2019年ボーナスキャンペーンのある海外FX

下記は日本のトレーダーにとって、ベストな海外FX業者です。最適なブランドを選べるようにまとめました。これらは、日本の顧客を受け付けている信頼のおける海外FX業者です。基本的には似た部分も多いですが、異なる点もあるので、下記にまとめています。

もし管理人が初めてFX取引を始めるとして、このリストから選ぶなら、まず下記の点を重視します。

  • 最低入金額小さいかどうか
  • 取引をウェブアプリケーションで提供しているか
  • トレードに対する手数料がどのくらいあるか
  • 最初の入金に対してのボーナスがどうか

特に、FX取引がどのような仕組みで動いているのかを理解し、自分にとって最適な業者を探す為にデモ口座で試してみることが最重要です。

2019年ボーナスキャンペーンのある海外FX


IRONFX の管理人のレビュー

カスタマイズされた取引機能、幅広い取引商品、最高水準の価格、約定力、流動性を提供するFXブローカーとなることを目指すIronFXは、Notesco Financial Servicesグループの傘下のもと2010年に設立されました。
他のFX業者の追随を許さないのが保有許認可数で、オーストラリア(ASIC)、 イギリス(FCA)、キプロス( CySEC)、そして南アフリカ(FSCA)の政府機関から営業ライセンスを取得しています。文字通り、世界展開しているのがIronFXです。


AVATRADEの管理人のレビュー

私はAvaTradeを気に入っています。それは全ての基礎的な要素をカバーし、しっかりと提供してくれる確立されたブローカーだからです。AvaTradeはCySEC、ASIC及びFSBの規制を受けています。トレード初心者向けのトレーニングが提供されているので勉強になりますし、全ての主要な取引ソフトウェアをサポートしているので、ブローカーを変えた為にソフトウェアを変える必要がありません。もしあなたが初心者で、取引を日本で始めたいと考えているのならば、AvaTradeはとてもお薦めできます。


EASY MARKETS の管理人のレビュー

もし以前MetaTrader プラットフォームで取引をしたことがあるのでしたら、このブローカーを気に入るでしょう。なぜならあなたのアカウントの設定の為に多くの手続きを踏む必要がないからです。ウェブサイトと登録プロセスは簡素なものですが、ヘルプを為に連絡した際にスタッフはとても愛想がよく協力的です。もしよいレバレッジを持つブローカーを探しているのでしたら、Easy Forex はおそらくあなたに向かないでしょう。しかし、もしもし低リスクでトレーディングのキャリアを始めたいという場合には、低レバレッジはメリットになるでしょう。


XMの管理人のレビュー

私がXM(旧称Trade Point)を使い始めたのは私がバイナリオプション取引をしていたときで、このブローカーの先進性をとても気に入っていました。このブローカーのレバレッジは非常に大きく、スプレッドは小さいですが、リスクを緩和することが可能です。もしあなたが経験のあるトレーダーであるか、多くの機能を使いながら学びたいということでしたらTrade Point はあなたに適しているでしょう。このブローカーのマイクロ口座とゼロ口座においては最低デポジットが設定されておらず、この点も新しく始める人にとってはとても魅力的な点でしょう

FXがはじめての方に役立つQ&A

FX業者はどのように収益を得ていますか?

FX市場取引へのアクセスを提供する代わりに、多くのFX業者は顧客から手数料またはスプレッドの形で収益を受け取っています。これらは単にFX市場でビジネスを行う為のコストに紐づくものです。加えて、FX業者は他にも異なる収益源から収益を得ることができます。「マーケットメーカー」であるFX業者の場合、その業者は手数料とスプレッド以外に、顧客の取引相手になることで収益を得ることが出来ます。この場合、顧客の損失が業者の収益になります。

FX業者は信用出来ますか?

もしFX業者が規制されており、高い評判を得ていたとしても、それがすべてだとは思わない方が良いでしょう。つまり、確かに規制されたFX業者は信用に値しますが、FX業者が倒産する可能性から身を守ることは出来ません。その観点からいうと、自分でリサーチを行い、苦労して稼いだ資金を複数の業者に分けておくことをおススメします。ここにFSBに規制されたFX業者のリストをまとめましたので、確認してみてください。

マネージド・アカウントを開設したいです。

FX業者の中にはマネージドアカウントを提供しているところもありますが、多くはありません。また自分で取引しながら、同時に顧客の取引も管理してくれる独立マネーマネージャーという存在もあります。マネージド・アカウントについての記事を読み、リスクについて十分に理解しましょう。当然、そのトレーダーの実績を見ることは言うまでもありませんが、透明性があることも非常に重要です。

FX業者は顧客に対する相対取引をしますか?

