FxScoutsは、レビュープロセスにおける厳格な編集基準に従います。レビューした製品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取る場合があります。当サイトの広告開示をご覧ください。

MetaTrader 5(MT5)は、業界標準のMetaTrader FX取引プラットフォームの最新バージョンであり、株式、先物、FX取引にマルチアセット機能を使用した最初のバージョンです。従来のMT4バージョンほどの人気はありませんが、ますます多くのブローカーがMT5をサポートしており、トレーダーには幅広い取引プラットフォームの選択肢があります。

これらのブローカーの質を確かめるために、MT5ソフトウェアを取引口座からダウンロードし、ライブ取引口座にプラットフォームを接続しました。テストの一環として、通貨ペアの取引に加えて、従来のMetaTraderバージョンでは取引できなかったインデックス、株式、商品を取引しました。無制限のチャートウィンドウで幅広く揃ったインジケーターを使って取引し、MQL5スクリプトをインストールして自動取引ができるようにしました。当サイトのテストと調査によると、これらは2021年において日本で最高のMT5ブローカーです。

日本語

2021年ベストMT5海外FX会社

最終更新日:21 Sep 2021
Updated 21 Sep 2021
編集部長・著 Jeffrey Cammackby Jeffrey Cammack
Jeffrey Cammack
信頼できる当局により
信頼できる当局により
規制されている全ブローカー規制されている全ブローカー
Trusted
1
FxPro
最低デポジット額
USD 100
4.244.24
最小スプレッド
0.60 pips
取引プラットフォーム
FXペア
70
全体の評価
11110.54.24/ 5
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは1.9ピップス。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTrader、FxPro独自の取引プラットフォームサポートあり。FxPro Groupは、FCA、CySEC、FSCA、SCBの規制を受けています。
2
AvaTrade
最低デポジット額
USD 100
4.484.48
最小スプレッド
0.90 pips
取引プラットフォーム
FXペア
55
全体の評価
11110.54.48/ 5
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.9ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。AvaTrade Groupは、ASIC、FSCA、B.V.I FSC、FSAの規制を受けています。
3
Exness
最低デポジット額
USD 1
4.124.12
最小スプレッド
0.10 pips
取引プラットフォーム
FXペア
100
全体の評価
11110.54.12/ 5
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.5ピップス。最大レバレッジは2000:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。Exnessは、CySEC、FCA、FSCの規制を受けています。
4
FBS
最低デポジット額
USD 1
4.034.03
最小スプレッド
0 pips
取引プラットフォーム
FXペア
37
全体の評価
11110.54.03/ 5
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.8ピップス。最大レバレッジは30:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。FBSは、CySEC、IFSCの規制を受けています。

MT5ブローカーを比較する方法

MT5は、2つのMetaQuotesプラットフォームの新しい方で、一元化された市場を取引し、最新の機能とプログラミング言語を利用したいクライアント向けに、最新のユーザーインターフェイスと追加の機能を備えています。

規制:取引資金が安全であり、ブローカーのトレーディングデスクが取引を操作していないことを保証するためには、規制が必要です。複数の規制当局がブローカーを規制する場合がありますが、1つの規制当局のみが自分の取引口座を担当するため、トレーダーはどの規制当局が口座を監督しているかを常に知っておく必要があります。

取引できる資産:MT5の主な魅力の1つは、幅広い資産が取引可能であることです。各ブローカーを調べて、取引できる最も多くの資産を持つブローカーはどこか、どの資産クラスで取引できるのかを確認します。幅広い資産を持つことは、幅広い取引機会があるということです。主にFX取引をする予定であれば、自分のブローカーで利用できるFXペアの数を毎回確認してください。

取引費用:スプレッドと手数料を含む取引費用は、ブローカーごとに異なります。総取引コストが低いほど、クライアントは各取引からより多くの利益を得ることができます。各取引口座により異なる取引条件がある場合もあるので、MT5口座の取引費用調査は比較の一部です。

