CityIndex Broker のレビュー

Author Jeffrey Cammack
更新日: 2021 10 01
全体の評価
4.38 4.38 / 5
#16位/38社中
🏦  最低デポジット額USD 0
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 5
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 
AlertStoneXによるForex.comとCityIndexブランドの買収に伴い、ポリシーの変更および取引条件の変更の可能性があるため、現在、これらのブランドをトレーダーにおすすめすることは控えております。
最終更新日:1 Oct 2021
編集部長・著 Jeffrey Cammack
Jeffrey Cammack

FxScoutsは2019年以来、日本で最も信頼されるFXブローカーレビューサイトです。これまでに100以上のブローカーレビューを書いており、正確性を維持するために常にブローカーをチェックした上でブローカーをレビューしています。当サイトのブローカーのレビュー方法をご覧いただけます。

レビューしている商品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取ることがあります。詳しくは、広告開示をご覧ください。

CityIndexに対する私たちの評決

1983年に設立されたCity Indexは、NYSE上場の金融グループであるGAIN Capitalが現在所有する旧来型のマーケットメーカーです。 スプレッドが狭く、MT4や、強力なバックテストで完全にカスタマイズができる高度な自動取引プラットフォームのATProなど、プラットフォームの選択肢が豊富です。

City Indexの教育セクションは、すぐにトレードの知識を習得したい初心者を対象としており、カスタマーサービスは平日24時間受け付けています。全体として、優れたマーケットメーカーであり、同等の規模と種類の従来型のブローカーに対して競争力があります。

🏦  最低デポジット額USD 0
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD USD 5
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

全体的な要約

規制
111115/ 5
取引環境
111115/ 5
取引プラットフォーム
11110.54.5/ 5
入金&出金
110.5002.5/ 5
学習とリサーチ
11110.54.5/ 5
取引商品
11110.54.5/ 5
カスタマーサービス
1110.503.5/ 5
初心者に適しているか
エクセレント
ウェルカムボーナス

口座情報

基準通貨
EUR, USD, GBP, AUD
ペアの数
84
暗号通貨ペア
6
コピートレード
ヘッジの可否
スキャルピング
イスラム口座

取引環境

アカウント名
業者タイプ
手数料
スプレッドに手数料込み
EUR/USD
0.50 pips
GBP/USD
1.80 pips
USD/JPY
0.60 pips
負のバランス保護

会社詳細

会社名
StoneX
設立年
1983
ウェブサイト
ウェブサイトの言語
英語, アラビア語
対応言語
英語, アラビア語
会社所在地
オーストラリア, イギリス, シンガポール, ドバイ

長所

  • 十分規制済み
  • 幅広い資産
  • 優れた市場分析
  • Low deposit and tight spreads

短所

  • 遅い出金
  • 限定的なデモ口座

City Indexは安全?

City Indexは、ロンドンで1983年に設立され、2001年にCFD取引を提供し始めました。City Indexは、2010年以来NYSE上場で2018年に328万ドルの売上高を計上した多国籍企業のGAIN Capitalにより、2014年に買収されました。

City Indexとその子会社は、2001年以来英国のFCA(ライセンス番号:113942)、2010年以来オーストラリアのASIC(ASFL 345646)を含む8つ以上の規制当局から監督を受けています。すべての顧客資金はCity Index運用資金から完全に分別管理され、安全なTier1銀行により保管されています。さらに、City Indexは、Australian CFD and FX Forumの共同設立者であり、すべてのクライアントの資金を完全に保護するために業界標準を引き上げ続けています。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
グループの規制当局
業者タイプ
ウェブサイト
設立年
会社所在地
休眠口座手数料
FCA
ASIC
MAS
マーケットメイカー
1983
オーストラリア, イギリス, シンガポール, ドバイ
なし

City Indexが業界で認められているのは確かで、最近注目を浴びた賞は、ベスト・トレーディング・プラットフォームとベスト・モバイル・アプリケーション・アワード(OPWA Awards 2019) 、そしてベストCFDプロバイダー・アワード(2019年のADVFN Awardsです。

