FxScoutsは2019年以来、日本で最も信頼されるFXブローカーレビューサイトです。これまでに100以上のブローカーレビューを書いており、正確性を維持するために常にブローカーをチェックした上でブローカーをレビューしています。当サイトのブローカーのレビュー方法をご覧いただけます。

レビューしている商品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取ることがあります。詳しくは、広告開示をご覧ください。

AuthorChris Cammack
更新日: 2022 05 05

仮想通貨取引は、ビットコインの人気と仮想通貨の価値の大幅な変動からの利益期待から、CFD取引に加わって人気です。仮想通貨取引への関心の高まりとともに、準備の整っていない新規利用者を利用しようと規制されていないブローカーが生まれました。常に十分に規制されたブローカーと取引してください。

これらのブローカーの質を確かめるために、ライブ取引口座を開設し、ブローカーの規制を確認し、取引プラットフォームでテクニカル分析ができ、さまざまな仮想通貨ペアを使用して迅速に取引を執行できることを確認しました。より信頼できるブローカーは、利益を使い果たさない取引条件で、仮想通貨ペアに少なくとも10:1のレバレッジを提供する証拠金口座を提供します。リスクをとって資金を投資する前に、常にデモ口座を使用してCFD取引に慣れてください。当サイトのテストと調査によると、これらは2022年において日本で最高の仮想通貨ブローカーです。

  • Capital.com - 470以上の仮想通貨と100:1のレバレッジ
  • IronFX - 20の暗号資産ペアと8つの暗号資産/JPYクロスペア
  • AvaTrade - 仮想通貨取引に最適なモバイル体験
  • FxPro - 30種類の仮想通貨、4つの取引プラットフォーム

最高の海外仮想通貨ブローカー2022

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
公式サイト
最低デポジット額
暗号通貨ペア
日本語のウェブサイト
FXペア
金融規制当局
取引プラットフォーム
日本語でのサポート
Compare
Capital.com
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 20
477
137
最高のFCA規制ブローカー
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Capital.com
IronFX
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
5
83
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
AvaTrade
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
20
55
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
British Virgin Islands Financial Services Commission
Financial Services Agency
最高のCySEC規制ブローカー
Central Bank of Ireland
FxPro
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
30
70
最高のCySEC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
FxProEdge

仮想通貨のブローカーの選び方

仮想通貨の取引は、全ブローカーでできるわけではありません。これにはいくつかの理由がありますが、その中には規制上の条件もあります。例えば、金融行為監督機構(FCA)は、英国に拠点を設定する全ブローカーに仮想通貨CFD取引の提供を禁止しています。ブローカーによっては、ビジネス上の理由で暗号資産取引を提供しなかったり、プラットフォームの制限が原因で提供しなかったりします。

仮想通貨ブローカーを比較する際には、以下の点を考慮する必要があります。

ブローカーは十分に規制されているか

特に仮想通貨取引では、規制が非常に重要です。数多くの不正なオフショアブローカーが仮想通貨取引を専門としているため、入金する前に必ずブローカーの規制を確認してください。

ブローカーはデモ口座を提供しているか

この無料の口座種類は、暗号資産取引を始めるトレーダーにとって常に出発点となるべきものです。仮想通貨は非常に変動が激しく、ファンダメンタルズのデータは限られており、すべての取引はチャートを検証して行われるため、価格パターンを予測することは非常に困難です。

レバレッジはどの程度か

仮想通貨のレバレッジは、他の資産に比べてはるかに低く、約2:1となっています。変動の激しい市場でレバレッジを効かせすぎると、取引口座が壊滅的な打撃を受ける可能性がありますが、それでもトレーダーはある程度のレバレッジを利用したいと考えるでしょう。レバレッジの金額が自身のリスク許容度に合っているかどうかを確認してください。

提供する仮想通貨ペアの数

仮想通貨トレーダーの中には、ビットコイン、ライトコイン、その他のコインの対米ドル取引に限られた、少ないペア数で満足する人もいるでしょう。しかし、ブローカーの中には、より幅広い種類の暗号CFDを提供しているところもあり、取引にバリエーションを持たせることができます。同じ数の暗号資産ペアを取引すると、仮想通貨の取引機会が限られてしまうため、FXやコモディティなど他の資産クラスを見つけて並行して取引する必要があります。

提供するFXペアの数

ほとんどの仮想通貨トレーダーは、通貨も取引したいと思っているはずです。暗号資産ペアの数が重要であるように、FXペアの数も重要です。利用可能な通貨ペアが多ければ多いほど、取引のバリエーションが増えます。

取引手数料

ブローカーは、スプレッドに加えて、仮想通貨取引に対する手数料を導入する場合があります。仮想通貨のスプレッドは、法定通貨ペアよりもはるかに広い場合があり、トレーダーが利益を得るためには、価格の大きな変動が必要になります。全体的な取引コストは、1回の取引につき5米ドルから15米ドルと大きく異なります。