「マーケットメーカー」を通じて取引する場合には、FX業者は顧客に対して相対取引する可能性はあります。マーケットメーカーに対して理解するべきことは、顧客の取引を全力で阻止しようとすることはないということです。

マーケットメーカーが行っていることはただ、顧客のポジションの反対側に立つだけです。ほとんどの個人FXトレーダーは損失を出すと考えられる為、顧客の反対取引をすることで利益があり、これを行うことは業者にとって常識にかなったことです。

STP/ECN FX業者とは何ですか?

STP/ECN FX業者は、通貨取引の約定を直接的に行う取引所に直結して取引する方法(ELECTRONIC COMMUNICATIONS NETWORK )とストレート・スルー・プロセッシング(Straight Through Processing)のことを指します。この種の取引環境において、顧客の注文は直接インターバンク市場に流され、流動性プロバイダーにつながります。

マーケットメーカーブローカーとは何ですか?

FX 業者が独自の通貨取引価格を設定するディーリング・デスク・ブローカーもマーケットメーカーと呼ばれます。実際のところ、ディーリング・デスク・ブローカーは顧客の取引を、その反対取引を行うことによって受け入れます。つまりFX業者が顧客に対して相対取引を行うということになります。

スキャルピングとは何ですか?

スキャルピングというのは、通貨価格の小さな変動からトレーダーが利益を得ようという戦略のことです。一般的にスキャルピングを行うトレーダーは、一日に何度もエントリーとエグジットを行い、ポジションを持っている時間はとても短いです(一般的に数分)。

ヘッジングとは何ですか?

為替ヘッジというのは、顧客のポジションと反対側に動かすようなネガティブなイベントから自身を守ろうとする試みの一つです。ヘッジを取引になにかあった時の為の一種の保険のように考えることもできます。直接ヘッジというのはある通貨ペアを買う時に、同時に同じ通貨ペアを売ることです。もしヘッジを認める業者をお探しでしたら、こちらからリストがみられます。

どのFX業者を選べばいいですか?

数ある選択肢の中から、一社のFX業者を選ぶのは難しい作業です。しかしFX業者を選ぶ時に重要な5つの要素・条件があります。

  • その業者は規制を受けているか?
  • その規制は主要規制機関によるものか?
  • そのFX業者はどのように収益を得ているか、スプレッドと手数料か、顧客に対する相対取引か?
  • そのFX業者はECN/STP業者か?
  • その業者はスキャルピングとヘッジを認めるか?

どのようなプラットフォームやソフトウェアをFX業者は提供しますか?

専用ソフトウェアを提供している業者もあれば、MetaTrader4やcTraderのような広く普及しているプラットフォームを提供している業者もあります。ほとんどの業者はFX取引のモバイルアプリも提供しています。どのタイプのプラットフォームかは業者によってそれぞれ違いますが、全ての業者で何らかのプラットフォームが提供されます。もしMetaTrader4を使いたければ、ここに設定ガイドがあります。

どの種の通貨やコモディティをFX業者は提供しているでしょうか?

よい業者は30 から50以上の通貨ペア、金と銀、CFSと他のコモディティを取引対象として提供しています。FX業者を探しているからといって、通貨だけの取引をする必要はありません。

 どのようにFX業者を比較すればいいですか?

このサイトでは業者を比較する為に、さまざまな要素を見ています。そして利用する価値があると考えているFX業者だけを紹介しています。

  • 代表的な規制当局から規制されている業者のみを掲載しています。日本のトレーダーの方にとっては二つ以上の規制当局から規制されている業者が最も適していると考えており、私達は積極的にFSBメンバーになるように促しています。これらの規制によって顧客の資金はより安全になります。
  • 小額の初期入金の選択肢が必要な方のことを考えると、私達はマイクロ口座を初心者に提供し、トレーダーに小さなロットで取引させる業者をおススメします。このことによってトレーダーは受け入れ可能なリスクだけを考えて取引出来るからです。
  • トレーダーはその業者がディーリング・デスクか、非ディーリング・デスクかを理解している必要があります。これはその業者がどのように収益を得ているかの違いであり、利益相反がどこに起こるかを明らかにする要素になります。
  • 最良の業者はトレーダーが始める為に必要な無料学習資料とコーチングを提供しています。そのコーチングにはトレーダーが電話をかけて詳細を確認することが出来る場合もあります。
  • FX取引業者の取引条件とサポートを重要視しています。これらはどのような注文が可能かということや、取引コストがどれくらいか、幅広い通貨ペアの取引が可能か等といったことを確認するためです。

管理人はこの業界に長く精通しており、幅広くFX業者と関係を結んでいます。コミュニティ内での業者の評判についても理解しています。FX取引の経験は安全で、楽しいものであるべきだという信念の元にサイトを運営しています。

 最後に

FXトレーダーの目的はそれぞれ異なる為、全ての人に適したFX業者はありません。自分に最適な業者を探すためには、レビューを読み、正しく判断しましょう。最適なプラットフォーム・最適な口座を時間をかけて選択し、同時にリスクを理解することをおススメします。

Trading Forex and CFDs is not suitable for all investors and comes with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 75-90% of retail investors lose money trading these products. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.
+ +