FxScoutsは2019年以来、日本で最も信頼されるFXブローカーレビューサイトです。これまでに100以上のブローカーレビューを書いており、正確性を維持するために常にブローカーをチェックした上でブローカーをレビューしています。当サイトのブローカーのレビュー方法をご覧いただけます。

レビューしている商品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取ることがあります。詳しくは、広告開示をご覧ください。

編集者編集者: Vanessa Marcos更新日: 1月 12, 2024

最終更新日: 1月 12, 2024

Alison Heyerdahl

ボラティリティ75インデックスまたはVIXは、株式市場のボラティリティを測定します。このインデックスはよく「恐怖指数」とも呼ばれ、米国の主要株で構成されるS&P500指数の、プロの投資家が想定する今後30日間のボラティリティの程度を測定します。VIXは株式市場と強い負の相関関係があるため、トレーダーの間で人気の金融商品となっており、株価下落に対するヘッジや純粋な投機目的で利用されています。

当社のVIXガイドでは、VIXの算出方法、リスク管理戦略の一環としてのVIXの利用方法、VIXのCFD取引のメリットとデメリット、そしてVIX取引に適したFX会社を説明します。  当社のチームは、あらゆる価格帯と特徴のある180以上のCFD取引の可能な業者を徹底的に調査・テストし、VIX取引ができる高評価のFX会社を紹介しています。

  • AvaTrade - MT4とMT5でVIXをトレード
  • HFM - マイクロ口座でのVIX取引
  • XTB - 低コストのVIX取引
  • IC Markets - VIX先物取引
  • Admirals - 低VIX取引コストで規制が充実
  • IG - VIXとその他19,200の商品を取引
詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
ブローカースコア
公式サイト
VIX 75 Index
最低デポジット額
最大レバレッジ
トレード費用
取引プラットフォーム
初心者に適しているか
金融規制当局
比較
AvaTrade
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 100
400:1
USD 9
エクセレント
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
最高のCySEC規制ブローカー
Financial Services Agency
Central Bank of Ireland
Financial Regulatory Services Authority
Israel Securities Authority
HFM (HotForex)
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 100
500:1
USD 10
HFM Trading App
エクセレント
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
Dubai Financial Services Authority
Financial Services Commission
The Seychelles Financial Services Authority
XTB
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 0
30:1
USD 7
xStation5
エクセレント
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
Dubai Financial Services Authority
International Financial Services Commission
Komisja Nadzoru Finansowego
IC Markets
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 200
30:1
USD 8
TradingView
エクセレント
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
The Seychelles Financial Services Authority
Securities Commission of the Bahamas
Admirals
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 25
30:1
USD 8
MT Supreme
エクセレント
最高のASIC規制ブローカー
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
Jordan Securities Commission
Finantsinspektsioon (Estonian Financial Supervision and Resolution Authority)
IG
公式サイトへ >
個人投資家のCFD口座の67%が損失を出しています
USD 0
30:1
USD 6
L2 Dealer
ProRealTime
エクセレント
Financial Services Agency
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Commodity Futures Trading Association

ボラティリティ75インデックス(VIX)とは?

VIXは世界市場で最も注目されているボラティリティインデックスです。S&P500の予想ボラティリティを測定するものですが、米国株式市場全体の自信のバロメーターでもあります。VIXは株式市場そのものではなく、S&P500オプションの原資産価格を追跡して算出されるため、S&P500の30日間のボラティリティを推定できます。

VIXの数値が30を上回ると、ボラティリティの高さが予想され、投資家が市場の方向性に懸念を抱いていることを意味します。反対に、VIXの数値が30を下回ることは、投資家が市場の先行きに総じて自信を持っていることを示唆します。2020年3月、新型コロナウイルスの流行拡大の発生が世界経済に与える影響が懸念される中、VIXは82.69と過去最高水準まで急上昇し、株式市場は世界中で暴落しました。

ボラティリティの高い時期には、投資家は株式を売り、米国債や金などの不確実な時期により安定的とされる「安全」資産を買う傾向があります。VIXの高い数値は通常、株式市場のパフォーマンスの低下と関連しているため、VIXは市場のヘッジやショートを狙うトレーダーにとって有用なツールとなります。VIXはCFDとしても取引できますが、すべてのFX会社で取引できるわけではありません。 

