FxScoutsは、レビュープロセスにおける厳格な編集基準に従います。レビューした製品へのリンクをクリックすると、当サイトは報酬を受け取る場合があります。当サイトの広告開示をご覧ください。

ECNブローカーは、市場に直接アクセスができるようにし、トレーダーとの利益相反を排除すると同時に、スプレッドが狭いことに加えて、取引量により取引手数料が異なることで取引費用を削減できるため、魅力的です。

これらのブローカーの質を確かめるために、ライブ取引口座を開設し、200ポンドを入金しました。テストの一環として、クライアントの利用規約を調べ、取引費用を確認し、追加の手数料で常に変動スプレッドがあることを確認することにより、ECNブローカーとしての状態を確認しました。ディーリングデスクがないこと、プラスとマイナスの両方のスリッページが発生していること、取引制限が課されていないことを確認しました。当サイトのテストと調査によると、これらは2021年において日本で最高のECNブローカーです。

日本語

2021年ライセンスを持つECN方式のベスト海外FX会社

最終更新日:6 May 2021
Updated 6 May 2021
編集部長・著 Jeffrey Cammackby Jeffrey Cammack
Jeffrey Cammack
信頼できる当局により
信頼できる当局により
規制されている全ブローカー規制されている全ブローカー
Trusted
1
IronFX
最低デポジット額
USD 100
4.194.19
最小スプレッド
0 pips
ロットごとのEUR/USDの取引費用
USD 11
トレーディングデスク
全体の評価
11110.54.19/ 5
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。
2
FBS
最低デポジット額
USD 1
3.953.95
最小スプレッド
0 pips
ロットごとのEUR/USDの取引費用
USD 10
トレーディングデスク
全体の評価
1110.503.95/ 5
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。
3
InstaForex
最低デポジット額
USD 1
3.323.32
最小スプレッド
0 pips
ロットごとのEUR/USDの取引費用
USD 30
トレーディングデスク
全体の評価
1110.503.32/ 5
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。
4
OctaFX
最低デポジット額
USD 50
4.104.10
最小スプレッド
0 pips
ロットごとのEUR/USDの取引費用
USD 11
トレーディングデスク
全体の評価
11110.54.10/ 5
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。
5
Capital Index
最低デポジット額
GBP 100
3.943.94
最小スプレッド
0 pips
ロットごとのEUR/USDの取引費用
USD 14
トレーディングデスク
全体の評価
1110.503.94/ 5
Alertほとんどの個人投資家の口座が損失を出しています。ご自身の資金も失われるリスクがあります。

ECNブローカーを比較する方法

ECNブローカーは、高速ネットワークを使用して、取引できる最良の価格を見つけ、できるだけすばやく取引注文を執行します。 ECNブローカーが市場価格を取得する場所と取引執行速度は、他のもっと標準的なブローカー指標とともに常に確認すべきです。ECNブローカーを比較するときは、必ず次のことを考慮してください。 

取引コスト:トレーダーは、取引コストが低いことを理由にECNブローカーを選びます。 ECN口座の取引コストは、スプレッドとコミッションの組み合わせです。 ECNブローカーでの1ロットのEUR / USDの取引コストは、ブローカーの取引条件に応じて6米ドルから18米ドルの範囲です。

執行の質:執行速度、スリッページ、約定拒否率について検討する際に使用される複合指標である執行の質は、ブローカーと市場の間の関係を表し、トレーダーがポジションをどの程度管理できるかに直接影響します。優秀なECNブローカーは執行速度が速いため、注文が執行されてからオープンポジションを開くまでの価格のスリッページが少なくなり、取引できる注文の相手方がいないことによる注文の拒否が少なくなります。執行の質が向上すると、意図せぬ損失が少なくなります。

執行場所:ECNブローカーがクライアント取引の相手方になることはありません。代わりに、ネットワークを使用して第三者と取引を行います。これらの第三者は、執行場所と呼ばれます。 ECNブローカーの執行場所が多ければ多いほど、クライアントの取引をめぐる競争が激しくなり、スプレッドとトレーダーにとっての全体的な取引コストが低下します。 

取引できる資産:優れたECNブローカーでは、取引できるFXペアやその他のCFD資産がより多くなっています。取引資産の品揃えが限られていると、取引の機会を逃してしまうため、トレーダーにとってデメリットとなる可能性があります。

規制:規制当局はブローカーとトレーディングデスクの活動を監視しています。規制されていないECNブローカーは、入金して取引を開始しない限り、ECNブローカーであるかどうかを判断しようがないため危険です。 FCA(英国)、ASIC(オーストラリア)、またはMAS(シンガポール)によって規制されているブローカーは施行の評判が高いため、そのメンバーのECNブローカーはクライアントとその取引を保護するために設計されたプロトコルに厳密に従うことが保証されています。

取引ツール:主要なECNブローカーは、トレーダーに無料の仮想プライベートサーバー(VPS)サービスを提供し、24時間体制で高品質の施行を保証します。最高のECNブローカーが提供するその他の取引ツールには、自動取引をサポートするインジケーターパッケージや、Trading CentralやAutochartistなどのプラットフォーム内の市場分析ツールが含まれます。