料金体系:最も規制の厳しいブローカーの大部分では追加料金はほとんどかかりませんが、追加料金が発生する場合もあります。これらの料金は通常、休眠口座手数料、出金手数料、またはイスラム口座などの特別な口座の種類に関連する料金です。

取引執行:取引所と執行速度は、MT5取引経験の重要な要素です。取引所は、ブローカーが取引の相手方として行動しているかどうか、またはブローカーがそのネットワークを通じてあなたに相手方を見つけたかどうかを結論付けます。取引執行速度は、ポジションをオープンしてから市場で公開されるまでの間に予想されるスリッページの量を示します。 

ヘッジ:MT5ではヘッジが標準装備されていないため、ブローカーにヘッジが利用できるかどうかを確認してください。

カスタマーサービス:簡単なことですが、カスタマーサービスの営業時間を確認してください。カスタマーサービスがいつ利用でき、電話に出て問題をすぐに解決してくれるかを知っておくとよいです。


2021年最高のMT5ブローカー

  • FxPro - 最高のFCA規制つきMT5ブローカー
  • AvaTrade - 最高の手数料無料のMT5口座
  • Exness - 最安コストのMT5口座
  • FBS - 最高のレバレッジMT5口座

FxPro –最高のFCA規制つきMT5ブローカー

FxProは、MT5、MT4、cTrader、独自のブラウザベースの取引プラットフォームでNDDを執行する、高く評価されているFCA規制つきブローカーです。 MT5口座は、70以上のFXペア、インデックス、エネルギー、貴金属の競争力のあるスプレッドと組み合わせた最低入金額100米ドルの初回登録口座を提供します。ほとんどの取引は10ミリ秒未満で執行され、マイナスのスリッページは注文の9%に止まります。こうした執行統計は、さまざまな資産でMT5のアルゴリズム取引機能を利用したいトレーダーにとっては理想的です。

FxProのMT5口座は、市場執行、変動スプレッド、リクオートなしで利用でき、流動性不足の注文を部分的に約定できます。 MT5口座は手数料無料で、スプレッドは最低0.6ピップのこともありますが、EUR / USDの平均スプレッドは1.2ピップに近いでしょう。

長所
  • 十分規制済み
  • 豊富なプラットフォームの選択
  • 狭いスプレッド
短所
  • 限定的な教育
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは1.9ピップス。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTrader、FxPro独自の取引プラットフォームサポートあり。FxPro Groupは、FCA、CySEC、FSCA、SCBの規制を受けています。

AvaTrade –最高の手数料無料のMT5口座

AvaTradeは、MT5プラットフォームで利用できる最高の手数料無料の取引条件を備えた、世界的に有名なマーケットメーカーです。 AvaTradeのMT5取引プラットフォームは、EUR / USDで0.7ピップスという低さのスプレッドを提供し、他のほとんどのコミッションのない口座よりもはるかに低くなっています。 MT5トレーダーは、FX、商品、株式、指数、仮想通貨、債券、ETFなど、AvaTradeのあらゆる資産を取引できます。最大レバレッジは400:1で、スプレッドは狭く、最低入金額が100米ドルと比較的少なく、手数料はかかりません。

AvaTradeは、12のタイムフレーム、EA機能、38の組み込みインジケーター、37のグラフィカルオブジェクトなど、MT5の本来の全機能をサポートしています。ワンクリック取引も完全にサポートしています。イスラム口座はMT5で完全にサポートしていますが、AvaProtect損失保護ツールとTrading Centralはどちらも、AvaTrade独自の取引プラットフォーム上でのみ使えます。

長所
  • 初心者にぴったり
  • 十分規制済み
  • 低い最低預金額
短所
  • ディーリングデスク
  • 限定的な市場分析
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.9ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。AvaTrade Groupは、ASIC、FSCA、B.V.I FSC、FSAの規制を受けています。