Capital.com – 470以上の仮想通貨と100:1のレバレッジ

Capital.comは、ビットコイン、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、DASHを含む477の仮想通貨ペアという、素晴らしい品揃えの規制の厳しいマーケットメーカーブローカーです。 トレーダーは、MT4取引プラットフォーム、またはCapital.com独自の高度なWebベースのプラットフォームから選択できます。シングル取引口座の最低入金額は100米ドルで、ほとんどの初心者に手が届くレベルです。 仮想通貨取引は手数料無料であり、人気ペアの中には他のブローカーよりもはるかに高い100:1のレバレッジがあるものもあります。Capital.comでは、Forex、指数、商品、株式など、さらに6000のCFDを取引することができます。

Capital.comは、あらゆる経験レベルのトレーダーに対応するため、教材と市場分析資料を幅広く、体系化して提供しています。 特筆すべきは、独自のCapital.comTVで、トレードに関連する様々なコンテンツや時事問題に関連するトレードのアイデアを網羅する高品質の動画を多数配信しています。 また、多くの詳細なガイドを提供し、社内リサーチチームを率いるプロのテクニカルアナリスト、デビッド・ジョーンズが運営するウェビナーを毎週開催しています。

長所
  • 狭いスプレッド
  • 低い最低預金額
  • 優れた教育
短所
  • 限定的な口座の選択肢
AlertAccepts UK Clients. Average spread EUR/USD 0.60 pips on trading account with lowest minimum deposit. Max leverage 200:1. Capital.com custom platform supported. Capital.com Group regulated by the FCA & CySEC. 75.26% of traders lose money with this provider.

IronFX – 20の暗号資産ペアと8つの暗号資産/JPYクロスペア

日本での長い運営歴があり、規制の厳しいブローカーであるIronFXでは、他のブローカーよりも多い20の暗号資産ペアを取引することができます。ほとんどのブローカーはUSDと仮想通貨のクロスペアしか提供していませんが、IronFXでは日本円と8つの仮想通貨のクロスペアも取引できます。これには、BTC/JPY、ETH/JPY、DOGE/JPYが含まれます。 仮想通貨取引コストは業界の平均程度で、BTC/JPYの平均スプレッドは19米ドル、ETH/JPYは15.7米ドルです。

取引プラットフォームのサポートはMT4のみとなりますが、IronFXはMT4を最先端の取引ターミナルに変えるMT4 Advancedと呼ばれるアップグレードパッケージを提供しています。仮想通貨以外の資産に興味のあるトレーダーは、マイクロロットで測定された少額取引を行いたい初心者に魅力的な入金額の少ないセント口座を含む、9つのライブフレキシブル口座から選択することができます。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 幅広い資産
短所
  • 費用のかかる出金
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.00ピップス。最大レバレッジは1000:1。イスラム口座の利用可。 MT4プラットフォームのみサポートあり。IronFXは、CySEC、FCA、ASIC、FSCAの規制を受けています。

Avatrade – 仮想通貨取引に最適なモバイル体験

規制の厳しいマーケットメーカーのAvatradeは、革新的なモバイルアプリのAvaTradeGOなどの様々なプラットフォームで、信頼できるユーザーフレンドリーな取引環境を提供しています。 AvatradeGOでは、自分の取引を一目で見ることができ、ウォッチリストを作成し、ライブ価格やチャートを見ることができます。 また、トレーダーはモバイルアプリで8つの仮想通貨を含む250以上の商品で取引することが可能です。

Avatradeは24時間年中無休で仮想通貨取引をサポートしているので、トレーダーは週末も取引することができます。 さらに、暗号資産対暗号資産の取引しかできない他の多くのブローカーとは異なり、Avatradeでは法定通貨(米ドル、ユーロ、日本円)に対して暗号資産を取引することができます。 最後に、Avatradeは仮想通貨で取引コストが最も低い数社に数えられますが、レバレッジは20:1に制限されています。

長所
  • 初心者にぴったり
  • 十分規制済み
  • 低い最低預金額
短所
  • ディーリングデスク
  • 限定的な市場分析
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.90ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。AvaTrade Groupは、ASIC、FSCA、B.V.I FSC、FSAの規制を受けています。

FxPro – 30種類の仮想通貨、4つの取引プラットフォーム

FxProは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなど、最も人気のある30種類の仮想通貨を取引することができます。FxProは米ドルに対する暗号資産取引のみを提供していますが、暗号資産取引とFxProのカスタマーサービスは1日24時間年中無休で利用できます。

仮想通貨トレーダーにとって、FxProのその他の主な魅力は、4つの人気のある取引プラットフォームから選択できることです。MT4、MT5、cTrader、FxPro独自のブラウザベースのプラットフォームのすべてで、仮想通貨を取引することができます。MT4とMT5は他の2つより人気がありますが、ほとんどの初心者にはcTraderとFxProプラットフォームの方がより使い方を学びやすいです。自動取引戦略を使用したい方は、その戦略がMT4、MT5、cTraderでのみ利用できるということにご注意ください。

 

長所
  • 十分規制済み
  • 豊富なプラットフォームの選択
  • 狭いスプレッド
短所
  • 限定的な教育
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.40ピップス。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTrader、FxPro独自の取引プラットフォームサポートあり。FxPro Groupは、FCA、CySEC、FSCA、SCBの規制を受けています。