VIXの取引に最適なFX会社の選び方

VIXは、オンラインのCFD FX会社が提供する金融商品のインデックス資産クラスの一部です。当社にはCFD FX会社の評価を専門とする経験豊富なレビューチームがありますので、トレーダーが各社を評価する必要はありません。当社の専門家チームは、200以上の個別指標を使用して、7つの異なる分野で各FX会社を綿密に調査しています。毎年数百時間を投資してFX会社を調査・精査し、最高評価のFX会社のみを推奨するようにしています。

これらの7つの評価分野のうち、常に優先しているのは規制とコストです。FX会社が信頼でき、支払うコストが正当であることはトレーダーにとって重要な要素です。FX会社では常に提供される金融商品が変更されるため、当社のレビューは常に最新データに更新されています。詳細は、当社の詳細なレビュープロセスをご覧ください。

AvaTrade – MT4とMT5でVIXをトレード

ブローカースコア
4.594.59 / 5
🏦  最低デポジット額USD 100
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 9
⚖️  最大レバレッジ400:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

高評価のFX会社の1つであるAvaTradeは、低コストで出金手数料が無料、優れたデザインのモバイルトレードアプリのある信頼できるFX会社を求めるトレーダーに向いています。AvaTradeの最低入金額は100米ドルと最安値ではありませんが、ほとんどの初心者には十分な低額です。AvaTradeは、世界一流の教材や市場分析資料とともに、業界で最高の取引ツールを提供しています。

AvaTradeでは、VIXが短期先物ETNとして提供され、標準的なスプレッドは1.5で、このリスト内ではほぼ平均的です。MT4とMT5の両方で利用できるAvaTradeのVIX ETNは、最大レバレッジが20:1で、このリスト内の他のFX会社よりも低く、米ドル口座でのみ利用できます。AvaTradeでのVIX取引は、ETN(ETFに似ていますが、株式のバスケットを保有するのではなく、満期日のある負債商品のETNを保有します)として、月曜日〜金曜日の08:00 – 17:00(東部標準時)のみ可能です。

長所
  • ASICとCBIなどからのライセンスを取得したトップティアの規制とセキュリティ
  • 100米ドルの低い最低預金でアクセス可能な取引
  • 「ソーシャルトレーディング機能を備えた、受賞歴のあるAvaTradeGOアプリによるモバイル取引」
  • バニラオプションなどのユニークな金融商品を含む幅広い資産
  • トレーダーの成長をサポートし、戦略の向上を支援する教育資料
短所
  • 市場分析はもっと広範囲になるかもしれません。
  • Poor regulatory oversight outside of the UK and EU
  • アバトレードはマーケットメーカーであり、取引デスクを運営しており、すべての取引の選好と一致しない可能性があります。
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.90ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。AvaTrade Groupは、ASIC、FSCA、B.V.I FSC、FSAの規制を受けています。

HFM – マイクロ口座でのVIX取引

ブローカースコア
4.534.53 / 5
🏦  最低デポジット額USD 100
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 10
⚖️  最大レバレッジ500:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

HFMは、迅速で無料の入出金と低コストの取引口座が素晴らしいオールラウンドなFX会社です。HFMは、独自の新しいHFMトレードアプリに加えて、MT4とMT5プラットフォームをサポートしています。また、無料のAutochartistなど、トレーダーをサポートする優れた取引ツールも備えています。

このリスト内の他のほとんどのFX会社と同様に、HFMはインデックスCFDとしてVIX取引を提供しています。HFMのVIXの典型的なスプレッドは0.14で、他のFX会社と比較してほぼ平均的であり、最大レバレッジは100:1です。中でも最低入金額5米ドルの初心者向けのマイクロ口座がおすすめで、VIXはここでも利用できます。マイクロ口座でVIXを取引する際の唯一の制限は、最大契約サイズが7ロットである点です。プレミアム口座とゼロ口座では60ロットです。

長所
  • 低い最低預金額
  • 狭いスプレッド
  • 十分規制済み
  • 幅広い口座
短所
  • 限定的な基本通貨
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.10ピップ。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。HF Markets Groupは、FSCA、FCA、FSC、CySEC、DFSAの規制を受けています。

XTB – 低コストのVIX取引

ブローカースコア
4.394.39 / 5
🏦  最低デポジット額USD 0
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 7
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