Exness –最安コストのMT5口座

Exnessは、FSCAが規制するブローカーであり、MT5標準口座で非常に低コストの取引を提供し、3つのMT5プロ口座で狭いスプレッドと比較的低い最低入金額を提供します。 MT5標準口座は1米ドルの最低入金額が必要ですが、仮想通貨取引やインデックスなどのすべてのExness資産を取引できます。スプレッドは変動していますが、EUR / USDで平均1ピップ、業界平均です。

MT5プロ口座のうち2つは、最低入金額500米ドルが必要ですが、7米ドルの往復コミッションの代わりにロースプレッドが利用できます。即時執行を提供するMT5Pro口座には手数料はかかりませんが、スプレッドはわずかに広く、最小スプレッドは0.6ピップです。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 幅広い資産
  • 24時間年中無休のカスタマーサービス
短所
  • 限定的な教育
  • 限定的な市場分析
  • ヨーロッパでは利用できません
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.5ピップス。最大レバレッジは2000:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。Exnessは、CySEC、FCA、FSCの規制を受けています。

FBS –最高のレバレッジMT5口座

2009年に設立されたFBSは、ロシアに本社を置くハイブリッドSTP / ECNブローカーであり、商品、仮想通貨、FX、金属、株式などの複数の資産の取引を提供しています。 FBSは、MT5プラットフォームの全経験レベルのトレーダーに合った、5つのライブ口座の種類で優れた取引条件を提供します。トレーダーは最大3000:1のレバレッジが使え、FBSではヘッジ、スキャルピング、コピートレードを含むすべての取引戦略が利用できます。

FBSは、3つの手数料無料のMT5口座を提供しています。これには、1米ドルの最低入金額の代わりに、EUR / USDで1ピップから始まる低スプ​​レッドのセント口座があります。スプレッドはスタンダード口座でさらに狭く、EUR / USDで0.5ピップからで、最低入金額要件は100米ドルです。また、0ピップのスプレッドがあるゼロスプレッド口座など、2つのECN口座がありますが、取引するロットごとに20米ドルの高額な手数料がかかります。 MT5は、プラットフォームのモバイル版とデスクトップ版の両方が、iOSとAndroidで利用できます。

 

長所
  • 狭いスプレッド
  • 低い最低預金額
  • 優れた教育
  • 優れた市場分析
短所
  • Limited range of assets
  • 極端なレバレッジ
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.8ピップス。最大レバレッジは30:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。FBSは、CySEC、IFSCの規制を受けています。

MT5 (MetaTrader 5)

MT5 (MetaTrader 5)は、2010年にリリースされた、MetaTrader FX取引プラットフォームの最新バージョンです。 MT5は、MT4とは対照的に、FXだけでなく、株式、商品、インデックスの取引をネイティブでサポートしています。

根本的な違いはありませんが、MT5はMT4よりも高度なグラフ作成パッケージと直感的なインターフェイスを備えています。 それ以外のMT4にないMT5の機能には、市場の奥行インジケーター、備え付けのエコノミックカレンダー、備え付けのチャットシステムなどがあります。 MT5は、マルチアセットトレーディングの需要により最近人気が高まり、サポートする海外FXブローカーの数が増えています。

MT5を提供する海外FX会社を選ぶ理由

Metatrader 5(MT5)は、業界標準のMetaTrader取引プラットフォームの最新バージョンです。MetaTrader 4(MT4)ほど人気はありませんが、MT5は多くの評判の良いFX会社によってサポートされています。

MT5などのメタトレーダーを開発しているメタクオーツ(MetaQuotes)は、最新のMT5をトレーダーに使用してもらうため、最近MT4使用のライセンスを付与しなくなりました。そのためMT5を提供するFX会社が増え、一部のFX会社はMT4の提供をやめ、MT5の提供だけを行う結果になっています。

上記の点以外にも、MT5を提供するFX会社で取引する理由はいくつかあります:

