きな費用がかかるところもあります。

cTraderプラットフォーム

cTraderは3つのバージョンの取引プラットフォームを提供していて、3つすべてのバージョンに同じ指標、オブジェクト、レイアウト、テーマがありますが、機能に次のような小さな変化があります。

cTraderのダウンロードデスクトップバージョンは、cTraderの最も基本仕様の実装が完了したバージョンで、Windows PCまたはノートパソコン用のアプリケーションをダウンロードします。残念ながら、Macユーザーにはネイティブアプリケーションがないため、cTrader ウェブを利用するか、Windowsアプリケーションを機能させるためのシステムパーティションの作成が必要です。cTraderのコピーはWebバージョンでしか機能しないことに留意することが大切です。

cTraderウェブ:cTraderウェブバージョンは、いくつかの変更点を除いて、デスクトップバージョンとほぼ同じくらい基本仕様の実装が完了しています。チャートは固定されているため、上下に移動できず、cTrader Automateは使用できません。

cTraderモバイルiOSとAndroidで利用できるcTraderモバイルアプリは、外出先でトレードするのに最適で、26のタイムフレームと50を超える指標が利用できます。チャートは、ピンチ・ズーム、フリックで前後にスクロール、ダブルタップで中心に戻るなどの機能を備え、モバイル向けに設計し直されています。

cTraderフォーラム

cTraderフォーラム、あらゆるcTraderユーザーが、プラットフォームの新機能の開発者への提案を投稿したり、コミュニティからサポートを受けたり、あらゆる製品の発表やその他のニュースの情報を把握したりするための場所です。 Spotwareは継続的にcTraderを改善し、主にコミュニティからのフィードバックに基づいた拡張機能を備えています。このトレーダーとの定期的なやり取りをもとに、年に数回のプラットフォームの更新とアップグレードが行われます。

cTrader IDサイト

cTrader IDサイトは、cTrader IDを持っている人のための個人用ツールボックスです。これにより、トレーダーはアカウントを管理し、他のトレーダー、アプリ、リソースに接続するためのツールをいくつか利用できます。

cTrader IDサイトの際立って優れた機能は次のとおりです。

  • 資格情報管理:トレーダーは、同じcTrader IDで、各ブローカーが所有するデモ口座とライブ取引口座のリストを表示できます。
  • プッシュ通知:トレーダーは、取引口座の変更やイベントに関するメールやモバイルのプッシュ通知を変更できます。
  • セキュリティ:トレーダーはアクティブなセッションを表示して取り消したり、cTraderの使用が認証されたデバイスを管理したりできます。

cTrader対MT4

cTraderの支持者は、cTraderの方がMT4より初心者にやさしく、よりクリーンなユーザーインターフェイスで高速約定ができると言います。両方のプラットフォームを使用したことのある人はおそらくこの言葉に同意するでしょうが、バランスをとるために、ここに主なメリットとデメリットをいくつか示しておきます。

MT4と比較したcTraderのメリット

  • MT4のようにプラットフォームを開いてブローカーに接続しなくても、トレーリングストップロスを機能させておくことができます。
  • 「市場の奥行」機能は、MT4よりも使いやすい(色分けされたさまざまなプロファイルが利用できる)です。
  • cTraderには、プラットフォームにMT4よりもユーザーに優しい機能がいくつかあります。たとえば、右側のチャートには、ピップ単位の距離尺度があります(例:50ピップ)。これは、クロスヘアツールを使用して測定を行わなくても、50ピップがどんなものかがわかるため、初心者には便利です。
  • cTraderのデータセット(トレーディングロボットのバックテスト用)は、MT4よりも揃っており、実際のティックデータのバックテストをサポートしています。多くの場合、MT4には実際のティックデータがありません。
  • MT4がポイントを測定する一方、cTraderのクロスヘアツールはピップを測定します。これにより、特に初心者にとって、測定が容易になります。 cTraderで50ピップを測定すると50と表示されます。MT4で測定すると500と表示されます。
  • cTraderにはコピートレード機能が組み込まれています。
  • cTraderにはFIX APIがあり、そのプログラミング言語はMQL4よりも用途が広いです。 FIX APIにより、トレーディングボットを使用した総合的なポートフォリオ管理が可能になります。たとえば、トレーダーは統計的裁定取引ロボットを使用して機器間取引を約定できます。MT4では、各EAは一度に1つのチャートウィンドウでしか計算ができないため、このタイプの取引はMT4では不可能です。

MT4と比較したcTraderのデメリット

  • 一部の株価指数CFD(例:GER30)の最小ロットサイズは、FXペアやその他の一部の株価指数と一致していません。
  • 頻繁に更新があると、プラットフォームを開くときに操作に遅れがある可能性があります。デスクトップからポジションを緊急に管理する必要がある場合に困ることがあるかもしれません。
  • MT4コミュニティはcTraderのコミュニティよりもはるかに大きいです。 MT4プラットフォームでは、何千ものEAにアクセスでき、オンラインフォーラムにはさらに多くの情報があります。

cTraderを選ぶべきか?

cTraderは、透明性、迅速な製品開発、高速取引の約定で定評のある、複数のブローカーに対応した取引プラットフォームを求めるトレーダーにとって、歓迎すべき代替手段です。

MetaTrader 4と比較してトレード管理と見た目の美しさが明らかに改善されているため、cTraderで取引するトレーダーは、cTraderから他のプラットフォームに乗り換えない傾向があります。

cTraderはマーケットメーカーブローカーをサポートしていないため、業界標準になることは決してありませんが、取引に手数料を支払う意思がある人にとっては、これは優れたプラットフォームの選択肢です。

FXのリスク免責事項

FXとCFDの取引は、資本に高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。個人投資家の75〜90%は、これらの商品の取引で損失を出しています。

FXとCFDの取引は、過剰なレバレッジ、予測不可能な市場のボラティリティ、流動性の欠如から生じるスリッページ、不十分な取引知識または経験、クライアントに対する規制保護の欠如といった要因により、高いリスクを伴います。

トレーダーは自由に使えるお金以外を入金すべきではありません。どれだけの研究を行ったか、あるいは自分の取引にどれだけ自信があるかに関係なく、FXには常にかなりの損失リスクがあります。(FCAまたはASICより詳細をご覧ください)

当社の方法論

当社の市場状況レポートブローカーディレクトリは、100を超えるFXブローカーに関する広範な調査の結果です。これらのリソースの明確な目標は、トレーダーが最高のFXブローカーを見つけて最悪のブローカーを遠ざける手助けをし、正確な最新情報を提供することです。

各ブローカーに150以上のデータ要素と、3000時間以上の研究とレビューの執筆により、私たちは目標を達成したと考えています。

取引条件やカスタマーサポートは世界中のお住まいの地域によって異なる可能性があるので、ブローカーレビューは地域のトレーダーに焦点を当て、これらのブローカーに関する情報を読者目線で提供します。

すべての研究は社内の研究者とライターのチームによって行われ、さまざまな会社の代表者、ウェブサイトから情報を収集し、小さな活字をふるいにかけています。ブローカーのランク付けについての詳細をご覧ください。

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>