仮想通貨の概要とその取引方法について

仮想通貨(または「暗号資産」)とは、オンライン取引の安全性を確保するために暗号技術を使用するデジタル通貨です。仮想通貨は、単一の機関に管理されるのではなく、一般的に非中央集権的な性質を持っています。すべての取引のオンラインの公開台帳への記録にはブロックチェーン技術が使用され、そのコピーが世界中の異なるユーザーによって維持されます。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、そのボラティリティの高さからトレーダーに人気があり、一部のトレーダーや投資家に莫大な利益をもたらしています。

暗号資産を取引するには主に、ブローカーを経由する方法と、仮想通貨取引所を経由する方法の2つの方法があります。この記事では、取引所ではなくブローカーを利用することのトレーダーにとってのメリットを説明します。ここで、仮想通貨取引への関心の高まりとともに、備えのない初心者を利用しようと、規制されていないブローカーが登場していることを知っておく必要があります。当サイトでは、必ず規制されたブローカーと取引することをお勧めします。

仮想通貨ブローカーを利用するメリット

仮想通貨の分野に参入しようとするトレーダーにとって、ブローカーと取引所のどちらを利用するかは大きな決断です。後者は、買い手と売り手が出会い、暗号資産を法定通貨*(米ドルなど)または他の仮想通貨と取引し、市場評価に基づいて価格を決定する場所です。取引所の運営者がプラットフォームを提供し、買い手と売り手の間で直接、法定紙幣や仮想通貨の取引が行われます。この種の取引は、より上級者のトレーダーに最も適しています。

一方、ブローカーは、仲介者としての役割を果たしますが、取引の相手方、つまり相手方ーとしての役割も果たすことができます。この種の取引は、初心者に適しています。ブローカーは、トレーダーに直接暗号資産を販売するのではなく、CFDなどの金融ツールを使ってトレーダーが仮想通貨に投機できるようにすることに重点を置いており、仮想通貨の世界に参入する上で大きなメリットがあります。

以下では、取引所ではなくブローカーを利用することの主なメリットについて見ていきます。

より初心者に適している

これまでに暗号資産を取引したことがない場合、ブローカーには取引所よりも多くのメリットがあります。例えば、ブローカーは幅広い教材を提供しており、仮想通貨についての知識や取引の様々な方法、成功する戦略とその実行方法などを学ぶことができます。

対照的に、多くの取引所は教育用レッスンやニュース、ブログ記事のようなものを提供するに止まり、暗号資産取引に興味のある人を積極的にサポートしていません。経験の浅いトレーダーは、暗号資産やその取引に関する基本的な知識がなく、仮想通貨取引所の仕組みを理解していなかったために、多くの損失を被っています。

重要なのは、ブローカーでは、トレーダーが苦労して貯めたお金ではなく、バーチャルマネーで取引できるデモ口座を開設できるということです。トレーダーが市場を理解し、うまくいく取引方法を知り、自分のお金をかけても十分問題ないと感じるまで、デモ口座で練習することができます。

豊富な取引ツール

CFD(差金決済取引)などの金融商品を利用して暗号資産を取引することもできますが、これは様々な理由で非常に有利な方法です。

マージン

CFDを使って仮想通貨を取引する場合、レバレッジの概念を利用して、リスク許容度と潜在的な利益を最大化することができます。これは、取引を行うために比較的少額の資金(マージンと呼ばれる)を設定するだけでよく、残りの資金はブローカーが貸してくれるからです。

例えば、ブローカーがCFDのレバレッジ比率を2:1に設定している場合、トレーダーは各取引で50%のマージンを設定することになります。価格が5%動いた場合、CFDトレーダーは実際にそのマージンで10%の利益を得ることになります(取引が思惑通りにいかなかった場合は10%の損失となります)。つまり、CFDトレーダーは、短期間で多額の利益を得ることができますが、同様に短期間で損失を出すこともあります。

両方向取引

CFDを使って暗号資産を取引すると、仮想通貨の価格が上昇するか下降するかを推測することができます。「ロング」の場合は、CFDを使用して暗号資産を購入し、価格が上昇すれば利益を得られます。「ショート」の場合は、価格が下がると考えて、ある価格で暗号資産を売ることになります。その後、暗号資産を買い戻して、販売価格と購入価格の差額を獲得できます。

例えば、ビットコイン(BTC)をCFDで空売りするためにポジションを建てるとします。ビットコインが40,000米ドルで取引されており、2:1のレバレッジが提供されている場合、20,000米ドルの入金または証拠金で1BTCの売りポジションを建てることができます。予想通りに市場が35,000米ドルまで下落した場合、1BTCを購入してポジションを決済することができます。利益を計算するには、始値と終値の差を出すだけです。この場合、40,000米ドルから35,000米ドルを引いた5,000米ドルが利益となります。

一方、空売り機能がある取引所もありますが、これは取引所や第三者から現物を借りて市場で販売するものです。仮に市場価格が下落した場合は、そのビットコインを安い価格で買い戻して所有者に返し、価格変動による利益を得ることができます。ただし、マージンは発生しません。

ヘッジができる

CFDを利用して、暗号資産で保有しているポジションを守ることもできます。これは、一方のポジションの利益や損失が、他方のポジションの価値の変化によって相殺されるように取引を開始することです。CFDを使ってヘッジすることで、基礎となる暗号資産を所有することなくポジションを保証することができます。これにより、取引所の口座開設やデジタルウォレットの作成を気にすることなく、仮想通貨の価格に投機することができます。

