FxScoutsは2019年以来、日本で最も信頼されるFXブローカーレビューサイトです。これまでに100以上のブローカーレビューを書いており、正確性を維持するために常にブローカーをチェックした上でブローカーをレビューしています。当サイトのブローカーのレビュー方法をご覧いただけます。

レビューしている商品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取ることがあります。詳しくは、広告開示をご覧ください。

AuthorChris Cammack
更新日: 2022 05 05

このリストを作るために、当サイトは日本在住のトレーダーにサービスを提供する160以上の海外FX会社をテストしました。日本では、金融庁が国内のFX会社に免許を供与していますが、規制環境が厳しいため、トレーダーが海外FX会社に登録することはよくあります。以下にまとめたブローカーはすべてきちんと規制されており、中には世界で最も信頼され、最も安全なブローカーもあります。

リストの下には、各ブローカーの特徴を強調し、リストに入れた理由を説明するレビューがあります。また、FX会社を比較する方法に関する専門知識も共有しています。当サイトのテストと調査によると、2022年現在、日本で最高のFX会社は以下の通りです。

  • IronFX - 最高の口座選択肢
  • FxPro - 最高のFCA規制ノンディーリングデスク(NDD)ブローカー
  • Capital.com - ほとんどの資産が取引可能
  • HotForex - 市場執行で最高のレバレッジ
  • IG - ベストなカスタマーサービス
  • Exness - 初心者に最適な取引口座条件
  • AvaTrade - インドネシアで最高のFXブローカー
  • easyMarkets - 最高の取引ツール

おすすめの海外FX口座を比較

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
公式サイト
最低デポジット額
最大レバレッジ
日本語のウェブサイト
金融規制当局
トレード費用
業者タイプ
取引プラットフォーム
CFD
FXペア
サポート時間
日本語でのサポート
Compare
IronFX
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
1000:1
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
USD 22
マーケットメイカー
ECN/DMA
290
83
24/7
FxPro
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
500:1
最高のCySEC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
USD 14
マーケットメイカーNDD
FxProEdge
2181
70
24/7
Capital.com
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 20
200:1
最高のFCA規制ブローカー
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
USD 6
マーケットメイカー
Capital.com
4284
137
24/7
HotForex
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
500:1
最高のCySEC規制ブローカー
最高のFCA規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
Dubai Financial Services Authority
Financial Services Commission
USD 10
STP
1169
53
24/5
IG Markets
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 0
30:1
Financial Services Agency
最高のFCA規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Commodity Futures Trading Association
USD 6
マーケットメイカー
L2 Dealer
ProRealTime
19295
80
24/5
Exness
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 3
2000:1
Financial Services Conduct Authority
The Seychelles Financial Services Authority
Capital Markets Authority
USD 7
マーケットメイカー
201
100
24/7
AvaTrade
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 100
400:1
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
British Virgin Islands Financial Services Commission
Financial Services Agency
最高のCySEC規制ブローカー
Central Bank of Ireland
USD 9
マーケットメイカー
872
55
24/5
easyMarkets
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 25
400:1
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
The Seychelles Financial Services Authority
USD 18
マーケットメイカー
216
103
24/5
FBS
公式サイトへ >
お客様の資金に損失が発生することがあります
USD 1
3000:1
最高のCySEC規制ブローカー
最高のASIC規制ブローカー
Financial Services Conduct Authority
International Financial Services Commission
USD 7
STP
ECN/DMA
254
37
24/7

FX会社の選び方

国際ブローカーはほとんどの国からの顧客を受け入れますが、取引条件と規制監督は日本のトレーダーにとって異なります。最高のFX会社を見つけるには、取引条件を詳細に理解することが重要です。

各ブローカーの取引プラットフォームを試すために、口座を開設し、取引ソフトウェアを設定し、教材を読み、30,000円の資金を入金して取引しました。また、カスタマーサービスチームに問い合わせ、クライアント契約の詳細を読み、出金にかかる時間をチェックしました。確認した点は、次の通りです。

ブローカー規制:規制当局は、FX会社が合法かつ倫理的に運営されていることを確認することにより、トレーダーを保護します。日本の金融庁、 ASICFCACySECは、他の規制当局よりも優れたトレーダーの保護を提供します。一部のブローカーは、セイシェル、バヌアツ、バハマ、英領バージン諸島などの小島嶼国によって規制されています。これらの国の規制当局は一般に「オフショア」規制当局として知られており、トレーダーの保護はあまり得意ではありません。しかし、こうした国の規制では、より高いレバレッジ、ボーナス、より広範囲の取引資産が利用できます。

口座の監督:ほとんどのブローカーは、複数の信頼できる国際的な規制当局によって監督されています。自分の取引口座を監督するのがどの規制当局かを知ることが重要です。国際的に規制されているブローカーは、オフショアライセンスの下で取引口座を開設するのが一般的です。それらのオフショアライセンスでは、 ブローカーの破産、不正行為、またはマイナス残高保護がないなどの、不利な取引条件のさらなるリスクにさらされています。

ブローカーの取引条件と手数料:より優良なFX会社では、多くの場合、手数料が低くなります。つまり、スプレッドが狭く、最低入金額が少なくなります。取引の実行は非常に高速で、介入がほとんどないか、まったくない条件であるべきです。FX会社はまた、スプレッド、実行ポリシー、トレーダーが利用できるすべてのCFDの一覧を公開する必要があります。トレーダーは、日本の金融庁によって規制されているブローカーがマイナス残高保護を提供することは違法であることに注意する必要があります。そのため、トレーダーは、大きな損失が発生した場合にブローカーのお金を借りることになります。

