FBS Broker のレビュー

Author Jeffrey Cammack
更新日: 2022 09 08
全体の評価
4.23 4.23 / 5
#29位/38社中
🏦  最低デポジット額USD 1
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 7
⚖️  最大レバレッジ3000:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.70ピップス。最大レバレッジは3000:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。FBSは、CySEC、IFSCの規制を受けています。
最終更新日:8 Sep 2022
編集部長・著 Jeffrey Cammack
Jeffrey Cammack

FxScoutsは2019年以来、日本で最も信頼されるFXブローカーレビューサイトです。これまでに100以上のブローカーレビューを書いており、正確性を維持するために常にブローカーをチェックした上でブローカーをレビューしています。当サイトのブローカーのレビュー方法をご覧いただけます。

レビューしている商品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取ることがあります。詳しくは、広告開示をご覧ください。

FBSに対する私たちの評決

FBSは、仮想通貨専用口座や低コストの初心者向け口座、100以上の仮想通貨ペア、使いやすいモバイル取引アプリなど、幅広い口座を持つ、規制の厳しい国際的なブローカーです。しかし、FBSは複数のトップクラスの当局によって規制されているにもかかわらず、規制監督の少ないFBSのバヌアツに拠点を置く団体を通じて管理されることに日本のトレーダーは注意が必要です。

他の欠点は、マイクロロット取引、仮想通貨、ゼロ口座で取引コストと出金手数料が高いことです。初心者は、一部のFBS口座で利用できる高レバレッジにも注意が必要です。適切なリスク管理をしなければ、高レバレッジではすぐに少額の口座を空にしてしまうことがあります。それ以外の点では、FBSは、優れた教材や選べる市場分析資料と、24時間365日営業の日本語によるカスタマーサポートにより、初心者のトレーダーを歓迎する環境を提供しています。

🏦  最低デポジット額USD 1
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 7
⚖️  最大レバレッジ3000:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

全体的な要約

規制
111104/ 5
取引環境
11110.54.5/ 5
取引プラットフォーム
11110.54.5/ 5
入金&出金
111003/ 5
学習とリサーチ
11110.54.5/ 5
取引商品
11110.54.5/ 5
カスタマーサービス
11110.54.5/ 5
初心者に適しているか
エクセレント
ウェルカムボーナス

口座情報

基準通貨
EUR, USD
ペアの数
37
暗号通貨ペア
100
コピートレード
ヘッジの可否
スキャルピング
イスラム口座

取引環境

アカウント名
業者タイプ
手数料
6 USD / lot - ECN Account
EUR/USD
0.70 pips
GBP/USD
1.20 pips
USD/JPY
1.30 pips
負のバランス保護

会社詳細

会社名
FBS Markets Inc
設立年
2009
ウェブサイト
ウェブサイトの言語
英語, ポルトガル語, インドネシア語, マレー語, ベトナム人, アラビア語, ヒンディー語, 中国語, スペイン語
対応言語
英語, ポルトガル語, インドネシア語, マレー語, ベトナム人, アラビア語, ヒンディー語, 中国語
会社所在地
キプロス, ベリーズ, オーストラリア, 南アメリカ

長所

  • 狭いスプレッド
  • 低い最低預金額
  • 優れた教育
  • 優れた市場分析

短所

  • Limited range of assets
  • 極端なレバレッジ

FBSは安全?

FBSは優れた規制当局の監督下にあるものの、日本の居住者はVFSCの監督下にあるバヌアツのFBSの子会社と取引することになり、マイナス残高保護は受けられません。

VFSCの規制:日本のトレーダーは、バヌアツのVFSCによって認可され、規制されているMitsui Markets Ltd.と取引することになります。FBSのVFSCライセンスについては下記をご参照ください。

安全性:VFSCはブローカーに対し、トレーダーの資金を別口座で管理してトレーダーに毎月明細書を発行するよう求めていますが、FBSがマイナス残高保護を提供することは求めていないため、トレーダーはブローカーにお金を借りてしまう可能性があります。また、VFSC は FBS に対し、トレーダーを保護するためにレバレッジの制限を要求していません。 

会社概要

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
グループの規制当局
業者タイプ
ウェブサイト
設立年
会社所在地
休眠口座手数料
CySEC
ASIC
FSCA
IFSC
STP
ECN/DMA
2009
キプロス, ベリーズ, オーストラリア, 南アメリカ
あり