例えば、2BTCを所有していて、この資産の価格は長期的には上昇すると考えているものの、短期的なボラティリティを懸念しているとします。この場合、保有しているBTCを売却するのではなく、CFD取引を行ってBTCをショートします。マイナスの価格変動が終われば、直接ヘッジを閉じることができ、得られた利益は保有している仮想通貨の損失を相殺するのに役立ちます。また、BTCの価格が上昇した場合は、保有している仮想通貨の利益によりBTC CFDで発生した損失を相殺することができます。

セキュリティ

仮想通貨の取引にはリスクが伴いますが、それは市場の変動によるものだけではありません。仮想通貨をCFDではなく直接取引する場合は、安全に保管されていることを確認する必要があります。ブローカーの口座では、自身の資金を安全に保管するために保険やその他の保護措置が講じられていますが、デジタル通貨取引所では同じことが必ずしも当てはまりません。また、CFDを利用して暗号資産を取引する場合、原資産を所有することはないため、安全性について心配する必要はありません。

柔軟性

取引所では、例えば、ビットコインをドルで売買したり、イーサリアムなどの別の仮想通貨と取引したりすることができます。取引所によって提供される取引ペアは異なるので、どの取引所を選ぶかは個人の好みの問題です。しかし、例えばドル建てで口座を開設した場合、米ドル対ビットコイン(USD/BTC)や米ドル対イーサリアム(USD/ETH)など、関連するペアしか取引できません。それに対して、ブローカーを利用する場合は、口座にお金を入金すると、入金した通貨に限らず、さまざまな取引ペアを利用することができます。

暗号資産をCFDで取引すると、取引日中はいつでもポジションを閉じることができます。つまり、数秒、数分、数時間と、好きなだけポジションを持つことができるのです。ポジションを一晩保持することも可能ですが、その場合は手数料がかかります。さらに、多くのブローカーは取引サイズに関して様々なオプションを提供しており、幅広い層のトレーダーが市場にアクセスできるようになっています。少額の取引でリスクを抑えつつ、投資戦略を試してみたいという初心者や気軽に取引するトレーダーもいます。

取引所を介して直接暗号資産を売買するには、取引所の口座と、資産を保管するためのデジタルウォレットを作成する必要があります。このプロセスには制限があり、時間がかかります。しかし、CFDで暗号資産を取引する場合は、原資産を所有しないため、これらの手続きは必要ありません。

*金などのコモディティに裏付けられていない、政府が発行する通貨。

暗号資産を取引するメリット

当サイトは、暗号資産を取引するベストな方法は、規制されたブローカー経由でCFDを使用することだと考えています。このセクションで説明するメリットとデメリットは、CFDに関するものです。

大きな利益の可能性

暗号市場は比較的新しい市場ですが、短期的な投機意欲が旺盛なため大きな変動があり、それがトレーダーにとって非常に魅力的な市場となっています。ボラティリティが高ければ高いほど、潜在的な利益は大きくなります。また、日中の急激な価格変動は、トレーダーにロングやショートの様々な投資機会を提供します。しかし、忘れてならないのは、リスク戦略を立てることが重要だということです。幸いなことに、CFDを利用する際には、そのような戦略を様々な形で実行することができます。

ロング/ショートができる

取引所経由で直接暗号資産を購入する場合、一般的には価値が上がることを期待して資産を前もって購入することになります。しかし、CFDで仮想通貨の価格を取引すると、価格が下落している市場と上昇している市場の両方を利用することができます。

レバレッジで利益の可能性を最大化

CFDを使って仮想通貨を取引することで、証拠金を使って取引し、原資産へのリスク許容度を高めることができます。仮想通貨の取引で得られる利益または損失は、ポジションが決済された時点で全額が反映されるため、証拠金取引では、比較的少ない投資額で大きな利益を得ることができます。

便利さと安心感

CFDを利用する場合は、仮想通貨を安全に保管する方法を心配する必要はありません。仮想通貨には、銀行口座にあるお金やブローカーを通じて行う投資のような保護機能はありません。そのため、仮想通貨にアクセスできなくなると、永久に消えてしまう可能性が高いのです。実際にビットコインの約20%が失われているという調査結果があります。

柔軟性

CFDを使用する場合、取引日中はいつでも暗号化ポジションを閉じることができます。つまり、秒単位、分単位、時間単位で好きなだけポジションを持つことができるのです。これは、仮想通貨のボラティリティが非常に高いことを考えると、重要な点です。

暗号資産の取引のデメリット

ボラティリティ

暗号資産の乱高下は、トレーダーに大きな利益をもたらす可能性を秘めていますが、その裏返しでもあります。幸いなことに、CFDで暗号資産を取引する場合は、空売りや空買い、損切りなどのポジションヘッジを行うことで、何らかの保険をかけることができます。

レバレッジ

レバレッジは暗号資産取引の利益の可能性を大きくする一方で、逆に大損するリスクも大きくなります。そのため、CFD取引を行う際には、レバレッジをかけたポジションの合計金額を考慮することが重要です。