ブローカーの教材と分析:ブローカーは初心者のトレーダーに、デモ口座とともに一貫性のある体系化された取引コースを提供するべきです。ブローカーは、取引の機会を目立たせ、完全な学習体験を提供するために、詳細な市場分析を提供する必要があります。ほとんどの金融庁規制ブローカーには日本語版のウェブサイトがありますが、教材と市場分析が英語のみの場合もあります。

ブローカーの取引プラットフォーム:ブローカーは独自の取引プラットフォームや、MT4MT5cTraderなどのサードパーティプラットフォームのサポートを提供します。ブローカーの中には両方を提供するところもあります。ほとんどのFXトレーダーは、一般的にプラットフォームに対する好みがあるので、複数のプラットフォームが利用できるブローカーでは、トレーダーが使用したいプラットフォームがある可能性が高くなります。


IronFX – 最高の口座選択肢

 IronFXは、即時執行口座と市場執行口座の両方、MT4サポート、受賞歴のある教材と調査資料のある、よく規制されたFXマーケットメーカーです。トレーダーは、最大1:1000のレバレッジのある5つの口座から選択できます。即時執行口座の最低入金額は50米ドルと低くなっています。市場執行口座のスプレッドはより狭くなっていますが、最低入金額は500米ドルに設定されています。

IronFXの教材コーナーには、トレード戦略、市場分析、ソーシャルトレード、仮想通貨取引、初心者トレーダー向けのトレード心理学を網羅する教材動画があります。市場分析は毎日更新され、主要なニュース組織が頻繁にIronFXの調査チームに洞察を求めています。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 幅広い資産
短所
  • 費用のかかる出金
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.00ピップス。最大レバレッジは1000:1。イスラム口座の利用可。 MT4プラットフォームのみサポートあり。IronFXは、CySEC、FCA、ASIC、FSCAの規制を受けています。

FxPro – 最高のFCA規制ノンディーリングデスク(NDD)ブローカー

FxProは、MT4、MT5、cTrader、ブラウザベースのプラットフォームでNDD執行モデルを提供します。口座開設時の最低入金額は100米ドルであり、迅速なカスタマーサービスに加えて、多くの場合0.6pipsという他社に負けないスプレッドがあります。ほとんどの取引は10ミリ秒未満で執行され、マイナスのスリッページを受け取るのは注文のうち9%のみです。これらの執行統計は、不安定な市場を利用したいスカルパーやトレーダーにとって理想的です。

FxProには、MT4、MT5、cTraderの主要なプラットフォームごとに1つずつ、合計3つの口座があります。 MT4とMT5口座では手数料無料の取引ができ、cTrader口座は1取引あたり4.50米ドルの手数料がかかりますが、ロースプレッドはEUR / USDで最低0.3pipsです。また、FxProには、特注の高度な取引機能のある独自のFxPro(EDGE)ウェブプラットフォームがあります。

長所
  • 十分規制済み
  • 豊富なプラットフォームの選択
  • 狭いスプレッド
短所
  • 限定的な教育
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.40ピップス。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5、cTrader、FxPro独自の取引プラットフォームサポートあり。FxPro Groupは、FCA、CySEC、FSCA、SCBの規制を受けています。

HotForex – 市場執行で最高のレバレッジ

FCA、CySEC、FSCAによって規制されているHotForexは、すべての取引にノンディーリングデスクSTP執行を提供します。クライアントの取引は市場に直接記入され、レバレッジはマイクロ口座で最大1000:1と柔軟で、最低入金額は5米ドルです。マイクロ口座でも1pipから始まり、スプレッドは業界ではかなり狭いです。

HotForexは、ウェブサイトの1コーナーを、初心者と専門家向けの詳細な市場分析と取引ツールにあてています。これには、毎日の市場ニュース、トレード分析、見通しがあります。トレード計算機と経済カレンダーは、取引プラットフォームの外部からでも閲覧することができます。カスタマーサポートは、フリーダイヤルの市内電話番号で平日24時間受け付けています。

長所
  • 低い最低預金額
  • 狭いスプレッド
  • 十分規制済み
  • 幅広い口座
短所
  • 限定的な基本通貨
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.10ピップ。最大レバレッジは500:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。HF Markets Groupは、FSCA、FCA、FSC、CySEC、DFSAの規制を受けています。

Exness – 初心者に最適な取引口座条件

Exnessのスタンダードセント口座は、優秀な取引条件で最低入金額が低い、ライブのFX取引口座を希望する新規トレーダー向けです。 スタンダードセント口座は、最低入金額が1米ドルで、マイクロロットが利用でき、スプレッドは最低0.3pipsの低さです。この口座の唯一の欠点は、トレーダーが通貨と金属しか取引できないことと、MT5のサポートがないことです。

上級トレーダーは、ExnessのECN口座を好むでしょう。最低入金額は200米ドルで、ロースプレッドは狭く、ロットあたり往復で7米ドルのコミッションがかかります。 Exnessには、自動の即時出金システムもあり、電子ウォレットへの無料出金が可能です。

長所
  • 十分規制済み
  • 狭いスプレッド
  • 幅広い資産
  • 24時間年中無休のカスタマーサービス
短所
  • 限定的な教育
  • 限定的な市場分析
  • ヨーロッパでは利用できません
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0ピップス。最大レバレッジは2000:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。Exnessは、CySEC、FCA、FSCの規制を受けています。

AvaTrade – インドネシアで最高のFXブローカー

2020年最高のFXブローカーの賞を受賞したAvaTradeは、南アフリカのFXトレーダーに抜群のモバイル取引体験を提供します。 Avatradeのスプレッドは、100米ドルの最低入金額がある手数料無料の口座としては最も狭く、EUR / USDで0.9pipsという低さです。最大レバレッジはMT4とMT5で1:400に設定されています。これには、EA、インジケーター、スキャルピング、ヘッジが含まれ、両方のプラットフォーム用に統合されたTrading Centralのダッシュボードへの無料アクセスを提供します。