取引条件

City Indexでは、84を超える通貨ペアが取引でき、スプレッドは同様のブローカーに対し競争力があります。  

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
取引環境
基準通貨
EUR/USD(スタンダード)
取引コスト(スタンダード)
EUR/USD(最良条件)
GBP/USD(最良条件)
USD/JPY(最良条件)
手数料
CityIndex
111115/ 5
EUR, USD, GBP, AUD
0.50 pips
USD 5
0.50 pips
1.80 pips
0.60 pips
USD 0
Exness
111115/ 5
USD, EUR, GBP, AUD, ZAR, CHF, JPY, NZD, SGD+40
0.70 pips
USD 7
0 pips
0.10 pips
0 pips
USD 0
CMC Markets
111115/ 5
AUD, USD
0.70 pips
USD 7
0.70 pips
0.90 pips
0.70 pips
USD 0

口座の種類

他の大手マーケットメーカーブローカーと同様に、City Indexには1つのライブ口座と1つのデモ口座しかありません。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
取引口座タイプ
最低デポジット額
最大レバレッジ
最小スプレッド
手数料
プロフェッショナル
USD 0
400:1
0.50
スプレッドのみ
口座詳細
スタンダード
USD 0
30:1
0.50
スプレッドのみ
口座詳細

デモ口座

残念ながら、大手ブローカーにしては珍しい選択ですが、City Indexのデモ口座には12週間の制限があります。バーチャル通貨は20,000 AUD / 10,000 GBPしかありませんが、カスタマーサポートチームに依頼すれば、この制限を引き上げてくれます。

それ以外は、City Indexのデモ口座にはライブ口座のすべての機能とプラットフォームの選択肢があり、ブローカーとしてのCity Indexについて詳しく知るには良い方法です。

 

ライブ口座

ライブ口座には最低入金がなく、スプレッドは、主要通貨ペアが0.5pipsからとほとんどのマーケットメーカーよりも優れています。固定スプレッドと変動スプレッドの両方が利用できます。 10,000米ドルを超える口座残高を維持している場合は、プレミアムトレーダー層への参加が許可されます。これにより、ホスピタリティイベントと1対1のカスタマーサービスにアクセスできるようになります。

現在提供されている最大レバレッジは500:1ですが、英国とEUでは最大レバレッジが30:1になることが予期されます。

 

仮想通貨CFD

City Indexは、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュでの仮想通貨CFD取引を提供します。この仮想通貨のバリエーションは、初心者のトレーダーなら満足しますが、他の大手ブローカーと比較して比較的制限されています。とは言うものの、City Indexは、直接の競合他社の中で仮想通貨取引手数料が最も低くなっています。

仮想通貨市場の極端なボラティリティのため、仮想通貨のスプレッドはさまざまであり、FXよりもはるかに広くなります。これらの商品のレバレッジは4:1に設定されています。

 

入出金手数料

City Indexは、以下の方法での入出金を受け入れています。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • EFT
  • BPAY
  • PayID

入金や出金の手数料は課金されません。出金は3営業日以内に処理され、カードの出金は手元に届くまでに最大10営業日かかる場合があります。

初心者向けCity Index

City Indexには、新人トレーダー向けの大規模な専用研修セクションがありますが、マルチアセットブローカーであるため、必ずしもFX取引に集中しているわけではありません。同様に、マーケットニュースと分析分野は包括的で便利ですが、ここでも、City Indexで利用可能なすべての資産クラスが網羅されています。

教材

City Indexで提供される教材は優れていますが、これで十分なのはその大きさや種類のブローカーに限られます。ウェブサイトの研修タブには、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、取引戦略、リスク管理に関する短く詳細なコースへのリンクがあります。一般的なFXトピックをカバーする小さなビデオライブラリもあります。

トレーディング入門と呼ばれるより詳細なマルチメディアコースは、できるだけ早くトレードができるようになりたい初心者に役立ちます。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
初心者コース
上級コース
CityIndex
Exness
CMC Markets

 