    海外ECN(私設取引システム)のFXブローカーは、トレーダーがマーケットに直接アクセスでき、取引コストが低いため、人気があります。FXのECNブローカーは、トレーダーが直接市場にアクセスできるようするため、マーケットメーカーのブローカーにつきものの利益相反を回避します。

    海外FXのECNブローカーは、超高速のFIXプロトコルを使用して、市場で利用可能な流動性プールを識別し、取引コストとスリッページを削減します。ただし、ブローカーの中には、他のSTPやマーケットメーカー口座と共に、ECN口座のオプションを提供するところもあります。

    ECNブローカーとは

    ECNブローカーは、リクイディティ・プロバイダ-のネットワークを使用してトレーダーにFX市場への直接アクセスを提供し、投資家の取引の相手方を果たします。多くの場合、ECNブローカーは多数のリクイディティ・プロバイダ-を持っているため、非常に競争力のある価格を見つけることができます。

    ECNブローカーを介して行われるすべての取引は直接市場に公示されるため、スプレッドは一般的に非常に狭いです。高いボラティリティの時には、0ピップに低下することがよくあります。このため、ECNブローカーは手数料も請求します。これは、仲介料、取引の相手を見つけるための手数料です。

    ECNブローカーの1つの一般的な問題は、スリッページとリクオートです。 ECNブローカーは取引を一致させるのに外部の流動性に依存しているため、取引は常に即座に公示されるわけではありません。これは通常、大規模なイベントやデータのリリース後など、ボラティリティが高いときに問題になります。これはつまり、市場がストップロス注文を通過する可能性があり、損失が予想をはるかに超える可能性があることも意味します。

    ECNブローカーで最後に注意すべきことは、通常高めの最低入金額が必要となることです。

    ECNブローカー対マーケットメーカーブローカー

    ECNブローカーとは対照的に、マーケットメーカーのFXブローカーは常に取引の相手を果たし、常にすべての投資家の市場として機能します。マーケットメーカーはディーリングデスクブローカーとも呼ばれ、すべての取引はブローカーの内部のディーリングデスクによって設定されたレートで行われます。このビジネスモデルは、マーケットメーカーが常に投資家の損失から利益を得ることを意味し、多くのトレーダーが注意しているつきものの利益相反を生み出します。

    現在、規制の厳しいマーケットメーカーのほとんどは、利益相反にもかかわらず業界で高く評価されており、投資家が不当に扱われないようにするためのどんな努力も惜しみません。

    しかし、それでもマーケットメーカーブローカーは、経験豊富なFXトレーダーにとって望ましい選択ではありません。例えブローカーが正直であっても、取引は常にあなたに対して取引している1つの相手方とに限定され、取引はダイナミックスプレッドのある公開市場では決してありません。

    とはいえ、もし取引の即時実行を望んでいて、手数料を支払いたくないなら、信頼できるマーケットメーカーを選ぶのは悪くない考えです。

    ECNブローカーか、それともECN/STPブローカーか?

    ECNと組み合わせてよく見られるもう1つの頭文字はSTPです(ECN/STPのSTP)。STPは取引の方法です。STPを使用すると、注文はFinancial Information Exchange(FIX)プロトコルを介して相手方に直接送信されます。 FIXプロトコルは、取引実行時間を短縮し、スリッページを減らし、トレーダーが利用できる最良の価格が確実に手に入るようにします。

    STPプロトコルは、マーケットメーカーブローカーだけでなくECNブローカーでも使用できます。ブローカーの中には時に相手方になるハイブリッドフォーミュラを使用するものもあれば、外部リクイディティ・プロバイダ-を使用するものもあります。これはスリッページの減少につながりますが、利益相反の問題に立ち返ります。

    ほとんどの場合、ハイブリッドブローカーに最も多くの選択肢があるので、それを選択するのが最善の方法です。

    ECNブローカーと取引した方がいい?

    ECNブローカーはマーケットメーカーで見られるような利益相反はなく、スプレッドははるかに狭くなっていますが、スリッページ関連の取引リスクがあり、取引には常に手数料を支払います。最低入金額が高いという問題もあります。

    ECNブローカーの方がマーケットメーカーより優れてるでしょうか?私はそれは正確ではないと思います。私たちが協力しているすべてのブローカーは信頼され、きちんと規制されており、この質問への答えはいつも個人的な好みにかかっていると私は思います。私自身の考えとしては、ECNブローカーは、より多くの資本にリスクが及ぶのに十分なスキルがあると自信を持っており、手数料を支払っても構わないという経験豊富なトレーダーの方により向いており、マーケットメーカーブローカーは、まだ勉強中であまりリスクを負いたくない初心者に向いています。

     

    参考文献

    注目のFX会社

    FXやCFDは、レバレッジによりご自信の資金を失うリスクが高いため、全ての方に適したものではありません。75~90%の個人投資家は損失を出しています。CFDの仕組みを理解しているか、損失リスクをとることができるかどうか考慮いただく必要があります。

    閉じる
    >