過剰なリスクを負いやすい

CFDの取引コストはレバレッジにより低いため、投資家は安心感で、慎重な場合よりも多くの取引を行うことになりがちです。そのため、常に市場に過剰な投資をしてしまい、ポートフォリオ全体の損失を補填するには、残りの資本が不足することになります。複数のポジションで損失が出た場合、注意深くCFD取引をしないと、経済的に破滅する可能性があります。

所有権の欠如

これもCFDの特徴であり、メリットであると同時にデメリットでもあります。原資産を所有していないため、株式や債券のように一定期間ごとに収入が得られるといった所有者としてのメリットを得ることができません。例えば、株式のCFDを購入する際に、今後の配当を考慮したとしても、実際に株式を所有している場合の配当に比べれば、ほんのわずかな利益しか得られません。

時間経過によるメリットは限定的

以上のような点から、CFDは長期的な投資の選択肢ではなく、あくまでも短期的な取引戦略として捉えるべきです。翌日物調達金利だけで、ロングポジションを長期的に保有するコストは法外なものとなります。

相手方のリスク

これは、取引の相手方(CFDの場合はブローカー)が取引を不履行にするリスクに関係します。このようなリスクは、十分に規制された法的環境にある評判の良いブローカーを選ぶことで最小限に抑えることができますが、それでも見過ごすことはできません。

仮想通貨の取引ができる全ブローカー

これらは、当サイトがレビューした仮想通貨取引を提供する全ブローカーで、提供される仮想通貨ペアの数が多い順に並べたものです。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
最低デポジット額
暗号通貨ペア
FX通貨ペア数
Unlimited Demo Account
コピートレード
金融規制当局
Compare
Capital.com
4.68 /5
レビューを読む
USD 20477137 最高のFCA規制ブローカー最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカー
FBS
4.23 /5
レビューを読む
USD 110037 最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーFinancial Services Conduct AuthorityInternational Financial Services Commission
FxPro
4.29 /5
レビューを読む
USD 1003070 最高のCySEC規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority
OctaFX
4.12 /5
レビューを読む
USD 1003032 最高のCySEC規制ブローカーFinansinspektionenFinancial Services Authority – St. Vincent & the Grenadines
RoboForex
3.71 /5
レビューを読む
USD 102640 International Financial Services Commission
ThinkMarkets
4.18 /5
レビューを読む
USD 02146 Financial Services Conduct Authority最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーThe Seychelles Financial Services Authority最高のCySEC規制ブローカーFinancial Services Agency
AvaTrade
4.48 /5
レビューを読む
USD 1002055 最高のASIC規制ブローカーFinancial Services Conduct AuthorityBritish Virgin Islands Financial Services CommissionFinancial Services Agency最高のCySEC規制ブローカーCentral Bank of Ireland
HotForex
4.49 /5
レビューを読む
USD 1001953 最高のCySEC規制ブローカー最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct AuthorityDubai Financial Services AuthorityFinancial Services Commission
easyMarkets
3.98 /5
レビューを読む
USD 2517103 最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーThe Seychelles Financial Services Authority
LiteForex
4.07 /5
レビューを読む
USD 501656 最高のCySEC規制ブローカーFinancial Services Authority – St. Vincent & the Grenadines
NAGA
3.94 /5
レビューを読む
USD 2501547 最高のCySEC規制ブローカー
Weltrade
2.67 /5
レビューを読む
USD 251537 Financial Services Authority – St. Vincent & the Grenadines
Errante
3.83 /5
レビューを読む
USD 501450 最高のCySEC規制ブローカーThe Seychelles Financial Services Authority
Exness
4.12 /5
レビューを読む
USD 314100 Financial Services Conduct AuthorityThe Seychelles Financial Services AuthorityCapital Markets Authority
InstaForex
3.02 /5
レビューを読む
USD 112110 最高のCySEC規制ブローカーBritish Virgin Islands Financial Services Commission
Swissquote
3.70 /5
レビューを読む
USD 100012130 最高のFCA規制ブローカーBundesanstalt für FinanzdienstleistungsaufsichtFinansinspektionen
Trade.com
3.42 /5
レビューを読む
USD 1001255 最高のCySEC規制ブローカー最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority
NordFX
3.53 /5
レビューを読む
USD 101133 最高のCySEC規制ブローカーVanuatu
IG Markets
4.69 /5
レビューを読む
USD 01080 Financial Services Agency最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーCommodity Futures Trading Association
ACY Securities
4.08 /5
レビューを読む
USD 50963 最高のASIC規制ブローカーVanuatu
Fibo Group
3.50 /5
レビューを読む
USD 10000948 最高のCySEC規制ブローカーBundesanstalt für FinanzdienstleistungsaufsichtFinansinspektionenBritish Virgin Islands Financial Services CommissionFinancial Services Commission
FXCC
3.84 /5
レビューを読む
USD 0871 最高のCySEC規制ブローカー
Darwinex
3.52 /5
レビューを読む
USD 500540 最高のFCA規制ブローカー
Global Prime
4.19 /5
レビューを読む
AUD 200549 最高のASIC規制ブローカーThe Seychelles Financial Services AuthorityVanuatu
Go Markets
4.10 /5
レビューを読む
AUD 200549 最高のASIC規制ブローカー最高のCySEC規制ブローカーFinansinspektionen
IronFX
3.74 /5
レビューを読む
USD 100583 最高のCySEC規制ブローカー最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority
LegacyFX
3.49 /5
レビューを読む
USD 500441 最高のCySEC規制ブローカーVanuatu
TrioMarkets
3.64 /5
レビューを読む
USD 250463 最高のCySEC規制ブローカーFinancial Services Commission
Dukascopy
3.04 /5
レビューを読む
USD 100360 Swiss Financial Market Supervisory Authority
ETX Capital
4.07 /5
レビューを読む
GBP 100362 最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority最高のCySEC規制ブローカー
Fortrade
4.18 /5
レビューを読む
USD 100250 最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーInvestment Industry Regulatory Organization of Canada
IFC Markets
3.60 /5
レビューを読む
USD 5249 British Virgin Islands Financial Services Commission

