おすすめの海外FX口座を比較

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
公式サイト
金融規制当局
業者タイプ
取引プラットフォーム
最低デポジット額
最大レバレッジ
トレード費用
イスラム口座
出金したい時
出金手数料
FX通貨ペア数
ヘッジ
スキャルピング
サポート時間
日本語のウェブサイト
日本語でのサポート
Compare
公式サイト
IronFX
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
マーケットメイカー
ECN/DMA
USD 100
1000:1
USD 22
翌営業日
On select STP/ECN Accounts
83
24/7
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
HotForex
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
Dubai Financial Services Authority
Financial Services Commission
The Seychelles Financial Services Authority
STP
USD 100
500:1
USD 10
翌営業日
6 USD / lot - Zero Account
53
24/5
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
FxPro
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のCySEC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
マーケットメイカーNDD
FxProEdge
USD 100
500:1
USD 14
同日
9 USD / lot
70
24/7
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
Exness
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
Financial Services Conduct Authority
The Seychelles Financial Services Authority
Capital Markets Authority
マーケットメイカー
USD 3
2000:1
USD 7
2営業日以上
スプレッドに手数料込み
100
24/7
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
AvaTrade
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
British Virgin Islands Financial Services Commission
Financial Services Agency
最高のCySEC規制ブローカー
Central Bank of Ireland
マーケットメイカー
USD 100
400:1
USD 9
2営業日以上
スプレッドに手数料込み
55
24/5
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
IG Markets
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
Financial Services Agency
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Commodity Futures Trading Association
マーケットメイカー
L2 Dealer
ProRealTime
USD 0
30:1
USD 6
同日
スプレッドに手数料込み
80
24/5
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
easyMarkets
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
The Seychelles Financial Services Authority
マーケットメイカー
USD 25
400:1
USD 18
2営業日以上
スプレッドに手数料込み
103
24/5
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
FBS
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
International Financial Services Commission
STP
ECN/DMA
USD 1
3000:1
USD 7
翌営業日
6 USD / lot - ECN Account
37
24/7
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります

FX取引とは

FX取引とは、為替レートの変動から利益を得るために行われる通貨の交換です。取引を始めるために、トレーダーは通貨ペアを選択し、為替レートが動くと予想する方向を選びます。2つの通貨間の為替レートが変化すると、トレーダーは損益を出すために取引を終了することができます。

通貨ペアは、ある通貨の価値を別の通貨で表したものです。例えば、GBP/USDが1.2352であれば、1英ポンドは1.2352米ドルに等しいということになります。

FX取引では、一般的な取引通貨ペアには英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/米ドルが含まれます。英ポンド/米ドルを買うと、実質的に英ポンドを買い、同時に米ドルを売ることになります。ポジションを閉じると、買った英ポンドを売り、米ドルを買い戻すことになります。もしその時点で英ポンドが米ドルに対して強くなっていれば、利益を上げることになります。当初販売した米ドルよりも多くの米ドルを購入することができるようになるからです。FX取引の仕組みについての詳細はこちらをご覧ください。

FX取引の仕組み

FX会社が個人(リテールトレーダー)がFXマーケットにアクセスできる唯一の窓口になります。マーケットを維持するか(マーケットメーカー)、国際市場への直接接続(ダイレクトマーケットアクセス)を提供するかはFX会社によりけりです。どちらの方法でも、トレーダーは取引を開始するために、FX会社に口座を開設する必要があります。

FX取引は通常、FX会社との差金決済取引(CFD)と呼ばれる商品を介して行われます。これは、2つの通貨価格の取引の開始と終了の際の差額を支払うというFX会社との契約です。この仕組みは、両者ともに実際に通貨を保有する必要がない為、非常に便利です。

FX取引は日本で合法?

日本ではFX取引は合法です。これは、日本の金融規制当局である、評価の高い金融庁(FSA)によって規制されています。 国内と海外の両方のブローカー(規制されているものと規制されていないものの両方)を使用して日本でFX取引することができ、それぞれにメリットとデメリットがあります。

金融庁は、日本国民に対し、未登録企業の利用に注意を払うよう要請しています。ただし、未登録企業が日本でサービスを提供することは違法ですが、日本人がそれらを使用することは違法ではなく、それに対する罰則はありません。

海外FX会社とは

海外FX会社とは、主たる事業所が日本国外にあるブローカーです。日本法人を持ち、金融庁に登録されている会社は海外FX会社とはみなされません。登録されたブローカー(つまり金融庁によって認可されたブローカー)は、金融庁が定めた規則に従わなければなりませんが、認可されていないブローカーは単にそれらの規則を無視するかもしれません。