  • 様々な資産に対応したプラットフォーム:MT4と同様に、MT5ではFXの市場にアクセスできます。しかし、MT5はFXだけでなく、株式、先物やコモディティなどのCFDの市場へもアクセスが可能です。これはFX会社にとっても、様々な資産のトレーダーに対応できるため魅力的な特徴です。
  • コンプライアンス:MT5は、すべてのオープンポジションを集約することで、ヘッジに関する米国の規制に準拠しやすくもしています。これにより、トレーダーがオープンポジションを個別に管理する必要がなくなります。。この機能は無効にすることもできます。
  • より効率的な言語:MT5は新しいスクリプト言語、MQL5が使用されています。この言語は初心者にとって習得が難しいMQL4より効率的な言語です。
  • 先進的なチャート:MT4のインターフェースと似ているものの、MT5ではさらに高度なチャートを使用できます。追加された12のタイムフレーム、ビルトインのテクニカルインジケーターが搭載されています。
  • 最新の機能:MT5は無制限にチャートが使用でき、市場の厚み分析、経済カレンダーも搭載しています。またMT4より指値注文のバリエーションが豊富でチャットシステムも使用可能です。

MT5のスクリプトはMT4のものと互換性がないので、移行するとMT4で使用していたEAやインジケーターは使用できなくなることにご注意ください。

MT5が利用できるFX会社の選び方は?

優れたメタトレーダー5のFX会社を選ぶ方法は、他のFX会社を選ぶ方法と大きな違いはありません。それぞれの違いを知るために、FX会社の詳細を確認することが必要です。MT5を提供するFX会社を探す時には、下記のポイントを見て判断することが重要です:

  • ライセンス:どんなFX会社を選ぶ時にもそうであるように、これはMT5のFX会社を選ぶのに最も重要なポイントです。ご自身の資金が安全で分別管理されており、FX会社が公正な取引環境を維持していることを確認しましょう。最も安全なFX会社は、FCA、CySEC、ASICのライセンスの規制を受けている傾向があります。
  • FX会社のタイプ:ほとんどのFX会社は、ECN/STP方式かマーケットメイカーに分かれ、一部にはどちらにも該当する会社があります。ほとんどのFX会社ではSTP/ECN方式は最低必要証拠金が高い口座タイプになり、マーケットメイカーとして提供する口座をスタンダードな口座として設定している場合が多いです。多くのベストなMT5FX会社は、ECN/STP方式です。
  • 取引条件:どのようなスプレッドで取引が可能か、レバレッジの最大値、取引可能通貨ペアの数などを確認する必要があります。この項目はご自身の利益・損失に直結するので、あらかじめ知っておきたい情報です。
  • 最低必要証拠金:ほとんどのFX会社では、最低必要証拠金は口座タイプによって異なります。最低必要証拠金額が高いほど、取引条件が良くなることが多いです。FXSCOUTSでは、FX会社のタイプに関わらず、最低必要証拠金は強調して表示しています。
  • 入出金方法:すべてのFX会社は、デビット/クレジットカード、銀行送金などの一般的な入出金方法を提供しており、ほとんどのFX会社でSkrillやNetellerなどのオンラインでの支払い、一部ではビットコインでの支払いも受け付けています。FX会社の中には、一部の出金方法に何パーセントかを課す会社があり、大きな出金の場合手数料がとても高くなるので、入出金手数料は常に確認する必要があります。

メタトレーダー:簡単に歴史を説明

メタトレーダーは、メタクオーツ・ソフトウェア(MetaQuotes software)社が開発した取引プラットフォームのシリーズです。メタトレーダーにより、一般のトレーダーがFX会社を利用して取引市場へアクセスできます。

すべてのメタトレーダーソフトウェアには、トレーダーのデスクトップやスマートフォンへダウンロードするか、インターネットブラウザからアクセスできるクライアントサイドと、FX会社が管理し、トレーダーへ市場へのアクセスを提供して注文ができるようにするサーバーサイドがあります。

最も一般的なメタトレーダーは、MT4です。FX取引のために開発されたもので、2005年に開発され広く使われれるようになりました。MQL4コーディング言語を使用して、ユーザーが自分で自動取引スクリプトを開発できるようにしたことが成功の主な要因です。また、自身でスクリプトを作成するだけでなく、他のトレーダーに作成したスクリプトを提供したり、他のトレーダーが購入したりもできます。

MT4はすでに開発されてから約15年経っていて古い部分もあり、cTraderの方が優れているという人も一部にはいますが、FX取引のためのプラットフォームとして優れていることに異論はほとんどありません。

MT5を使うべきですか?