暗号資産用語集

暗号資産の取引に挑戦する前に知っておくべき新しい用語は多岐にわたります。主なものは以下の通りです。

アルトコイン(Altcoin)

ビットコインではないあらゆる種類の暗号資産を指します。アルトコインは、ビットコインと類似する点がありますが、取引を検証するために異なるメカニズムを使用するなど、重要な点で異なる場合があります。

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインは、最初の暗号資産です。2009年1月、無名の作者、サトシ・ナカモトがジェネシスブロックをマイニングしたことで誕生しました。

現在、暗号市場全体の総資産価値は約2兆米ドルと推定されています。小規模なトレーダーや投資家の関心は、ビットコインの価格が1コインあたり2万米ドルに達した2017年に高まりました。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインの「フォーク」(後述)として誕生したピアツーピアの暗号資産です。ビットコインは変動が激しくて通貨としては使えないとされていますが、ビットコインキャッシュは取引を目的としています。

ブロック

ブロックとは、ビットコインのネットワークに関するデータを永久に記録する場所です。ブロックには、ネットワーク上で行われた有効な取引の記録が含まれているため、ブロックは事実上、台帳や記録簿のページのようなものです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、デジタル形式の記録管理であり、仮想通貨の基礎となる技術です。ブロックチェーンは、システムの変更やハッキング、不正行為が困難または不可能になるように設計された、情報を記録するシステムです。ブロックチェーンは、互いに積み重なる連続したブロックで構成されており、永続的で変更不可能な取引台帳を作成します。

コイン

コインとは、他のブロックチェーンやプラットフォームに依存しない、暗号化されたデジタル通貨のことです。コインは、単一の通貨単位として、現在の市場状況に応じて合意された価値で取引することができます。ビットコインのように、ネットワークとコインの両方に同じ名前をつけているブロックチェーンもあります。

コインベース(Coinbase)

コインベースは、デジタル通貨の売買、移転、保管のための安全なオンラインプラットフォームを提供する取引所です。2021年4月には、コインベースはNASDAQに上場した初の暗号資産取引所となりました。

コールドウォレット/ハードウェアウォレット/コールドストレージ

コールドウォレットは、ハードウェアウォレットやコールドストレージとも呼ばれ、暗号資産をオフラインで安全に保管するための物理的な端末です。多くはUSBメモリのような形をしています。

暗号資産

暗号資産とは、ブロックチェーン技術に基づいた分散型のデジタルマネーです。最も有名な暗号資産はビットコインとイーサリアムですが、5000種類以上の暗号資産が流通しています。暗号資産は、物の売買、長期的な価値の保存、投機的な目的に使用することができます。

分散化

ブロックチェーン技術において、分散化とは、制御と意思決定を中央機関から分散したネットワークに移すことであり、参加者が互いに必要な信頼レベルを下げることです。また、ある団体が他の団体に対して権限や支配力を行使することもできなくなります。ブロックチェーンでは、操作や変更を行うには、すべてのユーザーの過半数の承認が必要です。

分散型金融(DeFi)

DeFiは、銀行や政府などの仲介者を介さずに、ブロックチェーン上の自動化されたプロトコルとステーブルコイン(後述)を使って、資金移動を促進する金融サービスを提供することを目指しています。

分散型アプリケーション(Dapps)

分散型アプリケーションとは、ブロックチェーン上で動作するプログラムであるスマートコントラクトと、フロントエンドのユーザーインターフェースを組み合わせた、分散型ネットワーク上に構築されるアプリケーションのことです。ダップ開発の大部分はイーサリアムのブロックチェーン上で行われています。Dappsにより、ユーザーが仲介者なしで相互に取引を行うことができます。

デジタルゴールド

この言葉には2つの意味があります。1つは、金の単位に基づいたデジタルマネーの一形態です。しかし、供給量が限られており、困ったときの避難所として、あるいは価値の保存やインフレ対策として機能するなど、実物の金の特徴の一部を持っているため、暗号資産がデジタルゴールドと呼ばれることもよくあります。

イーサリアム(Ethereum)

取引量で第2位の仮想通貨であるイーサリアムは、スマートコントラクトの使用や、分散型アプリ(「dapps」)の作成を容易にする、ブロックチェーンベースの分散型プラットフォームです。また、イーサ(ETH)と呼ばれる固有の仮想通貨も持っています。

