AuthorJeffrey Cammack
更新日: 2020 10 21

FX取引では、分析方法は主に2つあります。それはファンダメンタル分析とテクニカル分析です。どちらがいいかはトレーダーの性格により異なり、正答はありません。どちらも、投資家に忍耐と規律を要し、分析方法の学習に時間を費やす必要があります。

これらの方法はそれぞれ明確に異なり、それぞれメリットとデメリットがあります。2つのアプローチの違いにより、トレーダーの分析の取り組み方が決まります。

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析は価値測定のテクニックで、国の経済学、新しいメディア、マクロ経済動向を分析するもので、トレーダーが通貨の根本的な経済状況を調査します。最新の経済ニュースに通じていなければ、マクロ経済環境の最新情報を常に把握するのは非常に骨の折れる方法です。ニュースについてのしっかりとした知識を持ち、マクロ経済を理解しているトレーダーにとって、これはとても成功するアプローチになり得ます。

一般的に、トレーダーはより強い経済の通貨を低い価格で買い、経済状況がよくない国の通貨を売ります。そしてトレーダーは通貨の価値が公正な市場価値に戻ることを期待して、通貨を保持します。価値が過小評価されている通貨が持ち直し、為替レートが上がるまでには、数年かかることがあります。

ファンダメンタルトレーダーとして、選択する取引についてスマートになる必要があります。それをし損ない、横ばいのレンジ市場に入ってしまったら、しばらく利益を得られないことがあります。

ファンダメンタルトレーダーは、主要ニュースイベントから利益を得ることが出来ます。これから訪れるイベントを理解しているトレーダーとして、その潜在的結果について調査を行い、ロングポジションをとる必要があります。イベント中は市場が不安定になり、前後の価格は変化します。

ファンダメンタル分析は、長期的にポジションを取るポジショントレーダーにとっても優れています。このタイプの取引は、取引管理に時間を割けないトレーダーにとっても適しています。日中の仕事や他に優先的にするべきことがあることはむしろ普通のことです。

その意味で、ファンダメンタル取引は二つの種類のトレーダーに最も適しています。それは最新の主要ニュースに通じていて調査が出来る人、もしくはポジショントレーダーです。

コンピューターの前で過ごす時間があり、チャート分析が好きならば、テクニカル分析がより良いアプローチかれません。

ファンダメンタル分析を始める方法

ファンダメンタル分析は、ほとんどが将来のニュースイベントに注意することと、想定外の出来事に即座に対応することです。取り掛かるための記事を以下にいくつかご紹介します。

  • 経済カレンダー: このカレンダーが、取引戦略の中心になります。ファンダメンタルトレーダーは、大きなイベントがいつ起こるのかを常に知っています。準備不足のファンダメンタルトレーダーというものは存在しません。
  • 非農業部門雇用者数報告: 米国経済はFX取引の大きな部分を占めます。主要な通貨ペアには全て米ドル(USD)が含まれ、その価値に影響を与えうるニュースは全てビッグニュースとなります。この米国非農業部門雇用者数報告は第一金曜日の08:30(米ニューヨーク)に発表され、ファンダメンタルトレーダーが特に注目しています。
  • EURUSD分析: 自分の取引する通貨の歴史を知ることで、同じ季節トレンドと繰り返されるパフォーマンスを知ることが出来ます。

ファンダメンタル分析の取引例

これは、ポジティブなNFP(非農業部門雇用者数)報告の公表が、市場にどのような影響を与えるかについての事例です。トレーダーが、この報告が堅調な雇用創出を示すと予想する場合は、報告公表前に買い注文を入れます。

トレーダーはポジションを持っておく期間を選択できます。これが収益性に影響を与えるからです。トレーダーはテイクプロフィット注文して、目標利益に達したら自動的に決済にする場合もありますし、データをモニタリングし続けて利益を拡大させ、手動で決済する場合もあります。

ファンダメンタル分析はチャートに基づくものではないとは言え、チャートの読み方を理解し、取引が予想した方向に進んでいるのかを確認するのは不可欠です。下のケースでは、このトレーダーが100pipsの利益を5分間で獲得し、取引を決済していなければ200pipsの利益を得られたであろうことがチャートから見て取れます。取引をもう少し長くオープンにしておけば、非常に利益の高い取引になったでしょう。

EUR/USD 5分足チャートrt

テクニカル分析とは?