モバイルアプリで利用できるAvaProtectツールにより、トレーダーが一時的にロス・プロテクションを購入できるようになり、AvaTradeのトレーダー中心のブローカーとしての評判が高まりました。その期間中の損失は全額返金されますが、利益はトレーダーがとっておけます。

長所
  • 初心者にぴったり
  • 十分規制済み
  • 低い最低預金額
短所
  • ディーリングデスク
  • 限定的な市場分析
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.90ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、MT5プラットフォームサポートあり。AvaTrade Groupは、ASIC、FSCA、B.V.I FSC、FSAの規制を受けています。

easyMarkets – 最高の取引ツール

2003年以来ASICの規制を受けているeasyMarketsは、自社の価値をシンプルで、正直で、透明であると述べています。 easyMarketsは常に革新を続け、2001年にマイナス残高保護や保証付きストップロスなどの現在業界標準となっているツールを導入しました。最低入金額はわずか25米ドルで、easyMarkets MT4プラットフォームには、特注の取引ツールに接続できるさまざまな機能と、初期設定でインストールされているインジケーターが付属しています。

easyMarketsは、独自のフリーズレート、dealCancellation、EasyTradeツールを提供します。これらはすべて、新人トレーダーがリスクを管理しやすくすることを目的としています。フリーズレートを使用すると、トレーダーは価格を数秒間フリーズして取引を行うことができます。これは、不安定な市場では非常に重要です。 DealCancellationを使用すると、トレーダーは、取引を行ってから1時間、3時間、6時間後でも取引をキャンセルできます。 EasyTradeは、トレーダーがリスクレベルを設定し、1時間、3時間、または6時間取引を保有できるシンプルな取引ツールです。トレーダーは、上昇と下落の間の単純な二択を管理するだけで良いのです。

長所
  • 十分規制済み
  • 幅広い資産
  • 革新的な取引ツール
短所
  • 限定的なプラットフォームの選択
  • 限定的な口座の選択肢
Alert日本のトレーダーのご利用可能。入金額要件が最小の口座を使用するEUR/USDの平均スプレッドは0.70ピップス。最大レバレッジは400:1。イスラム口座の利用可。 MT4、easyMarkets独自のプラットフォームサポートあり。easyMarketsは、CySEC、ASIC、シーシェルのFSAの規制を受けています。

FX市場とは

Forex(またはもっと簡単に言えば、FX市場)としても知られている外国為替市場は、世界最大の金融市場です。毎日、数兆ドルの世界通貨がいわゆる「ペア」で取引されています。つまり、英国ポンドを米ドルに、ユーロを日本円に交換するなど、ある通貨を別の通貨に交換します。これらの取引は週に5日間、1日に24時間世界中で行われ、供給と需要に基づいて、地球上のすべての通貨の価値を1秒ごとに決定します。したがって、たとえば円に需要がある場合、ドルに対する円の価値は上昇します。その逆も同様です。

その規模と広さのため、FX取引には個人投資家が簡単にアクセスでき、数千円で口座を開設してすぐに取引を開始できます。しかし、特に初心者の場合、損失を出すのは簡単です。取引を成功させるには、始める前に市場についてできるだけ多くを学ぶための努力、規律、決意が必要です。また、市場を管理する規制、取引のコスト、使用するブローカーを理解する必要があります。最も重要なことは、FX取引が自分に合っているかどうかを決定する前に、リスクとデメリットを理解する必要があります。

FX市場が存在する理由

人々が通貨を取引する理由はたくさんあります。日本の企業がアメリカの輸入品の支払いにドルを購入する必要があったり、韓国の会社はヨーロッパに拠点を置く会社の買収の支払いにユーロが必要だったりするかもしれません。日本銀行などの中央銀行は、経済政策を理由にFX市場に介入し、通貨を売買してその価値を操作することができます。投機家も、利益を生み出すことを目的として取引し、市場の非常に大きな部分を動かしています。

最新の統計によると、大手金融機関、多国籍企業、ヘッジファンドがFX市場を支配しており、2019年4月には1日あたりの売買高が6.6兆米ドルに達しました。この規模は、FX市場が非常に流動的な市場であるということを意味します。つまり、ほとんどの通貨の市場には非常に多くの買い手と売り手がいるため、通貨の売買は非常に簡単です。

市場の推進要因

日本円は変動相場制です。言い換えれば、FX市場での円の価値は需要と供給によって決定されます。これは、ほとんどの先進国の通貨に当てはまります。対照的に、中国人民元(RMB)などの一部の通貨は、固定為替レートを持っています。中国当局は、ドルに対する人民元の価値を決定し、為替レートの変更を決定するまでレートを維持します。明らかに、個々のトレーダーが固定為替レートで通貨を取引しても利益を得る可能性はありません。

しかし、日本円などの変動相場制の価値は、他の通貨に対して絶えず上下しています。多くの場合、これらの動きは比較的小さいため、円は1ドルあたり110円で取引を開始し、数セント上がったり下がったり、あるいは始値の110円に戻ることもあります。しかし、劇的な経済ニュースや政治ニュースにより、はるかに大きな変動が引き起こされることがあります。

経済発展も重要な影響です。米国経済が予想よりも速く成長していることを示唆するデータが新しく発表されると、連邦準備制度(米国の中央銀行)が成長を抑制するために金利を引き上げるかもしれないという懸念を招くことがあります。トレーダーがお金に対しより大きな利益を得られるため、より金利が高いということは通貨を保有する魅力を高めます。その結果、その見通しは米ドルの需要を押し上げ、ドルの価値は円に対して上昇するでしょう。同様に、米国の経済見通しが悪くなり、連邦準備制度が金利を引き下げるとトレーダーが予想すると、ドルが売られるので円のドルに対する価値が上がるでしょう。