取引所

取引所とは、暗号資産を売買することができるデジタルマーケットです。

フォーク

フォークは、ブロックチェーンのユーザーがブロックチェーンのルール(プロトコルと呼ばれる)に変更を加えたときに発生します。その結果、古いルールに従うブロックチェーンと、前のブロックチェーンから分岐した新しいブロックチェーンの2つの道ができることが多いです。

ガス代

ガス代とは、イーサリアムのブロックチェーンプラットフォーム上で取引や契約を正常に行うために支払わなければならない料金のことです。

ジェネシスブロック

ジェネシスブロックとは、これまでに作られた仮想通貨の最初のブロックのことです。

HODL

この言葉は、「Hold On for Dear Life(買い持ちする)」という意味に解釈されることが多くあります。2013年にオンラインのビットコインフォーラムでユーザーがタイプミスをしたことに端を発し、仮想通貨が長期的に価値が上がると信じて買い持ちする投資戦略を指します。

ハルビング

ハルビングとは、ビットコインの供給量をコントロールする方法です(米ドルのような法定通貨は、基本的に供給量が無制限で、政府が通貨を印刷しすぎると価値がなくなるのとは対照的です)。ハルビングを行うと、新たに流通する単位の数が半分になります。ビットコインが最後にハルビングを行ったのは2020年5月11日で、次のハルビングは2024年と予想されています。

ハッシュ

ハッシュとは、任意の長さのデータレコードから固定された長さの文字列を生成する関数です。データレコードとは、単語、文章、より長いテキスト、またはファイル全体を指します。ハッシュは、セキュリティ目的で使用され、暗号化セキュリティの基幹を構成します。

ホットウォレット

ホットウォレットとは、インターネットに接続され、コンピューターや携帯電話からアクセスできる仮想通貨の保管形態のことです。ホットウォレットはオンラインであるため、オフラインのウォレット(コールドウォレットとも呼ばれる。上記参照)よりもハッキングやサイバーセキュリティの攻撃を受けやすくなります。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)

イニシャル・コイン・オファリングとは、新しい仮想通貨プロジェクトの資金を調達する方法です。ICOは、新規株式公開(IPO)に似ています。

時価総額

仮想通貨の時価総額は、マイニングされたすべてのコインの価値の合計です。これは、現在のコイン数に各コインの現在の価値を乗じて算出されます。

マイニング

マイニングとは、新しい仮想通貨のコインを作成し、ユーザー間の取引のログを維持するプロセスのことです。

ノード

ノードとは、ブロックチェーンネットワークに接続するコンピュータのことです。

非代替性トークン(NFT)

「非代替性」とは、唯一無二で他のもので代替できないものについて言います。NFTは、それぞれを区別する固有の識別コードやメタデータを持っており、暗号資産とは異なり、取引や等価取引ができません。

NFTは、イーサリアムのブロックチェーン上で保有されることが多くあります。NFTは、美術品や不動産などの現実世界のアイテムを表すのに使用されます。NFTは、鋳造と呼ばれるプロセスで作成され、一度鋳造されると削除や編集ができません。NFTの価値は主観的なものであるため、通常はデジタルマーケットプレイスのオークションで発行されます。

ピアツーピア(Peer-to-peer)

「ピアツーピア」とは、第三者や仲介者を介さずに2人のユーザーが直接やりとりすることを指します。ピアツーピア・プラットフォームとは、個人同士が直接やりとりできる分散型のプラットフォームのことです。

パブリックキー

パブリックキーとは、当事者間の取引を促進するために使用される固有の暗号コードです。これにより、ユーザーが自分の口座で仮想通貨を受け取ることができます。これは、事実上ウォレットのアドレスであり、銀行口座番号に似ています。これは他のユーザーに公開でき、パブリックキーにより他のユーザーが送金できるようになります。

プライベートキー

プライベートキーは、暗号化された非常に大きなコードで、仮想通貨に直接アクセスすることができます。銀行口座のパスワードと同じように、決して人に教えてはいけません。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンに格納されたプログラムで、所定の条件を満たすと実行されるものです。スマートコントラクトは、通常、契約の実行を自動化するために使用されます。これにより、すべての参加者は、仲介者の関与や時間のロスなく、すぐに結果を確かめることができます。また、所定の条件が満たされたときに次のアクションを起こすようにワークフローを自動化することもできます。

ステーブルコイン/デジタル法定通貨

ステーブルコインとは、米ドルや金などの「安定した」基軸資産にペッグされたデジタル通貨のことです。ステーブルコインは、ビットコインなどのペッグされていない仮想通貨と比較して、ボラティリティを低減するように設計されています。また、デジタル法定通貨とも呼ばれています。

トークン

「トークン」という言葉にはいくつかの意味があります。仮想通貨の別称として、あるいはビットコインやイーサリアム以外のすべての暗号資産を表す言葉として、あるいは暗号ブロックチェーン上で稼働する特定のデジタル資産の名称として使われます。トークンには、分散型取引所の実現に貢献したり、ビデオゲームのレアアイテムを販売したりと、さまざまな機能があります。しかし、これらはすべて、他の仮想通貨と同様に取引したり保有したりすることができます。

