AuthorJeffrey CammackAuthor Information更新日: 2020 10 27

FX取引は、通貨ペアの将来価格についての投機です。FXトレーダーはその通貨ペアの価格が上がるか下がるかについて投機を行います。一般的に、トレーダーは価格が下がると感じたら、その通貨ペアに対して売り取引(ショート取引)を行います。
トレーダーは通貨ペアを売る時、その通貨ペアの価格が近い将来に下がることを予想しています。売り取引は市場価格が下がることから利益を得る方法です。他の全てのCFD 取引と同じで、FX取引は安く買って高く売るだけでなく、売り(ショート)取引によって高く売って安く買うことも出来ます。 トレード初心者は、一般的にこの概念を理解するのに苦労します。もっともよくある質問は、どうして持っていないものを売れるのか?という質問です。FX取引は純粋な将来価値に対する投機ですので、私達は何も所有しません。

売り(ショート)取引はどのような仕組みになっているか?

売り取引を行う時は、なにかの金融商品の価値が将来的に下がると予測しています。売り取引を実行したら、それを将来の特定の時期と価格で買い戻すことを決めます。 実際の世界のビジネスでも同じような事例があります。在庫にない自動車を買おうとする時、ディーラーは自動車をあなたに販売できないわけではありません。ディーラーは合意した価格で、後であなたに自動車を買わせることが出来ます。 彼らは今日の価格と全く同じ価格で将来車を売ることが出来る保証はないため、一定のリスクを取っています。これが、私達がトレーディングで見るメカニズムです。まず売って、後で買う、つまり納車をします。

FX市場における売り取引

FX市場における取引では、常に通貨の売買の取引が同時に行われます。取引は、株の売買が行われる株式市場とは異なる方法で取り扱われます。FX市場において、通貨はペアとして扱われます。つまり、仮にUSD/ZARペアを売りたい場合は、2つの取引に同時に参加することになります。一方では米ドルを売り、他方では南アフリカランドを買うことを同時に行います。EUR/USD通貨ペアを購入する場合は、ユーロを買い、同時に米ドルを売ります。FX市場における売り取引は双方向の価格が提示されているので容易です。価格は買える価格、価格は売れる価格です。

売り取引の例

仮に金価格が短期的に下がると予想したとしましょう。この取引では金の売りによって利益を得ることが出来ます。どこで売り取引を行い、どこで決済するかにより取引の利益と損失が決まります。
この例では、後で安い価格で買い戻せるという期待のもとに金の売り取引を行います。 仮に1345米ドルのレジスタンスの水準で売りのポジションを取ったとします。市場はこの予想が正しいことを証明し、私達はこの取引から利益を得る機会を得ました。

例 2:

売り取引はFX通貨ペアでも同じような仕組みになっています。ある通貨ペアが下がる可能性があると考える場合は、売り(ショート)ポジションを取ることによって、価格低下から利益を得ることが出来ます。 この例では、USD/ZARのテクニカルパターンは、下降トレンドを示しつつあります。トレンド市場における優れたFXの戦略は、進んでいるトレンドに対しての揺り戻しが起きるのを待つことです。このようにしてトレーダーは、このトレンドがいずれ元に戻ることを予期して売り注文を行います。

結論

売り取引は、下降トレンドの市場から利益を得るためのトレードテクニックです。売り取引は資金を価格下降からスマートに守るヘッジの仕組みとして使われてきました。他の多くのトレード活動と同じように、売り取引にはその独自のリスクがあります。価格が大きく上昇すれば、元の投資額を全て失うことがあります。

シェアする

注目のFX会社

FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

閉じる
>