そのためFXトレーダーは、経済、金融、政治のニュースを綿密にチェックし、通貨の価値を左右する可能性のある情報のヒントを探します。FXトレーダーは他のトレーダーが進展を見つける前に反応したいと考えています。あるいは、他のトレーダーが持っていない視点を持っていると考えて、起こりうる進展に賭けることもあります。

FX取引が人気の理由

FX取引は、世界で最大かつ最も簡単にアクセスできる市場です。関係するコストは他の市場と比較して比較的低く、選択できるブローカーがたくさんあり、市場取引する方法を比較的簡単に理解できます。変動相場制の通貨はたくさんあり、それらはすべて互いに取引できるため、取引できる通貨ペアは膨大な数になります。トレーダーになろうとする人には、取引の始め方から潜在的な収益性の高い取引戦略の概要まで、膨大な量の情報があります。

適切な取引ソフトウェアをダウンロードすれば、かなり基本的なコンピューターを使用して自宅でも取引することができ、ブローカーで口座開設をするのは比較的簡単です。他の金融市場とは異なり、「レバレッジ」の概念を活用することもできます。この概念では、借りたお金を利用して潜在的な利益(および損失)を増やすことができます。これはどういうことかというと、通貨ペアはロットと呼ばれる特定の金額で取引されます。ロットは通貨の10万単位となる傾向があるので、たとえば、日本円に対して米ドルで取引している場合、一度に10万ドルを売買します。ほとんどの人は 100,000ドルを取引できる資金がないので、ブローカーは事実上トレーダーにお金を貸すことを申し出ます。したがって、4,000ドルの資金で口座を開設して、残りをブローカーから借りることで、100,000ドルの取引ができることがあります。最初の4,000ドルは証拠金と呼ばれ、この場合のレバレッジは25対1(25:1)になります。

前述したように、潜在的な利益を増やすだけでなく、レバレッジはリスクを劇的に高める可能性があります。リスクを抑えるために使用できる方法はいくつかありますが、それについては別の記事で解説します。

FX取引のデメリット

FX取引にはかなりのコミットメントが必要です。収益性の高い取引方法を学ぶには時間がかかります。取引を開始するときは、取引日の準備としてコンピューター画面の前で1日何時間もかけて、市場で何が起こっているのか、なぜ起こっているのかを確認して調査する必要があります。その日の取引が終わったら、起こったこと、取引活動が成功した理由や失敗した理由を分析して、学んだ教訓を翌日の取引に生かせるようにする必要があります。損失を出す日もあるかもしれませんし、がっかりするのは簡単です。確かに成功の保証はありません。 FX取引はリスクを伴うことがあり、損失を出すおそれがあります。あるいは、単にFXが好きではなかったり、その気質がないことに気付くこともあります。たとえば、機会がくるのを待つなど、辛抱強くなければなりません。市場では、極端なボラティリティが発生することがあり、非常にストレスを感じる可能性があります。

FX取引は合法?

はい、日本ではFX取引は合法であり、日本の金融庁(FSA)によって規制されているあらゆるFX会社で取引することができます。海外FX会社での取引について、金融庁は推奨していませんが、海外FX会社での取引にはメリットがあります。

日本のFX会社規制の概要

規制当局は、金融市場が安全で消費者にとって安全であり、金融​​業者が確実に法律に従うようにするために各国政府によって組織された強力な当局です。規制当局は、自国に拠点を置く金融業者のみを監督することができます。

日本には、金融庁(FSA)と日本金融先物協会(FFAJ)の2つの規制当局があります。両規制当局は財務省が管理しています。 金融庁は上級機関であり、日本の金融部門全体の規制を作成および施行します。 金融庁は、ほとんどの時間を銀行部門、保険部門、株式市場の規制にあてています。

1989年に設立された日本金融先物協会は会員協会であり、日本国内の居住者にサービスを提供するすべてのブローカーがその会員になる必要があります。 日本金融先物協会は金融庁に報告し、以下のより狭い範囲を管理します。

  1. 先物市場およびデリバティブ市場に関与するFX会社およびその他の証券会社に指導を提供する
  2. 会員と協力して苦情や不満の迅速な解決に取り組むことにより、投資家およびトレーダーを保護する
  3. 国内および外国金融先物市場の調査と業界の健全な発展のための推奨事項の準備

日本金融先物協会は日常的にFX会社と取引していますが、すべての規制は金融庁によって作成および施行されています。日本ではFX取引規制が非常に厳しく、他のほとんどの先進国とは異なります。FXトレーダーが知っておくべき最も重要な規制は次の通りです。

  1. レバレッジ制限: 2011年現在、FX会社が提供する最大レバレッジは25:1
  2. ボーナスやプロモーションなし: FX会社は、トレーダーにボーナスまたはプロモーションを提供することが禁止されています。
  3. マイナス残高保護なし: 日本のFX会社がマイナス残高保護を提供することは違法です。これは、トレーダーが自分の取引口座の残高を超える損失を出す可能性があるということです。

規制に対するこの厳格なアプローチは、日本のFXトレーダーにとって良くも悪くもあります。FXトレーダーはセキュリティレベルがより高いことを高く評価しており、初心者は低いレバレッジによる低リスクの恩恵を受けることがありますが、多くのトレーダーはより高いレバレッジ、ボーナスへのアクセス、マイナス残高保護も望んでいます。これらの理由から、多くの日本のトレーダーは海外FX会社で取引することを好みます。海外FX会社では、多くの場合、より高いレバレッジとマイナスの残高保護が提供されています。