分析資料

マーケットニュースと分析タブには、ニュースイベントの日常的な調査とファンダメンタル分析を専門とするセクションがあります。これは、City Indexアナリストの小さなチームによって頻繁に更新され、City Indexで取引可能なすべての資産クラスを網羅しています。記事はトピック、著者、資産クラスのフィルターをかけて検索できるため、関連するFXニュースや分析を見つけることは難しくありません。また、このセクションには、今後の経済イベントを掲載したかなり基本的な経済カレンダーがあります。

City Indexはウェビナーもホストしていますが、頻繁ではなく、ウェビナーに登録するには、アクティブに取引している必要があります。全体として、特にCMC MarketsやPlus500などの他の大手ブローカーと比較した場合には、面白みに欠ける分析セクションです。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
Autochartist
Trading Central
Trading View
CityIndex
Exness
CMC Markets
 

カスタマーサポート

カスタマーサポートは、ライブチャット、メール、電話で平日24時間利用できます。これを、口座管理、プラットフォームチュートリアル、入出金、金銭的条件、取引のコストを網羅する、幅広いよくある質問セクションが補います。

プラットフォーム取引

 

City Indexはトレーダーにさまざまなプラットフォームを提供しています。それは、2つのダウンロード可能なプラットフォームのAT ProMetaTrader 4と、ブラウザベースのWeb Traderです。さらに、City Indexはモバイルアプリ(AdvantageのiOS版とAdvantageのAndroid版)も提供します。これらのプラットフォームにはさまざまなメリットがあります。

  • Web Trader:このWebプラットフォームは、優れたチャートツールやその他の取引機能を提供しますが、ダウンロード可能なプラットフォームと比較すると制限があります。リサーチポータルは気の利いた機能で、実行に重点を置いた他のプラットフォームでは提供されていないものです。
  • MetaTrader 4:これはCFDトレーダーにとってプラットフォームの最初の選択肢です。インターフェースの見た目は時代遅れで、一部の上級トレーダーが望むほど多くのカスタマイズは提供していません。とはいえ、これは優れた万能プラットフォームです。
  • AT Pro:AT Proは、自動取引を利用したい経験豊富なトレーダーを対象としています。ユーザーは、C#、.NET、Visual Basicで独自の取引テンプレートを作成できます。多数の既成のテンプレートだけでなく、強力なバックテストツールも組み込まれています。
詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
選べるプラットフォーム
コピートレード
取引プラットフォーム
CityIndex
11110.54.5/ 5
WebTrader
Exness
11110.54.5/ 5
CMC Markets
11110.54.5/ 5
CMCmarkets

評価方法

当サイトは、パートナーをレビューする方法において、透明性と公明正大さを重視しています。透明性を最優先するために、City Indexの提供する詳細な内訳を含むレビュープロセスを公開しました。そのプロセスの中心には、ブローカーの信頼性の評価、ブローカーのプラットフォーム提供、トレーダーに提供される取引条件があり、これらはこのレビューにまとめています。このそれぞれを採点し、全体的なスコアを計算し、ブローカーに割り当てています。

City Indexのリスク声明

FX取引はリスクが高く、各ブローカーは、FXCFDの取引がトレーダーにとってどれほどリスクがあるかを詳細に説明する必要があります。City Indexは、トレーダーに次のことを呼びかけています。CFDは複雑な商品であり、レバレッジにより急速にお金を失うリスクが高くなります。City Indexを利用してCFDを取引する際、個人投資家の口座の73%は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているかどうかか、そして損失を出す高いリスクをとる余裕があるどうかを検討する必要があります。

まとめ

City Indexは、大規模で落ち着いた、十分に規制されており、マーケットメーカーの同業他社であるCMC MarketsやPlus500と違いません。(マーケットメーカーにしては)狭いスプレッドと優れたプラットフォームの選択肢により、City Indexは際立っていますが、その教育と分析のセクションは面白みに欠けます。また、もう1つか2つの口座オプションがあるといいのですが、大規模で落ち着いたマーケットメーカーを探しているなら、全体としてCity Indexはぴったりです。

AlertStoneXによるForex.comとCityIndexブランドの買収に伴い、ポリシーの変更および取引条件の変更の可能性があるため、現在、これらのブランドをトレーダーにおすすめすることは控えております。
おすすめのFX会社をみつける

シェアする

注目のFX会社

閉じる
>