ご自身の取引経験と取引プラットフォームに求めるものによって答えは変わってきます。

もしFX以外も取引し、スタンドアローンのクライアントを使いたい場合は、MT5は適しています。もしFXしか取引せず、シンプルで使いやすいプラットフォームを探している場合は、MT4から使い始めることをおすすめします。

MT4をすでに使ったことがあり、MT5への移行を考えている場合、MT5を使うべきか否かはその移行したい理由によります。MT5へ移行する大きな理由として唯一考えられるのは、他の市場でも取引したい場合です。逆に、MT5へ移行しない方がいい最大の理由は、MT4のスクリプトはMT5には移行できないので、MT4で使用していたEAやインジケーター、自動スクリプトが失われてしまうことです。

ここまで見てきて大きな疑問として残るのは、主なFX会社があとどのくらいMT4を提供し続けるかです。MT4は現在疑問の余地なく業界のスタンダードで、最近のMQL4言語のアップグレードでMQL5と同じくらい自動取引スクリプトが作成しやすく、効率的になりました。

とは言え、MT5を提供する会社は増えており、すでにこれからはMT5のみを提供する会社が出てきている状況です(おそらくメタクオーツからの要請の影響です)。もしこれからトレーディングを始める場合は、MT5がMT4に取って代わる前に(避けようもなく起こることなので)、MT5に慣れておくのがいいでしょう。

まとめ

MT5は最終的に、業界のスタンダードとしてMT4に取って代わります(メタクオーツ社の競合他社が取って代わるものを出さない限り)。あとは時間の問題です。

MT5は全ての金融商品の市場をカバーし、高度なスクリプトテスティングを提供しているため、トレーダーにとってもFX会社にとっても魅力的です。米国以外に住むトレーダーにヘッジができるようになったことによって、障害がなくなり、MT5は広まりました。

残る問題は、MT4ロボットとEAとの互換性が欠けている点で、この問題は今後もなくなりません。

もしMT4をすでに使っていて、MT4が好きなら数年は業界のスタンダードとして残るので、他の市場で取引したくない限りは、そのまま使い続けることをおすすめします。もし取引をこれから始める場合は、初めからMT5で取引を始めることを検討することをおすすめします。

FXのリスク免責事項

FXとCFDの取引は、資本に高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。個人投資家の75〜90%は、これらの商品の取引で損失を出しています。

FXとCFDの取引は、過剰なレバレッジ、予測不可能な市場のボラティリティ、流動性の欠如から生じるスリッページ、不十分な取引知識または経験、クライアントに対する規制保護の欠如といった要因により、高いリスクを伴います。

トレーダーは自由に使えるお金以外を入金すべきではありません。どれだけの研究を行ったか、あるいは自分の取引にどれだけ自信があるかに関係なく、FXには常にかなりの損失リスクがあります。(FCAまたはASICより詳細をご覧ください)

当社の方法論

当社の市場状況レポートブローカーディレクトリは、100を超えるFXブローカーに関する広範な調査の結果です。これらのリソースの明確な目標は、トレーダーが最高のFXブローカーを見つけて最悪のブローカーを遠ざける手助けをし、正確な最新情報を提供することです。

各ブローカーに150以上のデータ要素と、3000時間以上の研究とレビューの執筆により、私たちは目標を達成したと考えています。

取引条件やカスタマーサポートは世界中のお住まいの地域によって異なる可能性があるので、ブローカーレビューは地域のトレーダーに焦点を当て、これらのブローカーに関する情報を読者目線で提供します。

すべての研究は社内の研究者とライターのチームによって行われ、さまざまな会社の代表者、ウェブサイトから情報を収集し、小さな活字をふるいにかけています。ブローカーのランク付けについての詳細をご覧ください。

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>