海外のブローカーを利用するメリットとデメリット

ただ、金融庁が規制している日本を拠点とするブローカーを利用する必要はありません。海外のブローカー、つまり海外に拠点を置く会社で口座を開設することができます。

海外FX会社を使用することには長所と短所があります。上記のように、主なメリットは、金融庁によって規制されている日本を拠点とするブローカーを使用する場合と同じ制限を受けないことです。デメリットは、他国で登録されたブローカーを使用する場合、その国の規制の対象となり、日本企業ほど監督されていない可能性があるという事実です。問題が発生し、そのブローカーが日本から数千マイルも遠い国で登録されている場合、法的救済を受けるのは難しいかもしれません。

金融庁に登録されているブローカーを使用するか、海外に拠点を置くブローカーを使用するかにかかわらず、検討すべきことがあります。これには以下が含まれます。

  • 取引経験 – 取引プラットフォームは使いやすいか、どのようなサポートを提供しているか、調査などに役立つツールはあるか等
  • 取引コストと透明性 – これらはブローカーごとに大きく異なります。取引量に関係なく固定コミッションを請求するものもあれば、取引量に基づいて手数料を請求するものもあります(取引量が多いほど手数料が大きくなります)。ブローカーの中にはコミッションを請求しない代わりにスプレッドを請求するところもあります。スプレッドは、ブローカーが通貨を購入する時にトレーダーに提示する価格と、通貨を売る時に見積もる価格との差です。これは実際にトレーダーが取引するのにかかる料金です。また、一部のブローカーが請求する隠れた料金(休眠口座手数料、月次または四半期ごとの最低料金、ブローカーへの電話に関連する料金など)に注意することも重要です。
  • カスタマーサービス – 週5日24時間いつでも取引できることから、取引時間中に24時間のサポートを提供するかどうか。ヘルプはオンラインや電話ですぐに利用できるか、それとも待ち時間が長いか。登録する前に、1日の異なる時間にブローカーに電話すれば確認できます。
  • 最低入金額の大きさ – これは1ドルから300ドルまでさまざまですが、ほとんどのブローカーでは約100ドルで口座を開くことができます。
  • 提供される最大のレバレッジ – これは、金融庁によって規制されている日本のFX会社の標準的な25:1の比率です。しかし、海外FX会社では500:1の比率を提供するものもあり、より高いレバレッジが提供されています。

FX詐欺・悪質ブローカーとその見分け方

FXScoutsで行っていることの一環として、FX会社やFXの「専門家」を名乗る人々に、FX会社によって詐欺や不正行為を受けたトレーダーに、その経験について報告していただくようお願いしています(詳細はこちらをご覧ください)。

FX詐欺

最新の調査によると、FacebookとInstagramがFX詐欺の50%以上の原因であることがわかりました。どちらのソーシャルメディア企業も、公式の苦情が出された後でも、犯罪者を止めたという記録は乏しいです。また、多くの犠牲者がビットコインや他の仮想通貨で詐欺師にお金を騙し取られており、行われた苦情のほぼ半分がブローカーではなく個々の詐欺師に対するものであることがわかりました。

ソーシャルメディアと仮想通貨はどちらも、身元を隠したい犯罪者にとって優れたツールです。人々はソーシャルメディアで好きな名前を使うことができ、仮想通貨はほとんど追跡が不可能です。ソーシャルメディアで出会った詐欺師に仮想通貨で支払いをした場合、お金を取り戻すことは不可能です。

FX詐欺のその他の目印は、保証された収益が約束されていることと複雑な金融用語の使用です。FX取引はリスクの高い投機であり、プロのトレーダーでさえリターンを保証することはできません。そして、FX特有の語彙がありますが、取引は常に簡単な言葉で説明することができます。

悪質なFX会社

個々の詐欺師を避けることは、悪質なFX会社を避けることに比べて比較的簡単です。では、悪質なFX会社を避けるために何ができるでしょうか?ブローカーがクライアントを公平に扱っていない兆候は、いくつかあります。

  • 未公開のスプレッド:スプレッドは、トレーダーをFX市場につなぐための手数料です。ブローカーがこの手数料の額を公表しないとすれば、おそらく多額のスプレッドを請求しています。
  • 高額の入出金手数料:入金は常に無料で、出金は低コストであるべきです。高額の手数料や説明されていない料金に注意してください
  • 遅延:出金はかかっても数日のはずです。ブローカーが出金リクエストを無視したり、1週間以上遅れる場合、ブローカーは顧客をだましています。
  • 入金の紛失:悪質なFX会社は、入金が行われた後、入金額を受け取っていないと主張することがあります。入金の際は、必ず入金証明書を要求してください。
  • 応答のないカスタマーサービス:多くの場合、悪質なFX会社のカスタマーサービスチームは、特に上記の問題のいずれかに対処する場合、苦情やサポートの要求を無視します。
  • ペイウォール・短期間のデモ口座:デモ口座は、初心者のFXトレーダーが持つ最高の教材ツールです。新人トレーダーがデモ口座を開設する前にライブ口座を開設すること、または短時間でデモ口座を閉鎖することを要求するブローカーは、初心者に準備が整う前に無理に取引を開始させようとしています。

FX会社の比較方法

FX会社は一見同じようでも内容はかなり異なります。さらに居住国によって口座の条件も異なります。以下は、FX会社を比較する際にトレーダーからよくある質問です。

初心者向けのFX会社

  • FX会社の必要性
  • 日本の優良FX会社
  • 初心者向けFX会社
  • 優良なデモ口座のあるFX会社
  • FX会社の信頼性
  • FX会社の選び方
  • FX会社の収益源

FX会社の手数料と取引コスト:

  • 取引コストが安いFX会社
  • FX会社への入金方法
  • FX会社からの出金方法
  • 最低入金額が少ないFX会社
  • 取引コストの計算方法

その他の取引オプション

  • レバレッジが高いFX会社
  • CFDの種類が多いFX会社
  • 通貨ペアが多いFX会社
  • プロ向けFX会社
  • FXマネージド・アカウント

FX会社の信頼性

  • 規制されているFX会社の探し方
  • 詐欺業者の報告の仕方

FX取引プラットフォーム:

  • 最適なFX取引プラットフォーム

FX会社の必要性

FX取引にはFX会社が必要です。トレーダーが個人でFX市場に参入するには費用がかかり、技術的にも難しいです。そのため、低コストでトレーダーに誠実で、実績のある信頼できるFX会社を選ぶことが重要です。

優良FX会社

優良なFX会社は、IGMarketsです。売上高で世界最大のCFDブローカーであるIG Marketsは、ロンドン証券取引所に所属の上場企業です。IG MarketsのFX取引はコミッション無料です。スプレッドはEUR/USDで0.6 pipsからで、IG Marketsの取引コストは業界で最安値となっています。またIG Marketsでは、商品、インデックス、16,000以上の株式とETF、オプション、金利、債券など、何千ものCFDの取引が可能です。さらにIG Marketsでは、トレーダーに対してマイナス残高保護を行い、資金は分別管理します。

初心者向けFX会社

IG Marketsは、初心者にも最適のFX会社です。 IG Marketsは業界最安値の手数料で、スプレッドはEUR / USDで0.6 pipsからです。 IG Marketsには銀行振込の場合最低入金額の条件がありません。トレーダーは、FX、インデックス、商品、株式などを含む17,000以上のCFDが取引できます。また、IG Marketsの世界最高水準の教材や市場分析セクションも初心者にはありがたいです。

他の初心者向けFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
初心者に適しているか
日本語のウェブサイト
初心者コース
上級者向けトレード講座
ウェビナー
ダウンロードできる電子書籍
期間無制限のデモ
サポート時間
最低デポジット額
Compare
IG Markets
エクセレント
24/5
USD 0
Capital.com
エクセレント
24/7
USD 20
HotForex
エクセレント
24/5
USD 100
AvaTrade
エクセレント
24/5
USD 100
Valutrades
エクセレント
24/5
USD 5

優良なデモ口座のあるFX会社

IG Marketsは、デモ取引にも最適です。 IG Marketsのデモ口座は常に、MT4とIG Markets独自のウェブベースの取引プラットフォーム(iOSとAndroidでも利用可能)の両方で利用できます。 20,000米ドルが事前に入金されており、17,000以上のIGMarketsのCFDがデモ口座で体験できます。

他の優良デモ口座がある信頼できるFX会社については、こちらをご覧ください。

[ls_postpost_type_identifier = “postlistview” post_identifier = “brokers-horizo​​ntal-scroll-commercial-pages-int-unlimited-demo-limit-5”]

FX会社の信頼性

ほとんどのFX会社は信頼できます。信頼できるFX会社とは、1つ以上の金融監督機関から規制され、トレーダーに対し公平誠実な業務を行っている会社です。ご利用のFX会社の信頼性が不明な場合は、当サイトの避けたいFX会社リストでご確認ください。

FX会社の選び方

FX会社を選択する際には、以下の3つにご注目ください。

  1. 規制:規制されたFX会社をお選びください。規制されたFX会社はより高いセキュリティを持ち、トレーダーに対し公平誠実な業務を行います。
  2. コスト:最低入金額と手数料が低いFX会社を探します。取引手数料には、スプレッド、コミッション、入出金手数料が含まれます。
  3. 教材:初心者の場合は、優れた教材内容を備えたFX会社がお勧めです。当サイトの初心者向け優良FX会社に載っているFX会社はすべて、初心者向けの質の高い教材をご提供します。

FX会社の収益源

マーケットメーカーと呼ばれるFX会社は、スプレッド(通貨ペアの売買価格の差)からのみ収益を上げます。これらのFX会社はあらゆる取引の相手方になるため、トレーダーが損失を出すときに収入を得ます。

ECNと呼ばれるFX会社は、スプレッドは狭いですが、取引が開始または終了するたびにコミッションから収益を得ます。このタイプのFX会社は、トレーダーの取引の勝ち負けに関係なく収益を得ることになります。

取引コストが安いFX会社

IG Marketsが最も安く、総取引コストはEUR / USDで0.6ピップスに相当します。

取引コストが安い他のFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
トレード費用
金融規制当局
最低デポジット額
最大レバレッジ
EUR/USD
USD/JPY
GBP/USD
取引口座タイプ
取引手数料
Compare
IG Markets
4.69 /5
レビューを読む
USD 6Financial Services Agency最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーCommodity Futures Trading AssociationUSD 030:10.85 pips0.94 pips1.40 pipsマーケットメイカースプレッドに手数料込み
Capital.com
4.68 /5
レビューを読む
USD 6最高のFCA規制ブローカー最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーUSD 20200:10.60 pips0.80 pips1.30 pipsマーケットメイカースプレッドに手数料込み
ETX Capital
4.07 /5
レビューを読む
USD 6最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority最高のCySEC規制ブローカーGBP 10030:11.01 pips1.35 pips1.85 pipsマーケットメイカースプレッドに手数料込み
FXCC
3.84 /5
レビューを読む
USD 6最高のCySEC規制ブローカーUSD 0500:10.40 pips0.40 pips0.40 pipsECN/DMA, STPなし
Fibo Group
3.50 /5
レビューを読む
USD 6Bundesanstalt für FinanzdienstleistungsaufsichtFinansinspektionenBritish Virgin Islands Financial Services CommissionFinancial Services CommissionUSD 100001000:10.30 pips0.30 pips0.50 pipsマーケットメイカーNDD, ECN/DMA6 USD / lot