規制の厳しいFX会社であるXTBは、商品の選択肢が幅広く、取引手数料が低く、トップクラスの教材があり、市場分析が優れたFX会社を探しているトレーダーにとって魅力的です。XTBのxStation 5取引プラットフォームには、ワンクリック取引、複数の注文種類、価格アラート、リアルタイムのパフォーマンス統計など、MetaTrader 4に見られる多くの取引機能だけでなく、市場分析と教材も備わっています。初心者にも使いやすく、ブラウザやiOS、アンドロイドのスマホアプリで使用できます。

XTBでのVIX取引は、最低スプレッドが0.11と、他のFX会社と比べて非常に低コストです。しかし、このレビューに際して確認したスプレッドは0.15で、XTBの目標スプレッドは0.20となっていました。XTBのVIX取引レバレッジは67:1で、このリスト内の他のFX会社より低くなっています。しかし、XTBの主な魅力が直感的なデザインと幅広いツールや機能を備えたxStation 5プラットフォームであることに変わりはありません。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 低い最低預金額
  • 初心者にぴったり
短所
  • 限定的なプラットフォームの選択
Alert日本のトレーダーはご利用いただけません。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.70ピップス。最大レバレッジは30:1。イスラム口座の利用可。xStation5プラットフォームサポートあり。XTB Groupは、CySEC、DFSA、FCA、IFSCの規制を受けています。

IC Markets – VIX先物取引

ブローカースコア
4.564.56 / 5
🏦  最低デポジット額USD 200
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 8
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

優れたオールラウンドFX会社であるIC Marketsは、2007年にオーストラリアで設立され、世界で最も厳しい規制当局のライセンスを取得しています。IC Marketsは、その低い取引コスト、取引プラットフォームの選択肢、幅広い取引ツールで有名です。また、どのFX会社よりも優れた教材を提供しています。

IC Marketsは、インデックスの代わりにVIXを先物CFDとして提供しています。すべてのIC Marketsの先物CFDは、原資産である先物市場から直接価格が設定され、手数料、融資手数料、配当調整はすべてスプレッドに組み込まれています。IC Marketsの先物CFDは、原市場の契約満期の2営業日前に期限が切れるように設定されているのでご注意ください。先物CFDは複雑なので、その仕組みを理解してから取引しましょう。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 幅広い資産
  • 豊富なプラットフォームの選択
短所
  • 高い最低預金額
  • 限定的な市場分析
Alert日本のトレーダーはご利用いただけません。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.02ピップス、往復7米ドルのコミッションあり。最大レバレッジは30:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTraderプラットフォームサポートあり。IC Marketsは、CySECとASICの規制を受けています。

Admirals – 低VIX取引コストで規制が充実

ブローカースコア
4.284.28 / 5
🏦  最低デポジット額USD 25
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 8
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

信頼できるグローバルなオンラインFX会社である Admirals は、トレーダーに理想的な取引環境を提供することに注力しています。Admiralsでは、MT4 と MT5 の取引プラットフォームが利用でき、最低入金額が低い4つのライブ口座の取引条件も優れています。

Admiralsでは、30日満期の10米ドル先物契約CFDとしてのみVIXを取引できます。スプレッドは平均0.1と低いですが、レバレッジは10:1に制限されています。ほとんどの先物CFDと同様に、VIXはMT5プラットフォームでのみ利用できます。先物CFDは複雑なので、その仕組みを理解してから取引しましょう。

長所
  • 十分規制済み
  • 優れた教育
  • 幅広い資産
短所
  • 費用のかかる出金
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。

IG – VIXとその他19,200の商品を取引

ブローカースコア
4.694.69 / 5
🏦  最低デポジット額USD 0
🛡️  金融ライセンス
💵  取引コスト 
USD 6
⚖️  最大レバレッジ30:1
💹  コピートレード
🖥️  プラットフォーム
💱  取引商品 

IGは世界最大級のCFD FX会社で、320,000人のトレーダーが利用しており、19,200以上のCFDが取引できます。IGには最低入金額要件がなく、低コストの取引口座が2つあります。コモディティ、インデックス、暗号資産、16,000以上の株式とETF、オプション、金利、債券などが取引できます。すべてのCFDは、賞を受賞したIG独自のアプリとウェブトレーダープラットフォームでアクセスできます。