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)

ヴィタリック・ブテリン氏は、2015年にEthereumを考案したプログラマーです。

ウォレット

ウォレットとは、保有する仮想通貨を保管する場所のことです。多くの取引所がデジタルウォレットを提供しています。ウォレットには、ホット(オンライン、ソフトウェアベース)とコールド(オフライン、通常は端末上)があります。

仮想通貨資産:暗号資産の取引方法

他の通貨を取引するときと同様に、暗号資産は米ドルなどの法定紙幣とのペア、または他の暗号資産とのペアで取引します。例えば、ビットコインをユーロ(BTC/EUR)やイーサリアム(BTC/ETH)と取引することができます。

米ドルは世界的に最も取引されている法定通貨であり、BTC/USD(BTCが基準通貨)は最も人気のある暗号資産・法定通貨ペアです。例えば、BTC/USDのペアの価格が40,000の場合、1ビットコインを購入するには40,000米ドルが必要です。ブローカーのAvaTradeによると、このペアは仮想通貨市場の実質的な金本位制としての役割を果たしており、事実上の暗号市場全体の価格の方向性の手がかりとなっています。

暗号資産をドルやユーロなどの主要通貨に対して取引するメリットは、これらが比較的流動性の高い市場であるため、取引の買い手と売り手がかなり見つけやすいことです。つまり、このような市場は他のペア(暗号資産同士のペアなど)に比べて変動が少なく、スプレッドも狭くなる傾向にあります。

よくある質問

暗号資産取引は儲かる?

すべての取引がそうであるように、市場の正しい側につけば、利益を得ることができます。しかし仮想通貨取引では、市場の不利な側に属していると、短期間で大金を失うことになります。

仮想通貨市場は非常に変動が激しく、毎日のように20%、30%、50%の変動があることも珍しくありません。デイトレードをしている場合、短期的な変動をうまく利用できれば、大きな利益につながります。

暗号資産取引は安全?

仮想通貨の取引は、非常にリスクの高い市場です。これは、市場に長い歴史がないため、参考にできる過去の市場行動がないということもありますが、それだけではなく、法定紙幣のような監視やコントロールがないということもあります。このようにコントロールがないため、市場は予測不可能な資産として取引されています。

仮想通貨CFD取引も、ブローカー次第で安全性が変わります。暗号資産CFDを取引するブローカーを探す際には、法定通貨の場合と同じルールが適用されます。十分に規制されていて、口座の選択肢、取引条件、評判が適切なブローカーを見つけることが、取引の安全性の鍵となります。

仮想通貨はいつ取引できる?

実際の仮想通貨取引所は存在せず、すべての取引はブローカーを相手方として使用するため、仮想通貨は24時間365日取引が可能です。暗号資産CFDは、週7日、年に365日、1日24時間取引できる唯一の資産であり、金融の世界では非常に珍しいことです。

一方、株式市場は1日8時間、週5日稼動しており、FX市場は週末に取引が停止されます。

24時間365日オープン市場の最大のメリットは、いつでも仮想通貨を売買できるため、すべてのトレーダーがアクセスできることです。

暗号資産取引で得た利益は課税対象になる?

他の定期的な収入と同様に、仮想通貨取引も課税対象となります。しかし、仮想通貨市場はまだ比較的新しい市場であり、そのため、法律的にも曖昧な部分が多くあります。

仮想通貨を取引する場合は、税金の影響に注意する必要があります。どこに住んでいようと、仮想通貨に多額の資金を投資している場合は、法律上の問題や税金に関しては、常にファイナンシャルアドバイザーの指導を受けるべきです。

FXのリスク免責事項

FXとCFDの取引は、資本に高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。個人投資家の75〜90%は、これらの商品の取引で損失を出しています。

FXとCFDの取引は、過剰なレバレッジ、予測不可能な市場のボラティリティ、流動性の欠如から生じるスリッページ、不十分な取引知識または経験、クライアントに対する規制保護の欠如といった要因により、高いリスクを伴います。

トレーダーは自由に使えるお金以外を入金すべきではありません。どれだけの研究を行ったか、あるいは自分の取引にどれだけ自信があるかに関係なく、FXには常にかなりの損失リスクがあります。(FCAまたはASICより詳細をご覧ください)

当社の方法論

当社の市場状況レポートブローカーディレクトリは、100を超えるFXブローカーに関する広範な調査の結果です。これらのリソースの明確な目標は、トレーダーが最高のFXブローカーを見つけて最悪のブローカーを遠ざける手助けをし、正確な最新情報を提供することです。

各ブローカーに150以上のデータ要素と、3000時間以上の研究とレビューの執筆により、私たちは目標を達成したと考えています。

取引条件やカスタマーサポートは世界中のお住まいの地域によって異なる可能性があるので、ブローカーレビューは地域のトレーダーに焦点を当て、これらのブローカーに関する情報を読者目線で提供します。

すべての研究は社内の研究者とライターのチームによって行われ、さまざまな会社の代表者、ウェブサイトから情報を収集し、小さな活字をふるいにかけています。ブローカーのランク付けについての詳細をご覧ください。

 

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>