FBSの金融商品

FBSが提供する金融資産の選択肢は、他の類似のブローカーと比較して限られていますが、仮想通貨についてはより幅広い選択肢があります。

高いレバレッジ:FBSは、どのブローカーよりも高いレバレッジ(口座の種類によっては最大3000:1)を提供しています。また、手数料無料の口座では最低入金額は1~5米ドルですが、高レバレッジとの組み合わせにより、ストップアウトされて取引口座の資金を失うことなく多額の取引ポジションを保持することが難しくなっています。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
Financial Instrument
Number of Assets
レバレッジ
FX
37
3000:1
エネルギー
5
33:1
仮想通貨
100
5:1
Indices
12
33:1
Stock CFDs
96
100:1
貴金属
4
333:1
  • FX:FBSでは、取引可能な通貨ペアが37種類と業界平均より少ないです。 この中には、メジャー(EUR/USD、 GBP/USD、 USD/JPY)、マイナー(NZD/CAD、 EUR/JPY、 USD/ZAR)、エキゾチックが含まれています。
  • 株式CFD:FBSは96の株式CFDを提供していますが、これは他の大手国際ブローカーと比較すると限定的です。 米国、英国、欧州の主要な取引所から選択することができます。
  • インデックス:FBSで取引可能なインデックスは12種類で、他の類似のブローカーで取引可能なインデックスと比較すると限られています。最も人気のあるインデックスは、世界的に有名な大企業の株式を組み合わせたインデックスです。
  • 金属:FBSでは4種類の金属が取引できますが、これは他のブローカーで一般的に利用できるものと比較して非常に限られています。 ほとんどの他のブローカーでは、5から10の金属が取引できます。  これには、金、銀、プラチナ、パラジウムなどの金属が含まれます。
  • エネルギー:FBSでは5つのエネルギーが取引できますが、これも他の類似のブローカーで提供されているものと比べると、限定的です。
  • 仮想通貨:仮想通貨取引はFBSトレーダーアプリでのみ可能で、100以上のペアを取引できるところが素晴らしいです。また、従来の市場とは異なり、仮想通貨取引は24時間365日利用可能です。

全体として、FBSで取引できる商品の選択肢は概して限られていますが、仮想通貨については優れた品揃えを誇っています。 

口座・取引手数料

FBSは他のブローカーに比べて取引口座の種類が多く、取引手数料も業界平均程度です。

取引手数料:FBSの口座の種類は、多くのプローカーが3種類かそれ以下であるのに対し、珍しく6種類の口座を提供しています。取引コストは、3つの口座では平均より低く、他の3つの口座では平均よりかなり高くなっています。すべての口座には、異なる最低入金額の要件があります。

詳しくは下記をご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
取引口座
最低デポジット額
最小スプレッド
手数料
取引費用(米ドル)
Cent
USD 1
0.80
スプレッドのみ
8.0
Crypto
USD 1
1
0.01%
100
ECN
USD 1000
0.0
6 USD / lot
6.0
Micro
USD 5
3
Fixed Spread
30.0
スタンダード
USD 100
0.80
スプレッドのみ
8.0
Ultra
AUD 50
0.0
6 USD / lot
6
Zero Spread
USD 500
0.0
20 USD / lot
20.0

セント口座

セント口座は初心者トレーダーに適しており、マイクロロットの取引が可能です。初回入金額は1米ドル、変動スプレッドは平均0.8pip(EUR/USD)と、他のブローカーに比べてかなり狭く、レバレッジは最大1:1000です。

スタンダード口座

スタンダード口座は、最低入金額100米ドル、平均0.8pip(EUR/USD)と他の類似ブローカーより変動スプレッドが狭く、最大3000:1のレバレッジがあるコミッション無料の口座です。 

マイクロ口座

マイクロ口座はコミッション無料で、最低入金額は5米ドルです。固定スプレッドはEUR/USDで3pipで、これは他のブローカーよりも広く、レバレッジは最大3000:1です。

ゼロスプレッド口座

ゼロスプレッド口座は、高速取引を好むトレーダーに最適な口座です。  ただ、この口座はロットあたり20米ドルとコミッションが高く、ほとんどのトレーダーにとって魅力がありません。 固定スプレッドはEUR/USDで0 pipで、レバレッジは最大3000:1、最低入金額は500 米ドルです。 