これほど多くのCFDラインナップを持つIGで、VIXをインデックスCFDとして取引できるのは当然でしょう。レバレッジは5:1と他のFX会社よりはるかに低く、スプレッドは0.2からほとんど変わらず、他社と比べると比較的高い水準です。IGは、VIXインデックスの価格を他のインデックス市場とは異なる方法で算出しているため、ご注意ください。IGでは、最も近い2つの先物契約が最も流動性の高い市場である傾向があるため、その先物契約の間の価格が形成されます。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 豊富なプラットフォームの選択
  • 優れた教育
  • 優れた市場分析
短所
  • 高い最低預金額
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.85ピップス。最大レバレッジは30:1。イスラム口座の利用可。 MT4、ProRealTime、L2 Dealerプラットフォームサポートあり。IG Marketsは、FCA、ASIC、FSCAの規制を受けています。

VIXを取引する理由

S&P500やFTSEのような株価インデックスとは異なり、VIXはボラティリティインデックスです。VIXは市場が不安定になると上昇する傾向があります。逆にVIXが下がれば、市場が安定し、S&P500が上昇します。

トレーダーは多くの場合、VIXを市場の下落に対するポートフォリオのヘッジとして使います。例えば、米国企業の株式をロングで保有していて、市場が下降した場合に潜在的な損失を相殺したい場合に、VIXを購入します。VIXのロングポジションを取ることで、保有資産の下落率のバランスを取り、市場のエクスポージャーをヘッジできる可能性があります。VIXは他の資産クラスと負の相関を示すため、全体的なリスクを減らし、リターンを増やすことがあります。

また、VIXをヘッジとして使うのではなく、VIX自体の方向性に投機するトレーダーも存在します。市場のボラティリティに対する見通しによって、VIX先物やオプションCFDでロングやショートのポジションを取ることもあります。

ボラティリティ取引の仕組み

VIXを取引する前に、ボラティリティ取引が標準的なCFD取引とどのように異なるかを理解する必要があります。ボラティリティとは、価格そのものの指標ではなく、資産価格(この場合は、今後30日間のS&P500指数の予想される動き)の動きの指標です。そのためボラティリティ取引では、変化の方向に注目するのではなく、市場がどの程度動くか、そしてその動きがどの程度の頻度で起こるかを推測します。

前述の通り、VIXとS&P500は強い負の相関関係にあります。つまり、VIXが上昇すればS&P500は下落し、VIXが下落すればS&P500は上昇する可能性が高いです。

VIXをロングするかショートするか

VIXでポジションを開く場合、ロングポジションかショートポジションのどちらかを取ります。ボラティリティが上昇すると思えばロングポジションを取り、ボラティリティが低下すると思えばショートポジションを取ります。VIXとS&P500の間には強い負の相関関係がありますが、ボラティリティトレーダーはS&P500の価格が上昇するか下落するかには関心がありません。

VIXのロングポジション

トレーダーがVIXのロングポジションを選択することが多いのは、市場に多くの不確実性と恐怖が存在する金融不安の時です。例えば、VIXが82.7%のボラティリティを記録した新型コロナウイルスの流行拡大の初期にVIXのロング(買い)ポジションをとっていれば、かなりの利益を得ることができたでしょう。

VIXのショートポジション

トレーダーがショートポジションを取るのは、ボラティリティが低い時であり、一般的にはS&P500が値上がりすると予想される時です。通常は、低金利と経済成長によりS&P500の株価が着実に上昇するため、トレーダーはこのような状況下でボラティリティが低い状態が継続すると予期してVIXを空売りします。しかし、ボラティリティが急上昇すると損失が大きくなる可能性があるため、VIXを空売りするのはリスクが高いです。

VIXのCFD取引のメリットとリスク

VIXのCFD取引のメリット

VIXを取引することで、トレーダーはS&P500指数の予想変動率から利益を得ることができます。また、他にも次のような多くのメリットがあります。

  1. 簡単なアクセスと柔軟性:トレーダーはFX会社に口座開設し、比較的少額の資金があればVIXをCFDで取引できます。トレーダーは取引時間中いつでもポジションをオープン・クローズでき、取引額も選択できます。

  2. ロング・ショート: VIXの値動きには双方向で投機できます。トレーダーは通常、市場の不確実性が高まるとVIXインデックスを買います(ロングします)。同様に、投資家の市場への自信が回復すると、ボラティリティが低下する可能性が高いので、VIXインデックスを売る(ショートする)と利益を得られる可能性があります。