ファンダメンタルトレーダーがニュースイベントに注目するとすれば、テクニカルトレーダーは価格チャートの読解に注目します。テクニカルトレーダーは数多くのツールと指標を使い、トレンドとパターンを把握することによって、確率の高い状況を特定します。それは、その通貨ペアが特定の方向に動く可能性の高い状況です。

経験豊かなトレーダーは、市場が上昇しているか下降しているかにかかわらず、高確率の取引を短期的な利益に転換する方法を知っています。実際に、どのような市場においても利益を得られるのがCFDとFX取引の最大の利点の一つです。

多くの人がテクニカル分析を学ばないことの典型的な言い訳が、成功するためには一日中コンピューターの前に張り付いていないといけないということです。テクニカルトレードの利点は、第二の仕事をしていると感じることなく、どの市場からも安定的な利益を作れることにあります。

テクニカル分析の始め方

基礎を理解するための記事を以下にいくつかご紹介します。

  • ダウ理論: ダウ理論は全てのテクニカル分析の基礎で、基本的な概念への良い入門となります。
  • チャート: これは、チャートについての2部シリーズの第1部です。これを読めば、チャート種類と一定期間の比較方法が分かります。準備が出来たらこちらの第2部をご覧ください。
  • 方向性バイアス: ダウ理論の一つの原理によると、市場はモメンタムに影響を起こすようなことが起きない限り、一つの方向に進みます。これを読めば、市場がどちらの方向に動いているのかを見分ける方法を知ることが出来ます。
  • モメンタム: 市場はモメンタムの減少によって方向を変えます。テクニカルトレーダーは、モメンタムの変化を観察する方法を知る必要があります。

テクニカル分析の取引事例

この例では、モメンタム指標のあるチャートを用い、取引をエグジットするタイミングを見極めます。市場はモメンタムが変化するまではトレンドを維持するため、市場の転換を示すモメンタムの変化を観察します。こちらはまさにその例です。トレーダーはこの変化を見ると、潜在的利益が最大化することが分かるため、決済します。

EUR/USD モーメンタム指標ありチャート

テクニカル分析対ファンダメンタル分析

テクニカル分析とファンダメンタル分析にはそれぞれの限界があります。プロトレーダーが両方を組み合わせているのはそのためです。取引がテクニカルとファンダメンタルデータの両方に依拠しているものならば、勝率は非常に高くなるでしょう。

全てのファンダメンタルの要素は、既にデータに織り込まれていると考える考え方もあります。これは、市場を最もよく予測するためには、テクニカルデータさえ見ればよいことを意味します。この考えに従うならば、テクニカル分析がトレーディングの優れた方法だということになります。

テクニカル分析の有効性には、疑問を持つ人もいます。効率性市場仮説の主張では、全ての過去の価格情報はすでに現在価格に織り込まれています。その場合、全てのチャートのデータは古いデータであり、市場に打ち勝つために利用できるデータはないことになります。また、この場合、ファンダメンタル取引が将来価格に投機を行う唯一の方法です。

結論

全ての成功しているトレーダーは、毎月継続的に利益を得るためには、学習、練習、専念が必要であることを知っています。どちらの方法で取引すると決めたとしても、知識と規律をもって取引する必要があります。

どちらの方法がよいのかについて悩む必要はありません。代わりに、両方のメリットを利用することで、より適切な情報に基づいた取引決定をするのに役立ち、より多くの取引機会を見つけることに役立ちます。

 

シェアする

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>