ECN口座

ECN口座は、経験豊富なトレーダーに最も適した口座です。  ECN口座の最低入金額は1,000米ドルで、変動スプレッドは0.1pip(EUR/USD)から、コミッションは1ロットあたり6米ドルかかります。  ECN口座の最大レバレッジは500:1ですが、ECN口座を保有する人は取引できるFXペアの数が25のみとなります。  最低入金額の要件は高いものの、その継続的な取引コストは他のECNブローカーと同様に低くなっています。 

仮想通貨口座

FBSでは、コインからコイン、コインから法定通貨、コインから金属など、100種類以上の商品が取引できる仮想通貨専用口座があります。この口座の最低入金額は1米ドルで、固定レバレッジは1:5です。  しかし、スプレッドはこれらの資産で非常に広く、コミッションは往復0.1%であり、これは取引ロットあたり100米ドルに相当します。  仮想通貨口座はMetaTrader 5でのみ利用できます。

入金・出金

FBSでは入金手数料が無料なのは嬉しいものの、支払い方法によっては高い出金手数料がかかります。 

マネーロンダリング防止政策に基づき、FBSでは第三者の口座との間で入出金を行うことはできません。 

取引口座の通貨:入金はほとんどの国の通貨で可能ですが、残念ながらその後USDとEURに変換されます。FBSは日本円建ての口座をサポートしていないため、日本のトレーダーはすべての入出金に為替手数料を支払わなければなりません。  為替手数料がかかると、取引コストが高くなり、収益性にも影響します。

入出金手数料:FBSでは、ライブ取引口座への入金には手数料がかかりませんが、一定の条件下での出金には手数料がかかります。電子決済システムによる入金は即時処理され、その他の決済システムによる入金依頼は1~2時間以内に処理されます。

FBSの支払方法一覧は下記をご覧ください:

  • 国内銀行振込:入金には15~20分(最長72時間)かかり、手数料は2%です。日本円での送金が可能です。この方法での出金はできません。
  • Bitwallet:入出金は即時ででき、手数料はかかりません。Bitwalletでの支払いはJPYで可能です。
  • Visa:入金は即時で無料です。出金には15~20分かかりますが、銀行口座に届くまで5~7営業日かかる場合もあります。出金には、1米ドルの手数料がかかります。
  • JCB:入金は即座に処理され、2% + 0.25 EURの手数料がかかります。出金は15〜20分で処理され、1ユーロの手数料がかかります。
  • Sticpay:入金は即時でできますが、5% + 0.3米ドルの手数料がかかります。出金には最大15〜20分かかり、2.5% + 0.3米ドルの手数料がかかります。
  • Perfect Money:入金はすぐにできますが、決済システムによって手数料がかかる場合があります。出金には15〜20分かかり、5%の手数料がかかります。

全体として、FBSは幅広い資金調達方法を提供しており入金は通常無料ですが、出金は高額で、全通貨がユーロや米ドルに変換されるため、ほとんどのトレーダーは為替手数料を支払わなければなりません。 

ボーナス体系

FBSは、幅広いプロモーションやボーナスから選べ、ウェブサイト上で確認できます。例えば、FBSは100%の入金ボーナスを提供しており、取引に利用できる入金額を2倍にすることができます。詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

FBSのモバイル取引アプリ

FBSは、他の証券会社よりも幅広い種類の取引プラットフォームを提供しており、自社製のモバイル取引アプリも提供しています。

FBSトレーダー

使ってみると、FBSトレーダーアプリは取引プラットフォームではなく、トレーダーがモバイルデバイスやタブレットからMT4やMT5プラットフォームを管理するためのポータルであることがすぐにわかりました。  FBSトレーダーアプリは、以前はAndroid端末でのみ利用可能でしたが、現在はiOSでも利用できるようになったのが嬉しいです。

FBSトレーダーの特徴:FBSトレーダーアプリは本当に使いやすかったです。口座登録後、チュートリアルがあり、簡単にプラットフォームを操作することができます。また、直感的なホーム画面と洗練されたダッシュボードがあり、リアル口座とデモ口座を簡単に行き来することができます。アプリ上で、教材動画や統合された経済カレンダーを見たり、カスタマーサポートに連絡したりすることができます。また、トレーダーはリアルタイムの統計情報を追跡し、ポジションの開設・閉鎖・編集、オープンポジションにストップを追加したり、注文を削除したりすることができます。