  3. レバレッジ:VIXを取引できるCFD FX会社では、レバレッジを使用できます。つまり、VIX先物やオプションを直接取引する場合よりも少ない初期投資額で取引できます。潜在的なリターンは大きくなりますが、潜在的な損失も拡大する可能性があるため、レバレッジを使用する際はリスクを慎重に管理することが重要です。

  4. 低コスト:VIXのCFD取引は、取引手数料が低く、信用取引に伴う貸し出し費用を支払う必要がないため、VIX先物やオプションを取引するよりもコストを抑えられる可能性があります。ただし、オーバーナイトスワップ手数料など、CFD取引に関連する他のコストが発生する可能性に留意しましょう。

  5. 多様なトレード戦略:VIXのCFD取引は、ボラティリティの急上昇への投機、市場の下落に対するヘッジ、市場の非効率性を利用するなど、さまざまなトレード戦略で利用できます。

VIX75をCFD取引するデメリットとリスク

CFDを利用してVIX 75を取引することには大きなメリットがある一方、こうした複雑な金融商品を取引する前に知っておくべきリスクもかなりあります。

  1. レバレッジ:レバレッジを使って取引する場合、基本的にはFX会社から資金を借りて、より大きなポジションをとります。レバレッジにより利益が増加する可能性がある一方で、損失リスクも増加します。市場が不利に動いた場合、損失が大幅に拡大する可能性があります。
  2. 常に市場の動きを注視:ポジションが変化する可能性に常に注意を払わなければなりません。ニュース発表やその他の経済イベントによりボラティリティが著しく高まり、価格が急変して口座残高が急速に変動することがあります。VIXのショートポジションを取っている場合は特に注意が必要です。
  3. リスクを取りすぎる:VIXの取引コストはレバレッジによって低く抑えられているため、トレーダーはその安心感によって慎重さを高い取引ポジションを取りやすくなります。
  4. 流動性が低い:VIXのCFD取引は、主要通貨ペアや株価インデックスなどの他の金融商品と比べて流動性が低くなっています。そのため、ビッド・アスク・スプレッドが広がり、スリッページが発生し、希望する価格での取引執行が難しいことがあります。

ボラティリティ75インデックスの取引におけるCFD FX会社の役割

FX会社はVIXの取引を促進する役割を担っています。FX会社はトレーダーと取引所の仲介役として、トレーダーに代わって取引を執行します。市場トレンドの分析、取引の発注、取引口座の管理に必要なプラットフォーム、ツール、リソースをトレーダーに提供します。

FX会社は、トレーダーにレバレッジも提供するので、少額の資金でより大きな取引ポジションから利益を得ることができます。教材リソースやトレーダーサポートなどの他のサービスも受けられることがあります。

ボラティリティ75インデックスの取引においてFX会社を選択する際の重要事項

VIXを取引するFX会社を選ぶ際には、留意すべき重要な点がいくつかあります。

  1. 規制:FX会社が合法で信頼できることの確認が必要です。評判の良いFX会社は、英国の金融行動監視機構(FCA)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、キプロス証券取引委員会(CySEC)などの金融当局によって規制されています。あなたの利用するFX会社が規制ライセンスを持っていることとライセンスが有効であることを規制当局に確認してください。
  2. 取引プラットフォーム:様々な安定した使いやすい取引プラットフォームが利用できるFX会社を選びましょう。取引プラットフォームでは、テクニカル指標、リスク管理ツール、各種チャートツールなどの便利な機能が必要です。サードパーティのプラットフォーム、メタトレーダー4メタトレーダー5cTraderはほとんどのFX会社で利用できます。こうしたプラットフォームは、トレーダーが他のFX会社に移行する際に設定をカスタマイズして保存できるため、トレーダーの間で人気があります。
  3. 取引手数料:取引手数料には、スプレッド、コミッション、オーバーナイトスワップ手数料が含まれます。これらの手数料は収益性に大きな影響を与える可能性があるため、スプレッドとコミッションが良心的なFX会社を選択しましょう。
  4. レバレッジ:ボラティリティ 75 インデックスの取引に柔軟なレバレッジオプションを提供するFX会社を選びましょう。レバレッジは利益を拡大する一方でリスクを増加させる可能性があるため、リスク選好度とトレード戦略に合ったレバレッジレベルの選択が必要です。
  5. トレーダーサポート:ライブチャット、メール、電話などの様々な連絡手段で優れたトレーダーサポートを提供するFX会社を選びましょう。トレーダーがいつでもFX会社に連絡でき、迅速に役立つサポートを受けられるべきです。
  6. 教材と研究:トレーダーがスキルを向上させ、市場トレンドについて常に情報が得られるよう、教材リソースや研究資料を提供するFX会社を選びましょう。これには、ウェビナー、チュートリアル、市場分析、取引シグナルなどが含まれます。
  7. 入出金方法:銀行振込、クレジットカード・デビットカード、電子ウォレットなどの便利で安全な入出金方法を提供するFX会社を選びましょう。FX会社の出金ポリシーと処理時間も確認する必要があります。