FX会社の手数料には、スプレッドとコミッションの合計である取引コストと、入出金手数料などの非取引コストの2種類があります。

スプレッドとは、FXペアの買値と売値の差のことで、pipsという単位で表され、スプレッドが小さいほど、あるいは「狭い」ほど、取引をするときにかかるお金は少なくなります。FX会社によっては取引が開始または終了するたびにコミッションがかかります。

FX会社への入金方法

FX会社への入金は簡単です。登録してライブ口座を開設すると、いくつかの入金方法が表示されます。ほとんどのFX会社では、国内銀行振込、クレジットカード、Paypalなどのオンライン決済、およびNetellerやSkrillなどのeWalletが使えます。銀行振込の処理には通常1〜2日かかり、手数料がかかる場合がありますが、他のすべての入金方法は通常、即時かつ無料です。

FX会社からの出金方法

FX会社から出金するには、取引を維持するために必要なマージンを差し引いた後、取引口座に十分な資金がある必要があります。出金可能な金額を確認したら、アカウントダッシュボードから出金依頼を行うことができます。マネーロンダリングを防止するため、英国のFX会社では、最初の入金額と同額に限りクレジットカードまたはeWalletに出金することができます。これ以上の金額を引き出す場合は、トレーダー名義の銀行口座への出金になります。

最低入金額が少ないFX会社

FXCCは、最低入金額が最も少ないFX会社です。FXCCは200米ドル以上での口座開設を推奨していますが、最低入金額の条件はありません。

最低入金額が少ない他の信頼できるFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
最低デポジット額
金融規制当局
最大レバレッジ
トレード費用
EUR/USD
USD/JPY
GBP/USD
Compare
FXCC
USD 0
500:1
USD 6
0.40 pips
0.40 pips
0.40 pips
ThinkMarkets
USD 0
Financial Services Conduct Authority
The Seychelles Financial Services Authority
Financial Services Agency
500:1
USD 12
0.00 pips
0.00 pips
0.00 pips
IG Markets
USD 0
Financial Services Agency
Commodity Futures Trading Association
30:1
USD 6
0.85 pips
0.94 pips
1.40 pips
InstaForex
USD 1
British Virgin Islands Financial Services Commission
30:1
USD 30
3.00 pips
3.00 pips
3.00 pips
FBS
USD 1
Financial Services Conduct Authority
International Financial Services Commission
3000:1
USD 7
0.70 pips
1.30 pips
1.20 pips

多くのFX会社では、入金額が多いほど取引コストが低くなり、その他の特典が付いてきます。トレーダーの資金に応じて最低入金額を設定することができます。

取引コストの計算方法

FXの取引では、取引する通貨ペアのスプレッドに、コミッションを加えたものが取引コストとなります。また、取引を一晩開いたままにすると、ロールオーバー(または「スワップ」)手数料がかかります。これはトレーダーの口座から自動的に差し引かれます。EUR/USDやUSD/JPYなどの主要ペアは、スプレッドが狭く、取引コストが低くなります。

レバレッジが高いFX会社

FBSは、あらゆるFX会社の中でも最高のレバレッジを提供します。 5つの口座のうち3つで、1:3000のレバレッジが利用可能です。レバレッジが高い他のFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
最大レバレッジ
最低デポジット額
金融規制当局
Negative Balance Protection (Default)
トレード費用
EUR/USD
USD/JPY
GBP/USD
Compare
FBS
4.23 /5
レビューを読む
3000:11最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーFinancial Services Conduct AuthorityInternational Financial Services Commission USD 70.70 pips1.30 pips1.20 pips
Exness
4.12 /5
レビューを読む
2000:13Financial Services Conduct AuthorityThe Seychelles Financial Services AuthorityCapital Markets Authority USD 70 pips0 pips0.10 pips
RoboForex
3.71 /5
レビューを読む
2000:110International Financial Services Commission USD 40.00 pips0.40 pips0.70 pips
IronFX
3.74 /5
レビューを読む
1000:1100最高のCySEC規制ブローカー最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority USD 220.00 pips0.00 pips0.00 pips
NordFX
3.53 /5
レビューを読む
1000:110最高のCySEC規制ブローカーVanuatu USD 200.30 pips0.20 pips0.40 pips

CFDの種類が多いFX会社

IG Marketsは、CFD取引が最も多いFX会社です。 10の異なる当局から規制されているIG Marketsは、FX、インデックス、株式CFD、商品、暗号資産を含む17,000以上の商品の取引を提供しています。

取引する商品の種類が多いFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
Total # CFDs
# FX Pairs
金融規制当局
最低デポジット額
最大レバレッジ
トレード費用
取引手数料
Compare
IG Markets
4.69 /5
レビューを読む
1929580Financial Services Agency最高のFCA規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーCommodity Futures Trading AssociationUSD 030:1USD 6スプレッドに手数料込み
Fibo Group
3.50 /5
レビューを読む
807948Bundesanstalt für FinanzdienstleistungsaufsichtFinansinspektionenBritish Virgin Islands Financial Services CommissionFinancial Services CommissionUSD 100001000:1USD 66 USD / lot
ETX Capital
4.07 /5
レビューを読む
513562最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct Authority最高のCySEC規制ブローカーGBP 10030:1USD 6スプレッドに手数料込み
Capital.com
4.68 /5
レビューを読む
4284137最高のFCA規制ブローカー最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーUSD 20200:1USD 6スプレッドに手数料込み
Trade.com
3.42 /5
レビューを読む
221555最高のCySEC規制ブローカー最高のFCA規制ブローカーFinancial Services Conduct AuthorityUSD 10030:1USD 19スプレッドに手数料込み