     

 FBS MT4・MT5モバイル取引アプリ

FBSは、AndroidおよびiOS用のMT4およびMT5モバイル取引アプリをサポートしています。デスクトップ取引プラットフォームと比較して、時間枠が縮小されていたりチャートの種類が少なくなっていたりするなど、機能が少なくなる場合があるのに注意が必要です。トレーダーは既存の注文の決済と変更、利益と損失の計算、チャート上での取引を行うことができます。 

その他の取引プラットフォーム

MT4とMT5の両方が利用可能で、FBSのプラットフォームのサポートは平均的なものです。

MT4とMT5

MT4やMT5などのサードパーティプラットフォームを使用する主なメリットは、トレーダーが他のブローカーに移りたい場合に、プラットフォームの独自のカスタマイズバージョンを保持できる点です。MT4とMT5の両方が、Windows、Android、iOS、ウェブブラウザで利用できます。

プラットフォームの比較:

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
選べるプラットフォーム
コピートレード
取引プラットフォーム
FBS
11110.54.5/ 5
Exness
11110.54.5/ 5
IG Markets
11110.54.5/ 5
L2 Dealer
ProRealTime

FBSの口座開設

口座開設の手続きは簡単で、手間がかからず、スピーディーです。

FBSの口座開設には5分ほどかかりましたが、書類を提出するとすぐに取引できるようになりました。

日本のトレーダーであれば、以下の最低入金額の条件を満たしていれば、FBSで口座を開くことができます。

  • セント:1米ドル
  • マイクロ口座:5米ドル
  • スタンダード口座:100ドル
  • ゼロスプレッド:500米ドル
  • ECN口座:1000USD
  • 仮想通貨口座:1米ドル

FBSのライブ口座開設は簡単ですぐにできます。FBSでは法人口座や共同名義口座も提供していますが、ここでは個人口座の開設についてご説明します:

  1. はじめに「口座開設」をクリックし、お名前とメールアドレスを登録します。 
  2. その後、リアル口座またはデモ口座のいずれかを選択します。
  3. 次に、フルネーム、電話番号、電子メールアドレス、生年月日を入力します。また、ベース通貨、プラットフォーム、レバレッジを選択する必要があります。
  4. この手続きが完了すると、FBSでは個人トレーダーとして登録するために少なくとも次の2つの書類が必要です。
    1. 本人確認書類 – パスポートのカラースキャンコピー(PDFまたはJPG形式)。
    2. 有効なパスポートがない場合は、IDカードや運転免許証など、顔写真入りの同様の本人確認書類が有効です。
  5. この手順が完了したら、FBSの入金方法のいずれかを使って、選択した口座に最低入金額を入金します。
  6. トレーダーの書類は、48時間以内に検証部門によってチェックされます。入金は、トレーダーの書類が承認され、トレーダーのパーソナルエリアが完全に有効になった後で、口座に入金されます。
  7. 取引を開始する前に、FBSのリスク開示、顧客契約書、取引条件書をお読みになることをお勧めします。

FBSの口座開設手続きは手間がかからず、通常48時間以内に取引できるようになります。

取引ツール

FBSの取引ツールは他の類似ブローカーと比較して平均的であり、AutochartistやTrading Centralなどのテクニカル分析ツールは提供されていません。

FBSの取引ツールセクションには、経済カレンダー、取引計算機、通貨換算器があり、これらはすべてごく標準的なものです。また、最低入金額が高いトレーダーのためのVPSサービスや、投資家やトレーダーのためにふさわしいコピー取引サービスも提供しています。 

VPS

FBSは、450米ドル以上を入金し、利用開始後1ヶ月以内に3ロットの取引を行うトレーダーに対してVPSサービスを提供しています。  この取引量に満たないトレーダーは、業界平均程度の月額33米ドルのサービス利用料がかかります。 

VPSホスティングにより、トレーダーは仮想マシン上で1日24時間、週7日エキスパートアドバイザーなどの自動化アルゴリズム戦略を実行することができます。VPSサービスは、主要な国際取引所に近いため、接続の問題に悩まされることがなく、レイテンシーが極めて低いというメリットがあります。