リスク管理ツールとしてのVIX75の利用

VIXはリスク管理ツールとしても利用できます。VIXはインプライドボラティリティ(IV:予想変動率)の水準の指標となるため、取引額の決定に役立ちます。ボラティリティが高い(VIXの水準が高い)時期にはロットサイズを小さくするのが賢明であり、逆にボラティリティが低い(VIXの水準が低い)時期にはロットサイズを大きくすると良いでしょう。

FXのリスク免責事項

FXとCFDの取引は、資本に高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。個人投資家の75〜90%は、これらの商品の取引で損失を出しています。

FXとCFDの取引は、過剰なレバレッジ、予測不可能な市場のボラティリティ、流動性の欠如から生じるスリッページ、不十分な取引知識または経験、クライアントに対する規制保護の欠如といった要因により、高いリスクを伴います。

トレーダーは自由に使えるお金以外を入金すべきではありません。どれだけの研究を行ったか、あるいは自分の取引にどれだけ自信があるかに関係なく、FXには常にかなりの損失リスクがあります。(FCAまたはASICより詳細をご覧ください)

当社の方法論

当社の市場状況レポートブローカーディレクトリは、180を超えるFXブローカーに関する広範な調査の結果です。これらのリソースの明確な目標は、トレーダーが最高のFXブローカーを見つけて最悪のブローカーを遠ざける手助けをし、正確な最新情報を提供することです。

各ブローカーに200以上のデータ要素と、3000時間以上の研究とレビューの執筆により、私たちは目標を達成したと考えています。

取引条件やカスタマーサポートは世界中のお住まいの地域によって異なる可能性があるので、ブローカーレビューは地域のトレーダーに焦点を当て、これらのブローカーに関する情報を読者目線で提供します。

すべての研究は社内の研究者とライターのチームによって行われ、さまざまな会社の代表者、ウェブサイトから情報を収集し、小さな活字をふるいにかけています。ブローカーのランク付けについての詳細をご覧ください。

編集部

 

Chris Cammack
コンテンツ部門責任者

政治金融系出版物の調査、編集、デザインに10年間携わった後、2019年に入社。その経歴から、国際金融市場とそれに影響を与える地政学に造詣が深い。鋭い編集眼と金融政治時事問題への貪欲な探究心を持つ。全サイトのコンテンツが、読者が期待する品質と透明性の基準を満たすよう努める。

 

Alison Heyerdahl
シニアファイナンシャルライター

2021年にライターとして入社。理学療法を中心とした医学の学位と、心理学の学士号を取得したものの、FX取引への興味と文章を書くことが好きなことから転職。現在は調査とコンテンツ開発で8年以上の経験を持つ。これまでにテスト・レビューしたFX会社の数は100社以上にのぼり、FX取引の世界をよく理解している。

 

Ida Hermansen
ファイナンシャルライター

アイダは2023年にファイナンシャルライターとして入社。デジタルマーケティングの学位を取得し、コンテンツライティングとSEOの経歴を持っています。マーケティングとライティングのスキルに加え、暗号資産とブロックチェーンネットワークにも関心を持っています。暗号取引への興味から、FXのテクニカル分析や値動きに広く魅了されるようになりました。FX取引におけるスキルと知識の開発を続け、どのFXブローカーが新規トレーダーにとって最高の取引環境を提供するかを注視しています

最新の情報を受け取る

この登録フォームは、ダブルオプトイン(二段階の登録確認)が必要です。登録完了には、Eメールアドレスを確認・認証の必要があります。

閉じる