ブローカーのウェブサイトを見ると、ブローカーが金融庁によって認可されているかどうかを確認できます。運営会社の免許の詳細は、通常ホームページで見つけることができるはずです。これらの免許の詳細は、金融庁のウェブサイトで確認してください。

海外FX会社を利用するメリットとデメリットは以下のとおりです。国内FX会社と認可された海外FX会社は同じ規制を遵守しなければならず、実際には国内と海外の認可されたブローカーを使用することに大きな違いはないため、ここで海外FX会社とは、認可されていないブローカーを使用することを指します。

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

FX取引と株取引は混同されがちですが、両者には違いがいくつかあります。

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

CFDのFX取引は一般的にレバレッジをかけており、トレーダーは取引額のごく一部を投資し、残りをリクイディティプロバイダー(多くの場合、FX会社と協業する大規模な金融機関や銀行)から借り入れています。

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

FX初心者には、口座に入金をする前にデモの口座を使って取引をしてみることをお勧めします。FXSCOUTSは実戦に向けた実用的なアドバイスや最初の取引をどう成功させるかについて、沢山のガイドを提供しています。

トレーダーは取引の成功に向けて多くの資料や戦略を研究する必要がある為、CFDの取引方法を学ぶには時間と根気が必要です。

英語がわからなくても口座を開設できますか?

できます。海外FX会社の中には、日本語のページとサポートがあるところもあるので、英語がわからないことは問題ではないはずです。日本語のページとサポートを提供しているブローカーは、当社のウェブサイト で表を右にスクロールするだけでわかります。

日本語のページとサポートのサービスを提供するブローカーは、具体的には以下の通りです。

FX戦略の選び方

FX取引にはさまざまな戦略があり、その中の1つを使うだけでは取引成功には至りません。良い取引計画には多くの戦略が含まれており、その全てが同時に機能します。

初歩の段階では、FX戦略は「ファンダメンタル分析(広範な経済動向と地政学的事象の分析)」と「テクニカル分析」のいずれかに基づきます。BrexitとそのGBP/USDの影響、または米国の非農業部門の給与とそのEUR/USDの影響(チャート上のプライス・アクションの分析)特にテクニカル分析の手法は様々で、それに基づいた多くの戦略があります。

FX戦略を立てる際に考慮すべきその他の項目は、時刻、注文タイプ(特に重要な「トレーリングストップロス」など)、自動ソフトウェアやボット(見逃しがちな市場の動きを見ることができる)です。FXSCOUTSの取引を学ぶセクションでは、戦略と取引計画作成について学習することができます

FX取引を始めるのに必要な資金

FX会社により金額は異なりますが、口座開設のために5ドルから500ドルを預ける必要があります。FX取引では残高と証拠金(マージン)が重要であるため、入金額は取引で利用できるレバレッジの倍率に影響します。

レバレッジ取引を行う場合、トレーダーの掛け金は証拠金(マージン)と呼ばれます。この金額は取引額の1%(レバレッジ100:1)または0.5%(レバレッジ200:1)、あるいは0.25%(レバレッジ400:1)にもなります。

証拠金(マージン)は最初に払う取引費用ですが、FX会社によっては、取引ごとに手数料やその他の手数料(クレジットカードや銀行振込をする場合は預金手数料など)を徴収する場合もあります。

CFD取引の主な費用はスプレッドにかかる費用です。これは、通貨ペアの売買価格の差であり、FX会社が取引を行う際の手数料です。スプレッドはピップス(通貨の最小の価格変動)で測定されます。GBP/USDの売りまたは買いの価格が1.22415の場合、FX会社が買い、または売りの価格をGBP/USDで1.22424(9ピップス差)に設定すると、スプレッドは0.9になります。スプレッドが狭くなればなるほど、費用は低くなります。

FX取引のリスク

FX取引やCFD取引は、短期間で取引口座の全金額を失うなど、大きなリスクを伴います。個人投資家の75%から90%が、損失を被っています。取引にあたって、きちんとCFDの構造を理解しているか、資金を失うリスクに耐えられるかどうかを慎重に考える必要があります。

取引の主なリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

FX取引に最適なタイミング

FX市場からの利益は、マーケットの価格変動が激しい時に発生するため、そのタイミングでトレーダーは取引すべきでしょう。最もは、主要市場(シドニー、東京、ロンドン、ニューヨーク)が開いている時期です。したがって、トレーダーはこの市場の運営時間を考慮に入れた取引計画を作成すると良いでしょう。

税金の支払いについて

FX取引での利益は非課税所得ではなく、全ての利益はFX会社や資本が海外にあっても課税されます。英国の居住者は、個人または企業として他の所得と同様に税金を申告することが求められます。