コピートレード

FBSのコピートレードサービスは、FBS CopyTradeアプリを通じて利用できます。このアプリにより、トレーダーがより経験豊富なトレーダー(シグナルプロバイダー)の取引をコピーすることができます。  シグナルプロバイダーは、成立した取引から固定で5%の手数料を受け取ります。  FBSのコピートレード・プラットフォームのメリットの1つは、その機能性です。  複数のコピー取引モードを提供し、フォローできるストラテジープロバイダーの数に制限はありません。 

全体としてコピートレードは、金融市場に興味があるものの、経験や知識が不足しているトレーダーにとって有用です。

全体として、FBSは他の大規模な国際的ブローカーと比較して、平均的な数の取引ツールを提供しています。

取引ツールの比較:

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
Autochartist
Trading Central
Trading View
FBS
Exness
IG Markets

初心者のためのFBS

FBSは、初心者に適したブローカーの一つです。教材セクションは包括的でよく構成されており、市場分析は最新で説明もわかりやすいです。珍しいことに、カスタマーサービスは24時間365日日本語で対応可能です。通常は平日24時間であることが多いので、これは歓迎すべきことです。 これは週末に取引口座を開設する可能性が高い初心者トレーダーにとって、非常に大きなメリットです。 

教材

FBSは、他の多くのブローカーと比較して、教材が充実しており、初心者から経験豊富なトレーダーまで、幅広く利用できます。また、すべての教材が日本語で提供されていることも嬉しいポイントです。

FBSの教材セクションは、よく構成されており、すべての教材が無料で提供されています。教材部門は5つのセクションに分かれています。

  • FXガイドブック – 教材セクションの中核をなすこの本は、私たちが見た中で最も優れたFX取引のガイドの一つです。初心者、初級者、中級者、経験豊富なトレーダー向けの章に分かれています。このガイドブックは、ほとんどすべての読者にとって何らかの形で役に立つでしょう。
  • トレーダーへのヒント – 豊富な知識がわかりやすく書かれた、取引の様々な側面を網羅する有用な記事が頻繁に更新されるブログです。最近のブログ記事では、トリプル・スクリーン取引戦略やビル・ウィリアムズのフフラクタル・インジケーターなどが取り上げられています。
  • ウェビナー – 今後のウェビナーのスケジュールと登録ができます。FBSはモスクワのオフィスから毎週ウェビナーを開催しており、登録は簡単です。
  • 動画レッスン – 予想通り、FX取引の様々な側面を網羅する短い動画を集めたものです – 文章より動画の方が好きな人には良いですが、ガイドブックほど包括的ではありません。
  • 用語集 – FBSは、FX用語の十分な用語集を提供しています。

全体として、FBSの教材セクションは、他のブローカーで利用できる資料よりも包括的です。 

教材比較:

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
初心者コース
上級コース
FBS
Exness
IG Markets

分析資料

FBSの市場調査は、他の大手国際ブローカーと比較して平均的なものです。素晴らしいのは、すべての資料が日本語で提供されていることです。

FBSのマーケット分析は、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析に分かれています。  テクニカル分析はやや限定的ですが、ファンダメンタルズ分析はより詳細で、FXトレーダーに重要なトピックの基本的な範囲の内容を提供します。

FBSの市場分析資料は、3つのセクションに分かれており、誰でも無料で閲覧することができます。

  • Forex News – FX取引に基本的な影響を与える、その日の重要なイベントが定期的にわかるニュースフィードです。簡潔かつ頻繁に更新され、質の良い文章です。
  • デイリーマーケット分析 – ここでは、その日のイベントに関する短い分析記事を見つかり、新人トレーダーにとって非常に便利です。
  • Forex TV – 1週間先までの取引計画の提案から、過去のウェビナーまで、あらゆる動画を集めたものです。特に取引計画は、新人トレーダーにとって役に立ちます。

全体として、FBSはあらゆる経験レベルのトレーダーに役立つさまざまな市場分析資料を提供していますが、他のブローカーが提供しているものと比べると、包括的ではありません。

カスタマーサービス

24時間365日利用できるFBSのカスタマーサポートは、他のブローカーが提供するものよりも優れています。

24時間365日、多言語で対応可能なカスタマーサービスは、平日24時間が標準のこの業界では異例のことです。日本語を含む16カ国語で、メール、ライブチャット、ソーシャルメディアでサポートを受けることができます。