通貨ペアが多いFX会社

Capital.comは、最も多くの通貨ペアを取り扱っているFX会社で、137の通貨クロス取引ができます。当サイトの最高評価のFX会社の1つであるCapital.comは、世界で最も低コストのFX会社の1つであり、取引できる暗号資産CFDの大規模なポートフォリオを持っています。

取引する通貨ペアが多いその他のFX会社については、こちらをご覧ください。

詳細についてはスクロールしてくださいPreviousNext
ブローカー
全体の評価
外国為替通貨ペア
暗号通貨ペア
金融規制当局
最低デポジット額
Max. Forex Leverage
トレード費用
EUR/USD
USD/JPY
GBP/USD
Compare
Capital.com
4.68 /5
レビューを読む
137477最高のFCA規制ブローカー最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーUSD 20200:1USD 60.60 pips0.80 pips1.30 pips
Swissquote
3.70 /5
レビューを読む
13012最高のFCA規制ブローカーBundesanstalt für FinanzdienstleistungsaufsichtFinansinspektionenUSD 1000100:1USD 171.70 pips1.60 pips2.00 pips
InstaForex
3.02 /5
レビューを読む
11012最高のCySEC規制ブローカーBritish Virgin Islands Financial Services CommissionUSD 130:1USD 303.00 pips3.00 pips3.00 pips
easyMarkets
3.98 /5
レビューを読む
10317最高のCySEC規制ブローカー最高のASIC規制ブローカーThe Seychelles Financial Services AuthorityUSD 25400:1USD 180.70 pips1.00 pips1.30 pips
Exness
4.12 /5
レビューを読む
10014Financial Services Conduct AuthorityThe Seychelles Financial Services AuthorityCapital Markets AuthorityUSD 32000:1USD 70 pips0 pips0.10 pips

プロ向けFX会社

AvaTradeは、プロ向けのFX会社です。広範囲において流動性が高く、FSA規制のあるFX会社です。MT4とMT5の両方をサポートし、業界最低水準の手数料となっています。無料の取引ツールも充実しており、モバイル取引アプリは、市場で最も優秀なアプリの1つです。

FXマネージド・アカウント

FX会社によっては少数ですが、トレーダーのためにマネージド・アカウントを運用してくれるところがあります。会社の取引をしながら、同時にトレーダーの口座を管理できる独立したマネーマネジャーがいます。CFDを取引する際の最低入金額とその他のリスクについて解説した、マネージド・アカウントに関する当サイト弊社の記事は必読です。

規制されているFX会社の調べ方

規制対象のすべてのFX会社は、ライセンス番号とその規制当局をウェブサイトに表示することが義務付けられています。これらのライセンス番号は、規制当局のウェブサイトで簡単に確認することができます。一部の詐欺業者は、合法的な企業と似た名前を使用しているため、規制当局のウェブサイト上のライセンス保持者の名前がFX会社の詳細と一致していることをご確認ください。

詐欺業者の報告の仕方

詐欺にあったと思われる場合、すぐに報告してください。日本の規制当局である金融先物取引業協会(FFAJ)に連絡し、調査を依頼することができます。また当サイトでは詐欺業者報告フォームで情報収集し、情報を発信しています。 もし詐欺に遭われた場合は、このフォームにご記入ください。

FX取引プラットフォーム

現在、MetaTrader 4(MT4)はFXの取引に最適なプラットフォームです。MT4は2005年から存在していますが、ほとんどのFX会社がサポートしていて、世界中の数百万人のトレーダーが使用しています。MT4はリソース効率に優れ、高速で、古いハードウェアでも問題なく動作させることができます。また、完全にカスタマイズ可能であり、1回のインストールで異なるFX会社の複数の取引口座を管理できます。

MT4が特に評価されているのは、その自動取引機能です。トレーダーは、アルゴリズム取引ロボットを作成または購入して、MT4のバージョンにインストールし、取引を自動化したり、意思決定をしやすくすることができます。また、MT4のトレーディングシグナル機能により、他のトレーダーをコピーすることも可能です。

FXのリスク免責事項

FXとCFDの取引は、資本に高いリスクを伴うため、すべての投資家に適しているわけではありません。個人投資家の75〜90%は、これらの商品の取引で損失を出しています。

FXとCFDの取引は、過剰なレバレッジ、予測不可能な市場のボラティリティ、流動性の欠如から生じるスリッページ、不十分な取引知識または経験、クライアントに対する規制保護の欠如といった要因により、高いリスクを伴います。

トレーダーは自由に使えるお金以外を入金すべきではありません。どれだけの研究を行ったか、あるいは自分の取引にどれだけ自信があるかに関係なく、FXには常にかなりの損失リスクがあります。(FCAまたはASICより詳細をご覧ください)

当社の方法論

当社の市場状況レポートブローカーディレクトリは、100を超えるFXブローカーに関する広範な調査の結果です。これらのリソースの明確な目標は、トレーダーが最高のFXブローカーを見つけて最悪のブローカーを遠ざける手助けをし、正確な最新情報を提供することです。

各ブローカーに150以上のデータ要素と、3000時間以上の研究とレビューの執筆により、私たちは目標を達成したと考えています。

取引条件やカスタマーサポートは世界中のお住まいの地域によって異なる可能性があるので、ブローカーレビューは地域のトレーダーに焦点を当て、これらのブローカーに関する情報を読者目線で提供します。

すべての研究は社内の研究者とライターのチームによって行われ、さまざまな会社の代表者、ウェブサイトから情報を収集し、小さな活字をふるいにかけています。ブローカーのランク付けについての詳細をご覧ください。

 

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>