FX取引は自分に適した取引なのか。

まず最初に、FX取引はハイリスクであること、自分にあったFX会社を見つける必要があること、どのくらいの資金で取引を始めるべきか知っておく必要があります。FX取引においては、常に新しい知識を学び以下の項目を実行する必要があります。

  1. ギリス最高群のFX会社を比較して、自分に最適なFX会社を見つける。
  2. FXSCOUTSが提供する学習資料でFX取引について学ぶ。
  3. FX市場とCFD取引の仕組みを理解する。
  4. 取引に使うソフトウェアとツールの使い方を習得する。
  5. FX口座にある全資金を失うこと。生活に必要不可欠な資金はFX口座に預けないようにしましょう。

FX取引の仕方を学ぶ

中立・公平なFX会社のレビュー

FXSCOUTSの特徴

  1. トレーダーのニーズに最もマッチしたFX会社を見つけられるよう、選りすぐりのFX会社を比較しています。
  2. FX会社と安心してお取引ができるよう、質の高い情報を提供しています。

詳細・正確なデータを使った、多方面からの比較

FXSCOUTSは包括的な比較プロセスを採用し、主に以下の6つの基準を用いて各FX会社を比較・評価しています。

  • 規制:英国のFCAは世界をリードする金融監督機関であり、顧客保護について優れた実績があります。取引の安全性を担保する為、FCAの規制下にあるFX会社を勧めています。
  • FX会社の種類:ほとんどのFX会社はECN/STPかマーケットメーカーのいずれかですが、いくつかのFX会社はその両方である場合があります。多くのFX会社は、より高いデポジットの口座タイプでECN/STPサービスを提供する一方、セントとスタンダードの口座のマーケットメーカーとして機能しています。
  • 取引条件: この条件にはどのような種類のスプレッドが利用可能か、どれだけのレバレッジが提供されているか、どれだけの通貨ペアが利用可能かが含まれます。これは損益に直接影響を与えるため、慎重に検討するべき項目です。
  • 取引のプラットフォーム:MetaTrader4は依然として業界標準ですが、多くのFX会社がMetaTrader5cTrader、または独自のプラットフォームを提供しています。
  • :多くのFX会社で口座のタイプによって最低入金額に差があり、最低入金額が高いほど、より良い取引条件に結びついています。FXSCOUTSでは、口座のタイプに関係なく、最低入金額を表示しています。
  • 入出金方法: 全てのFX会社でデビット/クレジットカードを利用でき、またその多くはSkrillとNetellerを介してのオンライン決済が可能です。また一部のFX会社ではビットコインのご利用もできます。

トレーダーがFX会社に何を求めているのか既に明確な場合、FXSCOUTSの比較ツールを絞り込むことで、最適なFX会社を見つけることができます。 

FX取引のリスク

FX取引は、良いFX会社を見つけることから全てが始まります。FX取引はリスクの高い投資であり、ほとんどのトレーダーは長期的には損失を被ることになります。トレーダーが損失を被る理由は数多くありますが、その要因は一般に4つのカテゴリに分類できます。

  • FX取引についての知識不足
  • 取引規律の欠如
  • 未検討の取引計画
  • リスクマネジメント不足

しかし、このようなリスクを避けることは可能です。FXSCOUTSには、FX初心者や経験のあるトレーダーに向けた記事や取引についてのヒントが豊富に掲載されています。FXSCOUTSは、トレーダーがトラブルに陥ったときに生じる大きな損失を回避し、利益を最大化する為に支援をしたいと考えています。 

FX口座開設のためのクイックガイド

FX口座開設のクイックガイドをお読みください

  • FX会社の選び方
  • デモ口座の使用方法
  • 取引を成功させる勉強法
  • 取引戦略の作成方法
  • リスクマネジメントの方法
  • FX会社に提供する書類
We Are Reader Supported

FXSCOUTSは皆様からのサポートによって運営されています。

FXSCOUTSは、ウェブサイトをご覧いただいている皆様からのサポートによって運営されている媒体です。FXSCOUTSのウェブサイトのリンクから、FX会社にご登録の場合、場合によっては報酬を受け取っています。この報酬は、FXSCOUTSの運営を支えています。

FXSCOUTSは、高品質・正確・皆様に意味のあるコンテンツを作ることを目標にしています。それが、FXへの興味と理解をさらに深めることにもつながると考えています。FXSCOUTSのコンテンツは、出来る限りの正確な内容となり、利害関係などとは関係なく偏向しないものです。コメントやご意見があればいつでもお問い合わせください。

FXSCOUTSについて、問い合わせ方法、どのように運営されているかなど更なる詳細は、「FXSCOUTSについて」をご確認ください。

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>