利用してみたところ、カスタマーサービスは迅速かつ丁寧で、臨機応変に対応してくれると感じました。  質問にはすべて満足のいく形で答えてくれました。

安全性と業界からの評価

規制:2009年に設立されたFBSは、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、南アフリカの金融セクター行動監視機構(FSCA)から規制を受けているロシアのFXおよびCFDブローカーです。詳しくは以下をご覧ください。

  • Intelligent Financial Markets Pty Ltdは、ASICの認可を受けています(認可番号:426359)。
  • FBS Markets Incはライセンス番号:IFSC/000102/124、所在地:2118, Guava Street, Belize Belama Phase 1, BelizeでIFSCにより規制されています。
  • Tradestone Ltd.は、キプロス共和国のキプロス証券取引委員会の認可と規制を受けており、会社登録番号は353534です。
  • FBS Markets Pty Ltdは、南アフリカ共和国のFSCAによって規制されており、ライセンス番号は50885です。
  • Mitsui Markets Ltd.は、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の監督下にあり、ライセンス番号:14812を取得しています。

2020年10月、研究者は安全が確保されていないサーバー「ElasticSearch」でのデータ侵害を発見し、FBSの1600万人のトレーダーの機密記録が流出しました。 記録には、名前、パスワード、メールアドレス、国民IDカード、銀行明細書、クレジットカード情報などの機密情報が含まれていました。  Wizcase率いるホワイトハットハッカーは、サーバーが暗号化もパスワード保護もされずに開かれたままになっており、誰でも情報にアクセスできる状態になっていたことを突き止めました。発見されるまでの間、サーバーがどの程度保護されていなかったかは不明でした。FBSは直ちにサーバーを保護しましたが、この見落としはFBSのトレーダーに対する詐欺、フィッシング、その他の攻撃につながった可能性があります。

FBSが2つのトップクラスの当局(ASICとCySEC)によってのみ規制されており、日本のトレーダーをバヌアツにある事業体に誘導していることは事実です。しかし、同社はトレーダーの資金を自社資金から分離し、長年の行動実績があり、トレーダーに毎月明細を提供しています。全体として、FBSは安全に取引できるブローカーと考えられていますが、トレーダーは2020年のデータ流出を認識し、慎重に進める必要があります。

評価方法

当サイトは、パートナーをレビューする方法において、透明性と公明正大さを重視しています。透明性を最優先するために、レビュープロセスを公開しました。そのプロセスの中心には、ブローカーの信頼性の評価、ブローカーのプラットフォーム提供、トレーダーに提供される取引条件があり、これらはこのレビューにまとめています。このそれぞれを採点し、全体的なスコアを計算し、ブローカーに割り当てています。

FBSの免責事項

FX取引はリスクが高く、各ブローカーは、FXCFDの取引がトレーダーにとってどれほどリスクがあるかを詳細に説明する必要があります。FBSは、トレーダーに次のことを呼びかけています。CFDは複雑な商品であり、レバレッジにより急速にお金を失うリスクが高くなります。このプロバイダーを利用してCFDを取引する際、個人投資家の口座の76.2%は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているかどうかそして損失を出す高いリスクをとる余裕があるかどうかを検討する必要があります。

まとめ

FBSは大手の国際的なオンラインブローカーで、6つのライブ口座は平均的な取引条件ですが、初心者から経験豊富なトレーダーまで対応できます。  初心者向けの口座では低い最低入金額とマイクロロット取引ができ、高い最低入金額の口座ではスプレッドが低くなっています。しかし、FBSは非常に高い出金手数料がかかり、米ドルとユーロ建ての口座のみとなっています。 

FBSは、独自の取引アプリに加えてMT4とMT5をサポートしており、450米ドル以上を入金したトレーダーにはVPSサービスに加えて、きちんとしたコピートレードプラットフォームを提供しています。  さらに、FBSでは優れた教材および市場分析資料が利用でき、そのトレーダーサポートは例外的に24時間365日、日本語で利用することができます。 

Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.70ピップス。最大レバレッジは3000:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。FBSは、CySEC、IFSCの規制を受けています。
公式サイトへ

シェアする

最新の情報を受け取る

この登録フォームは、ダブルオプトイン(二段階の登録確認)が必要です。登録完了には、Eメールアドレスを確認・認証の必要があります。

注目のFX会社

閉じる
>